ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネットで "5歳児の体" というのを見たとき、「唯月さんがイラストでその設定はヤバい!」と思ってしまいました。案の定、口絵はちょっと違う匂いがしましたね…(笑)


妖魔なオレ様と下僕な僕5


椹野道流
イーストプレス (200504下旬)
ISBN : 4872575601
価格 : \893


【こんな話】
ある日、正路は帰宅途中にカギロイと出会う。司野と手を切って、自分のところへ来ないかと誘うカギロイ。正路が反抗すると、彼は容赦ない攻撃をしかけてきた。おまけに、正路を5歳児の姿に変えてしまったのだ。
司野でさえ、カギロイの術を解くことは難しいというのだが、果たして正路は元の姿に戻れる?

【ひとこと】
のっけから、カギロイ登場です。
正路に "幸せにしてあげるから、僕のところへおいで" って(少し違う・笑)。
コンサート会場でのバトルで、正路の力に惚れてしまったんでしょう。確かに、自分の企みに正路を利用したいのもあるだろうけど、本当のところ、司野がうらやましくなったのかもしれません。だって、正路を5歳児に変えるなんて、あまりにも子どもじみてます。いくら妖魔でも、何百年もの時をひとりぼっちで生きるのはさすがに寂しくて、司野になんだか意地悪したくなって…、そんなふうに考えたくなりました。
主人を大事に思う気持ちは、司野もカギロイも同じだし、その司野だって昔はずいぶんワルだったんだから、カギロイもそんなに性悪とは思えなくて。

さて、正路。ちびっ子の姿で、司野のために一生懸命頑張ってました。でも、相変わらず、司野にすっごく気をつかってるんですよね。ちょっとした言葉尻をとらえて、どーんと落ち込んだりして。司野がああいう性格なのはもうしかたないんだから、言葉上は「主人と下僕」でも、正路はもっと自信もって行動していいのになぁ、と思います。
それにしても、正路が肩車してもらったり、抱っこしてもらったりするたびに、ほんわかした気持ちになると同時に、司野にイタズラされずに済んで、心から安心しました。司野がわいせつ罪に問われるなんて、耐えられないし、そんな場面は読みたくないし(笑)

相変わらずの正路に対して、司野はちょっと変わったかな? もともと、隠し事をしたり、自分を誤魔化したりしない人(妖魔)だったけど、自分の力だけではどうしようもないときは、ちゃんとそれを認めるし、正路に力を貸してほしいときはハッキリ言う、そんな司野は少し人間っぽくなったような気がしました。
正路が見る、辰冬さんと司野の思い出の夢。今回の司野は、お箸で豆をつまむ練習をしています。で、例によって、うまくできなくて癇癪を起こしてしまいます。あ?、可愛い。どんなに司野がいばっていても、クールにしていても、辰冬さんとのエピソードを読むと、な?に言ってんだか…って感じですよね。
お尻を叩かれてパニックになる司野のイラスト、可愛かった。

前作で、司野が正路のことを、妖魔の「餌」としてではなくて、人間的な意味で(つまり好き)必要としていることが、なんとなくだけどわかったのに、今回はその件に関しては、お預け状態になってしまいました。でも、「気を喰らうどころか、妖力を注ぎ込んでしまった!疲れた!」なんて不機嫌になるところを見ると、司野はもう、正路への気持ちをちゃんと自覚してるんですよね。そうでなければ、指輪をプレゼントしたあとで、あんなに照れるわけがないもの。
(★★★★☆)


─ ぜひ見てみたい司野 TOP 3 (同時収録短編「星降る夜に君の手を」より) ─
1.一発芸をする司野
2.チョコでできたサンタクロースを、頭からボリボリ食べちゃう司野
3.正路の留守に、テレビでクリスマスについてお勉強する司野

どの司野も、きっと可愛い。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。