ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私には珍しく辛口。シリーズファンの方はご注意ください。
トラックバックも BL×B.L. のみ。




クリスマスがテーマの番外編… でいいんですよね?
小早川(義)兄弟の話が2編、乙彦と啓介の話が2編、そして、あのふたりの話も2編。

私、間違えて買ってしまいました。
乙彦と啓介の話 『夜しか、泳げない。』 の続編が収録されているものとすっかり勘違いしてました。
(その続編 『溺れる、太陽』 は7月発刊予定だそうです)

ミスポリを買うのは 『ミスポリ8 その、瞬間。』 以来。
離れていた理由としては、話に深みが感じられず単に甘いだけの話になってしまったのと、竹内さんのつかう言い回しが鼻につくようになってしまったことなどがありました。

ただ私、ユキが好きなんです、とっても。
だから、動向はもちろん見守っていました (=立ち読み・笑)
そして、なんといっても 『夜しか、泳げない』 は、竹内さんの傑作だと思っているので、続編の発売が延期になって、本当に残念に思っていたのです。
なもんで、早合点して、これを買ってしまった! と (笑)

今回の乙彦と啓介の話は、
足跡が叫んでる
足跡が叫んでますよ?
 の2編。
『…叫んでますよ?』 は、ほんの数ページで 番外の番外 という感じです。

で、感想。
ああ、せっかくのふたりが、すっかりミスポリ風味になってしまっています。これは、大変嘆かわしいことです。
無骨で、要領悪くて、でも甘い… いまどきの言葉を借りれば "チョイ悪オヤジ" な啓介が大好きなのに、これでは成湫とまったく変わりません!
どうしてこんなになっちゃったの!?
どうか、続編は昔の雰囲気でお願いします。

でも。
乙彦が偶然弟に出くわすシーンと、そのあとの回想をめぐらす下りは、ぐっときました。
フーミン (笑) が養子として小早川家にもらわれていったことを、乙彦は知らないんでしたね。

「……お兄さんは、天国へ行けるような人だったんですか?」
「はい、……だったらいいな、と思っています」


ここが好き。
できれば、もう少しふたりのシーンを… と思うけど、乙彦はもうこの世にいないはずの人間なんですもんね。
せつないです。

なのに、その後の展開が…
うーむ。
(メインカップルの話を読んでいないので、★はつけません)


小早川兄弟の話は、なかなかよかったですよ。
ただ、ふたりにあまり思い入れがないので、無責任なことは書けず、感想は省きました。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

TBしちゃったけどよかったかしら?(苦笑)
あまりにゲロ甘でしたわね、この本。
ワタシもミスポリは「動向を見守る」派になってしまってましたわ(爆)。
でも今回のあまりにゲロ甘ぶりに思わず感想書きました(笑)。

同人本だと思ったデス、私は。
ファンには嬉しい1冊なんじゃないかな?
おほほ | URL | 2006/06/13/Tue 23:27[EDIT]
おほほさんへ
TBありがとうございます。
同じ嗜好の方からのTBはOKなのです。
でもほら、ファンの方からTBいただくと、心苦しいでしょ。
だからです。

>同人本
ああ、そんな感じ。
そんな小説は多いでございますわよね、この業界。
うふふ
リリカ | URL | 2006/06/14/Wed 00:07[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。