ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今、読んでいる本がなかなか読み終わりません。
このままだと、今日も明日も更新できなさそうなので、今日は懐かしのBLマンガでも。
BL×B.L.のトラックバック企画「心温まるBL本」に参加しました。


これは2巻
館野 とお子
ムービック (2002.2)
ISBN : 4896015606
価格 : \590



大学生の湊と、隣りに住んでる先輩・溝口のゆ?っくり育まれていく愛のお話。
そもそもは、酔った勢いで、溝口(もともとゲイ)が湊を口説いて、寝てしまったのがきっかけ。
そういうシュミのなかった湊は、大ショック。そして、引っ越しを決意。
だけど、よくよく考えてみれば、溝口のことが嫌いなわけではなくて、でも、エッチの相手なんかするのはイヤで…。
その心の葛藤が、しょっぱなから泣けるのです。

溝口も、押しが強くて粗っぽいように見えて、実は、湊のことをとってもよく考えてくれる人間です。
"(同性愛を)無理強いするつもりはないけど、もう湊のことを好きになっちゃったんだからしょうがないじゃん…"と、ひとりであれこれ思い悩んだりしています。こういうシーンが非常に巧い作家さんです。

お互いに、相手のことをじゅうぶん考えてあげることができるのに、どうも言葉が足らなくて、なかなか先に進めないもどかしさが、彼らの独白を通して、どうしようもなく伝わってきます。
だからといって、焦れったいわけでもなく、腹が立つわけでもなく、湊と溝口が時間をかけて関係を築いていくのを、穏やかに見守っている気分です。
(★★★★+0.5)

当て馬で、桜くんという子が出てきます。
最初に読んだとき、この子が好きで好きで好きで好きで…(笑)
そのうち、BL系の100質に答えてみたいと思っていますが、「好きな当て馬キャラ」は何年たっても 桜 だなぁ。

先生と生徒のお話も入ってます。こちらもよいです。


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。