ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル作品の登場人物がとても好きです。
よくある話なのです、本当に。でも好きなの。


いくら何でも好きすぎる

本庄りえ
ビブロス (2004.1)
ISBN : 4835215400
価格 : \590



+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
* 印は、詳細あり
 
いくら何でも好きすぎる(大学生×その友人の弟)*
君と帰り道*
 
ヒトデナシの恋(育て親×甥)*
試験によく出るスキャンダル(大学生同士・片方がアイドル)
キミに負け犬(生徒会長×後輩)*
僕たちの未来日記(変態教師の生態?)
ラブ・ファシズム(同級生の再会もの)
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+

◆「いくらなんでも?」 「キミと帰り道」
恒司(こうじ)が友だちのところへ遊びに行くのは、弟の瑞留(みずる)に会うのが目当てで…という、よくある話。これで、実は兄も弟のことが好きだった、とかなら、一波乱あるんでしょうが、それもありません。いたって普通の話。
でも、たった16ページ+18ページでも、笑えて、ほのぼのできて、せつなくて、好きな作品。

◆ヒトデナシの恋
叔父である自分が、甥の人生を狂わせてはいけないと、想いを口にすることを我慢してきた作家・早川秋光。そして、甥の貴一も秋光のことをずっと慕っていて…。
(「好き」と言わないだけで、ふたりはイチャイチャしてます)

設定はありがちだけど、展開はちょっと違います。家に出入りしている編集さん(♀)が、ふたりの仲を怪しんで、脅してくるんです。しかし、それに屈しない秋光。
カッコいいですよ、秋光が。

ただね、すごい怖いところがあるんです。
終わりから3ページ目の「…これで」のコマ。
これって、なんか逃避行のカップルが、狂気に走って、周囲の人間を全員殺しまくったあとで言うセリフみたいなんだもの。

◆キミに負け犬
タバコを吸ってたら、生徒会長に見つかって、「黙ってほしかったら…」って脅されて、無理矢理そういう関係に…。

当て馬として、受け君のお兄ちゃんが出てきます。この人が、本当はいい人なのか、悪人だけど最後ちょこっとだけ改心したのか、見せかけなのか、今ひとつよくわかりませんでした。
本心が知りたくなるキャラです。


わけのわからない「僕たちの未来日記」はおいといて(ギャグ)、と。
最後の「ラブ・ファシズム」は、中学で離ればなれになって高校で再会する話です。でもこれ、大学(か、それ以上)で再会にしたほうがよかったんじゃないかなぁ。ラストシーンへの伏線が、序盤に張られてるんですが、それがね、中学生のときの体験って感じしないんですよ、もったいない。

(★★★+0.5 )

「ヒトデナシ」の女編集さんと親戚のおばさんの顔が、男っぽすぎます(笑)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

リリカさん、こんばんわ~。 TB送らせていただきました!

「ラブ・ファシズム」は確かに言われてみれば、大学生の方が良かったかもしれませんね。
その方が徹が一人暮らししてるのも説得力があったかもしれませんし。
これの由香ちゃんも顔は女の子でしたが、体がゴツかった・・・。(笑)

「いくらなんでも~」の兄が絡んでくるかも、とは私は1ミリも考えてませんでした。
兄の顔的に。(<ヒドイ!)

では、このへんで。
亜季 | URL | 2005/08/11/Thu 00:49[EDIT]
>亜季さん
こんにちは、コメントありがとうございます。

>兄の顔的に
あはは!
でも、彼女ができたって喜んでるあたりは、可愛いじゃないですか!
このお兄ちゃん、完全に蚊帳の外ですよね… おかしすぎです。

ではまた~♪
リリカ | URL | 2005/08/11/Thu 09:42[EDIT]
こんばんは☆
また、駄目でしたか~
どうも、アメブロはいけませんね…
ということで、
こちらから、TBさせて頂きました!

何だか、すっかり、私も本庄りえさん好き、みたいです。
でも、まだ、本命の「化学室へどうぞ」2冊を手に入れてなくて。

ドラマティックな展開が有る訳でもなく、
割と、淡々と描かれてる作品、だと思うのですが、
何か惹かれてしまうモノがある、というか…
今度こそ、化学室へ~を読んで、
また、リリカさんのところへ、お邪魔したいと思います。
同じ本庄りえさんでも、
私が読んだ、ピアスのコミックスは、描写は勿論ですが、
流石に濃かったです…
| URL | 2005/12/27/Tue 01:11[EDIT]
>凛さん
凛さん、こんばんは。
レス、遅くなってごめんなさい。

とりたてて書くことがないほどの普通の作品なのに、なんだか好き… っていうのが、ファンなのかもしれません。
凛さんには「化学室」のとある脇キャラについて、ぜひぜひ感想を聞いてみたいのです。
楽しみにしています。

ピアスの「甘いよ毎夜」は持っているのですが、まだ感想をアップしていませんでした。エロ度が高いですよね。
同じピアスから新刊も出たみたいで、表紙はおとなしいものの、これもかなり濃いのかなと思っています。

買おうかどうかは迷い中(^^)

ではまた♪

リリカ | URL | 2005/12/28/Wed 06:24[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。