ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーイズラブになっていくんでしょうか。


4835217063カミサマ進化論
志野 夏穂

ビブロス 2005-02-05

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



火上家の家業は、代々続いた "拝み屋"。初代は、ちゃんとした陰陽師だったのが、だんだんインチキ度が増して、現在に至るらしいです。
ある日、ひとり息子の祐斗が、お蔵にあった剣にさわると、あら不思議!封印されていたカミサマが現れて…!?
…という、どこかで聞いたふうな始まりです。

さて、祐斗がそのカミサマに "翠" という名前を付けると、封印が完全に解けてしまいます。自由になったカミサマ。
しかし、カミサマは記憶を失っていて、自分がなんの神なのかもわからなくて…
…という、またしてもどこかで聞いたふうな展開に。
でも、そんなことは特に気になりません(じゃあ書くなよ)

そうして翠は、火上家に居候することになるのですが、そこからのドタバタはご想像の通り。じいちゃんやママに雑巾のようにこき使われながらも、翠が頑張るのは、祐斗のことが大好きだから。ワンちゃんみたい、けなげ!
ところが、ある日、祐斗のことを「主」と呼ぶ怪しげな男 ─ 実は、火上家初代に仕えていた水神さま"燐"(りん)─ が現れます。結局、燐も一緒に住むことになったものの、ふたりのカミサマは祐斗をめぐってケンカばっかり。
それでも、燐は、主(の子孫)として祐斗を敬っているようだし、翠は、もうひたすら好き(飼い主として?)でしょうがない…と、まぁ利害関係は一緒。仲良くなるのも時間の問題のような気がします。

最後の最後、どうやら祐斗には特別な力があることがわかります。
どうなるんでしょう。
もし、祐斗に陰陽師だとか、妖怪退治屋のような力があるとしても、祐斗の周りには、何も解決すべき問題もないのです。ザコっぽい妖怪はいるようですが。
早く、祐斗の勇姿が見たいです。

(★★★☆☆)
MACAGINE ZEROで連載中 

カバーをとると、マンガがあるんですが、描き下ろしたんじゃなくてね、何コマか本文から引っぱってきて、セリフだけ変えてあるの。「吹き出しクイズ」みたいで面白い。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

雑誌で…
こんばんわ。いちこです。
記事、拝読させていただきました~。
この作品、私は雑誌で二回くらい読んだだけなのですが、
可愛いキャラとオイシい設定が押さえてある「王道」
と言う意味で、何だかちょっと懐かしい感じがします。
安心して読める、というか…(ほめ言葉になっているのか…?)。

妙なコメントですみません。
また遊びにきます!
いちこ | URL | 2005/08/19/Fri 23:10[EDIT]
>いちこさん
あ~、わざわざすみません、読ませてしまって…。

これ、続きは出そうにないですか?(って、いちこさんに訊いたって…)
倉科先生のコミックスが出たせいで、これも本屋さんに平積みされてるみたいです。
なんか記憶もおぼろげですが(笑)続きが読みたいです~

私もなんか妙なコメントでごめんなさい。
リリカ | URL | 2005/08/19/Fri 23:50[EDIT]
つづき
こんにちは。いちこです。
わざわざというほどではないので、気になさらないでください!
それに、リリカさんの文章は、言葉が暖かいので、読んでいてほっこりと心地良くなります。

つづき>多分出るんじゃないでしょうか。最新号の「ZERO」にも掲載されていましたし。志野さん自身が、ビブロス期待の若手(お笑いみたい…)感じがしますし。
情報、というにはあまりに曖昧で、すみません。

蛇足ですが、最新号の「ZERO」を買ったのは川唯さんの新作が掲載されていたからなんです。(胡桃の中シリーズ(ご存じですか?)が、こっちに引っ越ししたんですよ)

では。
いちこ | URL | 2005/08/20/Sat 12:15[EDIT]
>いちこさん
こんにちは~。

あ、続いてるんですね、無事。
楽しみです、どんなになってるのかな?
(「倉科先生」みたいに、登場人物が増えてたりして)

>胡桃の中
いまビブロスのサイト、見てきました。
本当だ、こっちに載ってるんですね。
穏やかで好きな本です、これも。

でも、ビブロスさんて本当に人気作家さんを抱えてますね、さすがだ。

教えてくださってありがとうございます。
リリカ | URL | 2005/08/21/Sun 00:01[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。