ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白かったです。
BLというよりも、探偵とヤクザの話としてとっても楽しめました。


さよならを言う気はない
英田 サキ著 / 北畠 あけ乃イラスト
大洋図書 (2006.6)


【こんな話】
ひとり探偵事務所を営む陣内 37歳、そして、ヤクザの天海 29歳。
ふたりの出会いは 12年前、陣内が少年係の刑事見習い、天海が高校2年の頃にさかのぼる。
今は歌舞伎町界隈で恐れられている天海は、もちろん陣内にとっても厄介者。
しかし、天海の過去を知るだけに、陣内の胸の中にはひっかかるものがあった。
一方、天海にとっても、陣内の存在は特別なものであるらしく…

【ひとこと】
すっかりおなじみになった 英田さんのヤクザ本。
表紙イラスト、左が探偵の陣内、右のインテリ風な男が天海です。

天海は 29歳にして自分の組をもつ、いっぱしのヤクザなのですが、きれいな顔してなんとまあ凶暴な…。
陣内の事務所を訪れては、殴る 噛みつくの乱暴三昧。

これ、天海にとってはあいさつ代わり、親しみの現れ (愛情の裏返し?) みたいなもの… なんでしょうかねぇ??
隠してもバレバレなので書きますが、天海は陣内のことが好きなのです、ずっと。
きっと、それを表に出さないための手段のひとつが、この凶暴性なんですよね。
わかるんです、わかるんですけど、ちょっと居心地悪かったです。

そして、陣内。
少年係を経て、四課の刑事になった陣内は、天海が普通の高校生からヤクザへとのし上がっていく (転落していく?) 経緯を知っているのです。
でも、それだけでなく、過去にせつない思い出も。
雪の降る晩に、魂と魂がふれあうような一夜を過ごしたようで、その描写はとても悲しいです。

その晩の出来事は、暗黙の了解で忘れたことになっているのです。でも、お互い 決して忘れてはいない。
外ヅラは 男っぽくて強いふたりが、過去に関しては非常に繊細で脆いところにとても惹かれました。

しかし、この本の魅力はそこではないような気がします。
中国からコンテナ船で運び込まれたヤクをめぐる事件が、スリリングに描かれていて、そりゃあ面白いのです。
頭に映像が浮かぶんですよ、埠頭のシーンとか、ホステスの圭子との会話の様子が。
英田さんの本の中で (既読8冊のうち) 『今宵、天使と杯を』 の次に好きです、これ。

普段の陣内は、天海にやられ放題。
だけど、天海が受けです。
凶暴で "虎" と恐れられている天海も、ふたりのときは 高校の頃となんら変わらない かわいくてワガママな青年なんですよね。
いろいろと、ごちそうさま! なシーン満載の一冊でした。オススメ!
(★★★★+0.5)


看病シーンもありました。かなり好き (笑)

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

おはようごさいます。
英田さんのヤクザものは最高です!ありふれてない展開というか、ヤクザだとたいてい傲慢の権化のような書かれ方されたり、そうじゃなければ聖人君子のように書く作家さんの多い中で、一ヤクザとして一生懸命に生きてる主人公を書いてくれるから。
この作品もヤンチャな天海ですが、実はその気持ちはものすごく切ない、というところが大好きです。
ごまくり | URL | 2006/06/17/Sat 08:21[EDIT]
ごまくりさんへ
こんにちは!

>傲慢の権化
うんうん、そうですよね。
攻めにしても、受けにしてもワンパターンの作品が多いなかで、英田さんは話の面白さで読ませてくれます。

天海、最初はどうも好きになれなかったのですが、意外にも純愛な人だったので途中から大好きになってしまいました。
リリカ | URL | 2006/06/18/Sun 13:22[EDIT]
こんにちは。感想書いたので、TBさせてくださいね。

私は、結構最初から天海にメロメロでした。
リリカさんの居心地の悪かった凶暴性に、萌え萌えでした。(笑)
これって、私が攻視点だからなのかも。

でも、実は最初は天海攻だと思ってたので(す笑)。美形攻!かと思って、ウキウキしていました。
でも、受でも充分にかっこよくて可愛かったです。

逆に私は、最初陣内を好きになれなかったです。
でも、やっぱり最終的には、その不満に思ったところにも、好感を持てました

看病のところ、私も大好き。
あすた | URL | 2006/06/24/Sat 11:00[EDIT]
あすたさんへ
こんにちは。
あすたさんと私って、面白い!と思った本でも、萌え箇所が正反対なことが多いですよね(笑
それはそれで、とっても楽しみです。

陣内とふたりっきりになったときの天海が色っぽくて、しばらく忘れられない一冊になりそうです。

陣内、みなさんの感想を読んだら、いろいろアラが見えてきました(笑)
でも、すっごく人間臭いでしょ? そんなところが好きでした。

リリカ | URL | 2006/06/26/Mon 15:54[EDIT]
こんばんは
久々~のTBです
英田さんの作品は攻めでも受けでも妙に人間臭い部分があるところが好きです。

天海みたいな強気な受けって私は大好物なんですよ(笑
普段は弱みを見せないようにと頑張っているところがすごく良くわかるので、ちょっとした時に弱い部分を見せられると抱き締めてあげたくなるほど可愛いというか(笑

ちょっと凶暴だったけどね、それはまたそれで彼の魅力(ぇ?)の1つかな
ではでは~
Jura | URL | 2006/08/17/Thu 21:14[EDIT]
>Juraさん
やーん、こんにちは。
あちらでは、ときどきお目にかかるけど、こちらではお久です。
すっかりサボっちゃって。

天海、なんにせよ、私には凶暴すぎました~
痛いの、キライなの…(笑)
でも、さすが英田さん、ぐいぐい引っ張られますよね。

TBありがとうございました。
私のこと忘れないでねン
リリカ | URL | 2006/08/18/Fri 08:06[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。