ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あすたさんのブログに 「(雑誌に載ったとき) ダイバーものだから読まなかった」 とコメントしたのですが、私ってば 其ノ弐で

> さて、ディアプラス ナツ号の続きを読もうっと。
> あとにとっておいた、うえだ真由さんのダイバーもの?です。
> 私は、海も夏も大っキライなので、ダイバー萌えはしないけど… (以下省略)


こんなこと書いてました。
読んだんでしょうか、読もうと思っただけなんでしょうか? 肝心の感想が書かれていないのでわかりません。




【こんな話】
ダイバーの喬一 (きょういち) は、シーズンオフの資金稼ぎとして、人気小説家・光輝 (みつき) の世話をすることになった。片付けはしないし、生活のリズムはめちゃくちゃ、おまけにやたら偉そうな光輝だったが、不思議と喬一はいやな思いはしなかった。
そんなある日、光輝の叔父が訪ねてくる。しかし、叔父を見るなり、光輝は取り乱し、乱暴に彼を追い出すのだった…

【ひとこと】
インドア派がアウトドア派に惚れる確率と、
アウトドア派がインドア派に惚れる確率とでは、
後者のほうが高いと思うんですが、どうでしょうか。
アウトドア人間は、目の前に もやしっ子がいると 山の頂上から朝日を見せてあげたいとか、群れをなして泳ぐ魚を見せてあげたいとか、すぐそんなことを考えるような気がします。

喬一に、いつかダイビングに行こう、と誘われたとき、光輝は
「……そうだな、いつか」
と少し嬉しそうにしながらも、どうせそんな機会は訪れっこないと思っていたのでは。

明るくて開放的で "海が好きな奴はみんな仲間だ!" とでも顔に書いてありそうな喬一と、
素直に人を信じることも 人の好意に甘えることもできなくなっていた光輝。
本来ならこんな両極端なタイプが親しくなるのって、ずいぶん時間がかかると思います。
でも、喬一の観察力 (光輝を見る) の鋭さと、光輝の飾らない性格のおかげで、ふたりの関係はスムーズに滑り出しました。

しかし。
光輝の叔父の来訪で、光輝の過去が明らかになり、ふたたび光輝は心を閉ざしてしまうのです。
そして、慰めよう 元気づけようといくら言葉を尽くしても、光輝に伝わらないことに苛立った喬一は、光輝にキスをしてしまいます。
いつのまにか、光輝のことを好きになっていたんですね。
怒る光輝に、喬一が 「ごめん、ごめん」 って謝るところが好きです。喬一らしくない謝り方だからかな、なぜか泣けました。

何も書けなくなってしまった光輝を、沖縄へ引きずって連れて行く喬一。
自然には、医学もかなわない治癒力があるに違いありません。
あ、でも、沖縄に着いた光輝が、すぐに元気になるわけじゃないんです。
さんざん喬一を手こずらせ、やっと潜った海の中で素晴らしい光景を見て、自分らしさを取り戻すのです。
光輝が亀に手を振るところは、こっちまで幸せな気持ちになりました。よかったね?って。
(クララが歩いた! みたいな気持ちよ)

ここで "よかったね、喬一" と思うか "よかったね、光輝" と思うかで、感情の入れ具合がわかりますね。
私は "よかったね、光輝!" でした。


■書き下ろし 「恋はお熱く」
タイトルがいいですよ、グッ!
光輝視点です。
喬一にとっての一番は 「海」 で、自分は二の次なんだ…
いじける光輝がかわいいなぁ、ラブラブだなぁ、なんて思っていたら、とんでもない大事に。

光輝にとって、喬一の住む世界はとてつもなく広く見えたと思います。だって海、大自然だもの。
でも、都会でひとりで頑張ってきた光輝にはまぶしすぎて、すぐには入って行けない世界。
そんなところに、いろんな感情やら、偶然が重なって、ややこしいことになってしまいます。

