ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

去年読んだときは、まぁ好きかな、という程度だったんですが、読み直してみたら新しい発見もありました。


泣き虫なリトル

木下けい子
大洋図書 (2004.2)
ISBN : 481300959X
価格 : \630



+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

泣き虫なリトル
秘密
ライカ(BL色薄)
君は僕のもの(連作)
僕は君のもの(〃)
花男(非BL?)

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

絵のタッチがそうさせるのか、どうしても登場人物が低血圧でちょっと醒めた人間に見えてきます(笑) 好きなのは 「君は僕のもの」と「僕は君のもの」 。

生徒会長・ひーちゃん(名前わからず)と、(たぶん)生徒会メンバーの司は幼なじみ。威張りんぼのひーちゃんは、司のことを鼻であしらって、やりたい放題やってきたつもりでいたけれど、それは大きな勘違いで、逆に司にいうこときかされてしまって…という話。

これも絵の効果か、ふたりがちょっとすれ違って、意地張ったり、見栄張ったりしてからくっつくまでが、実にさらりと低温度に描かれていて心地よいです。もし、これが誰か違うマンガ家さんの絵だったら… とあれこれ想像してみてわかったのですが、ストーリーそのものは特にほのぼのしてないですよね、これ。

ひーちゃんも司もスゴむと恐いんだけど、核の部分は子どもっぽい、そのギャップがかわいいです。お互い、赤面しちゃったりして、微笑ましいったらありません。だけど、たまに妙に色っぽかったりして。
司のほうが、心持ち強いです。たぶん、中身は昔と変わってないんだろうけど、ひーちゃんに対する駆け引きだけは上手になったみたいです。
(★★★☆☆)

「僕は君のもの」の扉絵、カラーで見たかったなぁ。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは
すごく可愛いお話でしたね~私は大好きです。
Jura | URL | 2006/01/25/Wed 09:29[EDIT]
>Juraさん
こんにちは、トラックバックありがとうございます。

もう一冊も、悶えまくりだと思います(笑)
感想、楽しみにしてますね~
リリカ | URL | 2006/01/25/Wed 19:28[EDIT]
こんばんは
リリカさん、お久しぶりです!

私もこの本の中では、「君は僕のもの」と「僕は君のもの」 が好きです。

>低温度に描かれていて心地よいです
怒るという高温度の感情も、この方の絵にかかったら、その温度を下げてしまう効果、があるんでしょうね~
だから、おだやか~に読めるのかも知れません

あ、私もカラーで見たかったです!
輪郭の線がモノクロだと消えてしまって、凄くぼけてましたしね

では、お邪魔致しました!
| URL | 2006/05/01/Mon 21:08[EDIT]
凛さんへ
こんにちは、凛さん。

この方のマンガは、過剰な説明がなくて心地よいですね。
過剰な説明がない代わりに全くわからなくなってしまうマンガもありますが、木下さんのお話はちょうどいいですね。
もうちょっと詳しく…と願うような、このままでいいような。

>凄くぼけてましたしね
印刷も難しいんでしょうね。
原画、見てみたいです~
リリカ | URL | 2006/05/02/Tue 00:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。