ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家に帰ってよく見たら、ラヴァーズ文庫でびっくり。
てっきり、プラチナ文庫かと。




【こんな話】
世界のセレブ御用達のホテル・山水館で働く、新米従業員の天野 心 (こころ・26歳)。
長い研修が終わり、いよいよお客様の世話をする日がやってきた。
しかし、大企業の日本支社長・野矢慎二郎に気に入られ、経験もないのに、部屋付きのお世話係に指名されてしまい…

【ひとこと】
森本さんだから許せる、アホらしい… でも面白いからいいか、そんなお話です。

このお話の舞台となる 山水館は、人里はなれた山奥にひっそりと位置しながら、世界中からセレブが訪れるという、知る人ぞ知る 高級ホテルです。
客室のひとつひとつが離れになっていて、ほかのお客さんと顔を合わせる心配もなく、宿泊客には付きっきりでサービスする "部屋付き" という制度があって…。
ね、BL的に、なんだかとっても都合のよい雰囲気でしょ?

そこへやってきたのが、野矢慎二郎。
若干23歳にして、アパレルメーカーの日本支社長。
大学は飛び級で卒業、勉強もスポーツもそつなくこなし、7?8カ国語を操り、仕事も… とにかくすごい人物です。
が! 行動や話し方 (話す内容も) は、高校生 いや 中学生並みです。
「?だもん」 だの 「?でしょ」 だの 「?ですよーだ!」 だの… あれ、中学生どころか小学生?
心なんて、「ココちゃん」 なんて呼ばれちゃいます。心がいくら可愛いたって、もう26歳だよ!

その、ココちゃん。
一目で慎二郎に気に入られ、部屋付きに指名されてしまいます。
慎二郎とのちょっとした駆け引きで、業務用の丁寧な言葉ではなく、普通の… いわゆるタメグチで喋らされる羽目になるココちゃんですが、ちょっと崩れすぎかな。外見の可愛さとは裏腹、かなり品が悪いです。
そのギャップが面白いといえばそうなんです。でも、もう少し、26歳の青年らしさのようなものがあってもよかったと思います。

あとは、ご想像のとおり (笑)
部屋付きのココちゃんは 24時間お客様のものなので、慎二郎は好き放題。
お酒飲まされたり、あんな目にあったり、こんな目にあったり、大変です。
こういったバカバカしい話 (いい意味) をイヤミなく書けるのは、森本さんの才能でしょうね。
慎二郎には、最後まで呆れっぱなしですが、不思議と憎めない男です。アホすぎて?

最後、すんなりハッピーエンドかと思ったら、いきなり天然になったココちゃんがけっこう手強かったです。
ああ、楽しかった。

あ! ひとつだけ。
このホテル、山奥なのに地平線が見えるの。不思議じゃない?
(★★★☆☆)


タカツキさんがお仕事を休まれるとのことで、この本は応援する気持ちで買いました。
表紙買いするイラストレーターさんのひとりなので、話を聞いたときはショックでした。
どうかゆっくり休んで、また復帰してくださると嬉しいです。

読んでくださってありがとう


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。