その、ややこしくなってる間の、光輝の感情の変化が面白かったです。
怒ったり、反省したり、泣きそうになったり、放心状態になったり…
でも、光輝が素直になれなくても、喬一がちゃんとわかってくれているから安心。

喜田川さん、災難でしたね。
震えていたなんて、可哀想すぎです。
「江坂 (=喬一) 、あんまり先生に乱暴なことするなよ」
このセリフが好きな人、いるでしょ? (=私)
(★★★★☆)


でもさ、喬一は もう少し光輝のこと、考えてくれてもよかったかなぁ。
光輝が思ったみたいに、みんながいるところで特別扱いできないなら、ちょっと目配せしてくれるとか、ねぇ?

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

>インドア派がアウトドア派に惚れる確率と、
 アウトドア派がインドア派に惚れる確率とでは、
 後者のほうが高いと思うんですが、どうでしょうか。

ぜったい後者だと思います!(力説)
私もどちらかというとインドアですけど、アウトドア派の人の言ってることが理解できなかったり、よくそんなに動けるなあと感心したり、俺はそんなにまでしてやりたくねえんだ、とか思うと思うんです。反発しちゃうっていうのかな…。
アウトドアに素直に憧れている場合は、その限りじゃありませんけど。

>「江坂 (=喬一) 、あんまり先生に乱暴なことするなよ」
 このセリフが好きな人、いるでしょ?

はーい。(挙手)
私も、喜多川さんの役割って侮れないなぁと感じました。
本人、何も気づいてないのに、ものすごく的確に二人の関係をとりもってしまうんですよ!
こういう、思惑のからまない第三者って貴重だなあと思うので、彼のことけっこう好きですね。

TBお返しさせてくださいね。
秋月 | URL | 2006/04/16/Sun 22:35[EDIT]
私もそう思う…!
リリカさん、こんばんは。

>>インドア派がアウトドア派に惚れる確率と、
 アウトドア派がインドア派に惚れる確率とでは、
 後者のほうが高いと思うんですが、どうでしょうか。

>ぜったい後者だと思います!(力説)

秋月さんも力説してますが、私もそうだと思いますよ!真理だな……。(←そんな、たった3人の意見で・笑)
いや、でもアウトドアの人たちって、なぜかこの楽しさをわからせたい、って願望ありますよね。
連れまわされて楽しめるうちはいいんですけど、だんだん辟易しないだろうか…。私にはできん。。

うえださんの作品にしてはちょっと急ぎすぎたかなーと思わないこともないんですが、可愛らしいお話でした。
最近仕事に煮詰まってるから、沖縄の逃避生活に憧れつつ読みました(笑)。
TBいただいていきます。
さくら | URL | 2006/04/16/Sun 23:26[EDIT]
秋月さんへ
こんにちは。

>反発しちゃう
ふふ、そうそう、そうです!
すごいなぁって思う反面、よくやるよ… って妙に醒めてみたり。

喜田川さんって、喬一にも光輝にも特別な感情を持たない、根っからノーマルな人なんですよね。
ふたりのただならぬ関係に気づいたときは、かなり動揺したんだろうなって想像するとおかしくてたまりません。

ツンデレ考察も、ありがとうございました!
リリカ | URL | 2006/04/17/Mon 08:01[EDIT]
さくらさんへ
いや、真理でしょう (笑)

喬一が沖縄の仲間と楽しくやっているのを見て、光輝がどんな気持ちになったか。
インドア人間にはよく理解できると思うんです。
そんなところが好きだったのかも、この本。

>急ぎすぎ
私はこのくらいでいいです~、悲しいじれったさは苦手なんで (笑)

沖縄はたぶん一生行かないだろうけど、なじむことができたら、最高に楽しそうですよね。
でも私の場合、仕事が困っちゃうな。漁師しかない…
リリカ | URL | 2006/04/17/Mon 08:12[EDIT]
こんにちは。
アウトドア好きな人は、何故か、インドア人間を外へ連れ出そう連れ出そうとするんですよね。
ここに行けばそんな考えは変わるはず!みたいな。
トイレが綺麗で、日焼けしなくて、髪や服が汚れないところなら行ってもいい、と、何様な私には、最近そんな誘いもかかりませんが。(笑)

