ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久我先生の小説のいいところは、登場人物が当たり前のようにボーイズラブを受け入れていないところ。
そうだよね、やっぱり抵抗あるよね? みんながみんなさっさと流されちゃうわけじゃないよね? って、ついつい頷いちゃう。


春の声
久我 有加
新書館 (2003.12)
ISBN : 4403520812
価格 : \588


【こんな話】
桜ビールの営業を勤める岬篤也は関西人。関西から飛ばされて、東京へやってきた。しかし、東京の何もかもが気に入らない。きざったらしい言葉も仕事のやり方も何もかも。一緒にコンビを組むことになった浩明の話す標準語も、厭味に聞こえてむしゃくしゃしてたまらない。
そんなある日、篤也は偵察のために入った居酒屋で、懐かしい関西弁を話すバーテン・多田に話しかけられる。

※「春の声」 「夏の声」 「君の声」 の3編収録。

【ひとこと】
私の周りにも、大阪出身の人が何人もいます。でも、歌を忘れたカナリア…じゃないけど、みんな標準語。関西っぽいイントネーションもちっとも覗かせない。それどころか、「東京に来たら、大阪弁しゃべれなくなっちゃったよ」とヘラヘラ笑ってるような人ばかりです。だから、篤也のバリバリ頑固な関西人ぶりが、カッコいいような鬱陶しいような(笑)

でも、篤也は、東京のやり方や標準語にイライラすると同時に、それが自分の八つ当たりなことも、心の奥底ではわかってたんですよね。多田に、関西弁で話しかけられたり、マンションに誘われたりして、ホッとして気がゆるんでいく傍らで、ときどき少しだけ現実に引き戻されてる。ここの篤也が脆くて、読んでてハラハラです。

一方、東京人の浩明は、この1冊であれこれ変化した感じです。
「春の声」では、篤也をピンチから救う正義の人、そして、一途な愛の人。
「夏の声」では、不安にかられ、嫉妬に狂う、ちょっとストーカーな人。
そして、「君の声」では、少しだけ成長した、愛と包容力の人。
でも、結局のところ、いちばん似合う形容詞は「かわいい」かな。
(ただ、女性にはかなり冷たくて苦笑。特に笑ったのは、p.203の後ろから2行目)

ラブシーン(死語か?)が、すごく丁寧で、まどろっこしいと思う人もいるかもしれないけど、じりじりしてていいじゃないですか♪ ここが冒頭で書いた、"なんとなくBL" じゃないところなんです。本当っぽいな、と思う瞬間です。
(あ、誤解のないように言っておきますが、嘘っぽくてやたらエッチなのも好きです)

多田が、あまりにもしっかりしていて、ついつい引きずられてしまいます。結末はわかってるんだけど、なんか迫力ありすぎて、篤也がとられちゃう、どうしよう!って。
(★★★★+0.5)

もっとラブラブなシーンを入れて、と言われたそうですが、じゅうぶんラブラブです。ソファでイチャイチャするところ(「夏の声」)は、まるで乙女ゲーのワンシーンみたいで、私はとっても萌えました。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

多田は偉大!?
こんばんは!ハッカです。
最近は旧作へもちゃんと手を出していこうと思い直していたので、久々にこの作品を読んでみたりしました。
私もリリカさんと同じく多田の存在のデカさに邪魔者なのにも関わらず「やっぱりスゴイかも、この人」なんて思ったりしました。もちろん、続編もあるし別の相手が出来ているとわかっているからそう思えるのでしょうが(笑)

私の周囲にも方言なんて気にしないしコンプレックスでも何でもないという人間がほとんどなので、篤也がここまで疲弊する理由は実はあまりよくわからなかったりしますが、本人の気質なんでしょうかねぇ。
私なんかイントネーションも何もかもそのまんまで東京へ行ったりする人間ですし気にならないから新鮮なような・・・いらだたしいような、恋愛そのものよりも篤也個人へのじりじり感が一番強かったかもしれません。
HACCA | URL | 2006/01/26/Thu 00:01[EDIT]
>ハッカさん
こんばんは、ようこそいらっしゃいませ。

この方の作品って、読み終わったときに、"この人はこういう人" ってちゃんと頭に残ってませんか。人物描写がお上手なんだなぁといつも思います。

久我先生ご自身が、地元の言葉を大切にされてるんでしょうね。
作品でも大阪弁を貫いてらっしゃるのは、そういうところがあるのかも。

ハッカさんも普段は方言をお使いなんですね。
私も完全な標準語ではないけれど、方言は喋っても聞いても楽しいと思いませんか?

ありがとうございました。

リリカ | URL | 2006/01/26/Thu 13:18[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。