ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校のとき、私はある部のマネージャーをしていました。毎日のように部室でミーティングしたり、バカ話をしたりしましたが、ときどき異様な熱気というか、臭気(笑)に耐えられなくなることがありました。
ロッカーに微エロなポスターが貼ってあったり、中途半端なエロ雑誌が落ちてたりして、そういうのを見るたびに 「やぁね」 なんて思っていた私は、なんて純粋だったんでしょうか。
今はこんなもん書いてます…


ハチミツ浸透圧
崎谷 はるひ
角川書店 (2005.5)
ISBN : 4044468095
価格 : \540


【こんな話】
宇佐見は、同級生の矢野(以下トモ)が気になってしかたなかった。
優秀で真面目で、剣道に打ち込んでいるトモと、気楽に遊んで適当な高校生活をおくっている自分とは、ずいぶんと距離があったが、それでも中学時代は一緒にいることも多かった。そして、一度だけキスしたこともあるのだった。軽い気持ちでやったことなのに、それ以来、宇佐見はトモを意識するようになり、現在に至っている。
ある日、トモが女の子から告白されたという噂を聞き、ショックを受ける宇佐見だったが、トモが家までやってきて…。

【ひとこと】
ちゃらんぽらんやって、遊び慣れてるくせに、実はとっても気弱で寂しがりやで乙女思考の宇佐見。
カタブツでエッチなことなんてこれっぽっちも考えてなさそうなのに、究極のムッツリスケベなトモ。
それぞれに悩んで悩んで悩みまくっているんだけど、私は宇佐見が気の毒でしかたありませんでした。

宇佐見くん。
学校の先輩とエッチしても、無意識にトモのことを考えていて、ひとりエッチするときもそれは同じで、そのたびに心の中で 「トモ、ごめんね」 って謝ってる。トモが告白されたと聞けば、お風呂で大泣きしちゃうし、想いが通じたら通じたで、今度はトモに気をつかってひとり合点して 「ごめんね、しつこくして」 なんて身を引こうとしてる。なんてかわいそうなの。
でも、同情しながらも、どこか滑稽に思えるのは、私がイイ大人になってしまったからです。ちょっと寂しい。

そして、トモ。
経験なんて要らないんですね、こういうのって。さんざん宇佐見に寂しい思いをさせておいて "顔に出ないだけでオレはエッチだ" って、そんな真剣に言われても(笑)
宇佐見だからいいけど、普通の女の子だったら引くでしょ、あまりの変貌ぶりに。
でも、トモはトモなりに、自分は経験不足だからと、宇佐見に引け目を感じて悩んでる。それだけエッチだったら、なんの心配も要らないのにね、若いから悩むのです。いいな、若いって。

イチャイチャしてるシーンが、ベッタベタに濃いので、純情パートの記憶が頭の片隅に追いやられちゃったのですが、宇佐見の回想にのせて、彼のせつない心の内も細やかに描かれています。遠くからトモを見つめて、あれこれ考える様子は、かなり少女っぽくて、自分の学生時代を思い出したりもしました。
(★★★★☆)

表紙のトモ、胴着を着てるんだ?といま気づく。
"帰宅後、着替える間も惜しんで、英単語覚えたり、こんなことしてる…の図" だったんですね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

リリカさん、こんばんは♪
感想とは関係ないんですが、お知らせにやってまいりました。
どっちつかずでしばらくやってましたが、メインをseesaaにすることに決めまし
た。
今までのところは過去感想置き場&seesaaのミラーブログとしてそのままにして
おきますが、トラックバック・コメントはseesaaへお願いします。
ブログタイトルもシンプルに『Lete raha』だけにしました。
新しいアドレスはこちらです。
http://kei-books-.seesaa.net
お手数をおかけしますが、リンクの変更をお願いします。
今後ともよろしくお願いしますm(__)m。
keito | URL | 2005/05/16/Mon 22:17[EDIT]
こんばんは。なまけ小屋。の管理人キトです。
TBを頂いたので、やってまいりました。それから他のエントリーにも気づいた分だけTB送らせてもらいました。

表紙のトモの胴着、私なんてこちらの感想を読んで気づきました。
そして帯の下の部分にも(苦笑)。VネックTシャツを着てお勉強中のトモに無理矢理かまってもらっている宇佐見の図だと思ってました。かなり違いますね。新発見でした。
キト | URL | 2005/05/17/Tue 00:39[EDIT]
了解です>keitoさん
こんばんは。
お返事遅れてごめんなさい。
リンク、直させていただきました。

私は、まだちんたらと引っ越し作業中です。
やってもやっても終わりません(T_T)