私は
>よかったね、喬一
でした。

喬一がみんなの前で、光輝に、目配せとかしてあげてもいいのに、って思うんですけど、たったそれだけでも、すごく特別扱いしてるみたいで、出来なかったんじゃないかな。

あすた | URL | 2006/04/17/Mon 09:57[EDIT]
あすたさんへ
こんばんは~

>何様な私
爆笑しました。
でもわかります! 私たち、そういうお年頃ですよね(?)
むかし、友人に地引き網に連れてってもらったんですけど、暑いし手は痛いしで、帽子を深々とかぶって休憩してたら、現地のおじちゃんに怒られちゃいましたよ…
それ以来、海は大っキライです。

>よかったね、喬一
前に、あすたさんと何かの本で話をしたとき、あすたさんは「攻めに感情移入」するほうが多いって言ってたのを思い出しました。

どうもありがとうございました。
あすたさんに背中押してもらって読んでよかったです。
リリカ | URL | 2006/04/17/Mon 19:32[EDIT]
出遅れてます(苦笑)
まぁ例の問題で(爆)。
それはさておき。
この話は数日後に自分も感想をアップしますが、ピンポイントに反応します(笑)。
えーワタクシ、ダイバーでございますので、その視点で読みましたよ。
ちょーっと陸に上がってかなりな年数が経ってるのですけどね。
現役時代は喬一並みでしたね。
フリーターではありませんでしたが、月に2回は海に行ってたし、
夏休みとか冬休みとか正月休みなどのバケーションシーズンには遠出は当たりまえ。
懐かしい思いで読んでました(笑)。
あんまりBL要素と関係ないけどさ。
おほほ | URL | 2006/04/17/Mon 21:36[EDIT]
おほほさんへ
え~、ダイバーだったの!?
尊敬です。
実は私、夏の海って人生で2回しか行ったことないの…

ダイバー視点の感想、楽しみにしてます!
リリカ | URL | 2006/04/18/Tue 15:54[EDIT]
講習中に目配せする喬一。って何だか遊び人っぽいです(笑)
リリカさんこんにちは、下です。トラックバック、今回はちゃんと送れてホッとしてます。

皆さんのコメント楽しく拝見しました♪ インドア率、高いですね~。
私は、
>インドア派がアウトドア派に惚れる確率
の方に一票。
自分の出来ないことを難なくこなしてしまう人に憧れたりしませんか??

この本、書き下ろしが特に可愛くてよかったです。
キスシーンが割と多かったと思うのですが、
その描写がどれも愛情いっぱいなかんじですごく好きでした。

>でもさ、喬一は もう少し光輝のこと、考えてくれてもよかったかなぁ。 ~ ちょっと目配せしてくれるとか、
こういった気持ちのスレ違いが恋愛の醍醐味ですよね~v
私は、喬一の気の利かなさがすごく恰好良いと思ってしまいました。
光輝の知らないところで彼もきっとやきもきしているだろうなぁと、想像して頬がゆるみます。
| URL | 2006/04/27/Thu 12:08[EDIT]
下さんへ
下さん、こんにちは。

>自分のできないことをこなす人への憧れ
うーん、これは私の場合なんですが、
憧れ以上に、この人とは楽しみを共有できない… って後ろ向きになってしまいます。
それほど屋外が嫌いなんです、私(笑)

>キスシーン
そうですね、私もそう思いました。
私、Hシーンよりも、キスシーンにくすぐられるほうなので。
下さんは? (あ、返事はいいです、聞いてみただけ・笑)

>遊び人っぽい
ああ、そう言われれば。
公私の区別がちゃんとついていて、カッコいいのかもしれません。
そうか… 陰ではやきもきしていたのか…

御指南、ありがとう(笑)
リリカ | URL | 2006/04/28/Fri 14:33[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。