あとでお伺いしますね~
リリカ | URL | 2005/05/17/Tue 19:38[EDIT]
ありがとうございます>トキさん
こんばんは、トキさん。
来てくださってありがとうございます。

トモ、やらしいですよね。
ズボン脱がしたのも、きっとトモに違いないと思ってます。

これからもよろしくお願いします♪
リリカ | URL | 2005/05/17/Tue 19:39[EDIT]
こんばんわ、リリカさん。
ご無沙汰しています。今回はTB ありがとうございました。

表紙の件は私も気がつきませんでした。
本屋で表紙を見たとたん、うっひゃーと思って、速攻カバーをしてもらったので(笑)

>純情パートの記憶が頭の片隅に追いやられちゃったのですが
そうですね。切ないシーンとのあまりの落差にびっくりですが、それでもちゃんと最後まで満足して読めるからすごいと思います。

それではまた遊びに来ますね。
アキ | URL | 2005/05/17/Tue 23:10[EDIT]
こんばんは>アキさん
TBありがとうございました。

>表紙
あ、可愛いな、本屋でも買えるな、なんて思ってたんですが、帰ってきてオビを取ってびっくりしちゃいました。
部分脱ぎが意外にエロいもんですね。
というか、さわってるのがダメなのか?(笑)

崎谷さん、続けて新刊が出るみたいで、楽しみですね~
「海」は、誰が主役なんでしょう。
リリカ | URL | 2005/05/18/Wed 20:52[EDIT]
リリカさん、こんばんは。茅子です。
先日はTBとコメント、どうもありがとうございました!遅ればせながらTB返しさせて頂きましたので、ご確認くださいませ。
宇佐見は必死さがかわいそうで、でもかわいいんですよね。でも、やっぱり同じ年頃のはずのわたしでも滑稽に思いましたが笑。
表紙の胴着ですが、わたしもリリカさんの記事で初めて気付きました。笑(ありがとうございます~) 矢野の服装よりも帯を取ったときに表れた箇所に驚いてしまい、全然気付きませんでした。帯が外れてしまった瞬間から、表紙が未だに直視できません…。

またお邪魔させていただきますね。それでは。
茅子 | URL | 2005/05/21/Sat 18:35[EDIT]
茅子さん、こんばんは。
TBありがとうございました。

もう痛々しいですよね、そんなにしたいのか?って。
きっとしたいんでしょうけど。

表紙のイラスト、ブログにアップするのもなんか照れますね。
ある意味、裸よりもエロですもの。

ではまた♪
リリカ | URL | 2005/05/21/Sat 19:52[EDIT]
糖分高い。(´∀`三´∀`)
コメント&TB有り難うございました。
shiteで御座います。m(_ _)m

>>究極のムッツリスケベなトモ。
顔に出ないってのが、彼の最大の武器ですね。(笑)若いのにおっさんのようだよ。でも、経験不足を悩むとこなんて若い。なんてカワイイのだ黒ワンコ!!

>>いいな、若いって。
本当に。『いいな、若いって。』拙さと、思いやりが痛々しいね。何も知らない繊細さなのね。図々しさが無いからいい子達なのね。わかったよ。

青春まっ只中って、しょっぱいしょっぱい思ってましたが、今回のは、フタを開けてみれば激甘でした。えぇ。糖分高い。

TBさせて頂きました。ではでは。


shite | URL | 2005/09/03/Sat 21:13[EDIT]
>shiteさん
こんばんは、shiteさん。

>拙さ
そうですね、この言葉ピッタリ!
ぎくしゃくぎくしゃくしてて、可愛かったですよね♪

shiteさん、崎谷さんの本は初めてだったんですよね~。
これは、そんなに崎谷さんらしさが前に出てないお話だと思います。
他の作品を読むことがあったら、感想聞かせてくださいね。
リリカ | URL | 2005/09/05/Mon 00:31[EDIT]
こんにちは木蓮です。
この作品は私のBLのツボにばっちりはまったお気に入りの作品です。

>宇佐見だからいいけど、普通の女の子だったら引くでしょ、あまりの変貌ぶりに。
確かにものすごい変貌ぶり…。でもそれがツボでした!!もう矢野のキャラにメロメロです私。
木蓮 | URL | 2005/10/12/Wed 10:58[EDIT]
>木蓮さん
こんにちは、コメントとトラックバックありがとうございます。

矢野はこれからも成長しますね。
もし宇佐見と別れても、立派な「攻め」となって還ってきてくれることでしょう(?)
リリカ | URL | 2005/10/13/Thu 10:48[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。