ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3人とも、女性にはモテなさそうです。




【こんな話】
菱田が、部下 そして親友でもある牧野に思いを寄せて6年。
一生告白する気はなかったものの、その牧野と同居のチャンスが!
しかし、引っ越し当日、牧野の弟・悦巳から 「おれもここに置いてくれ」 と頼まれて…

【ひとこと】
菱田、牧野、それに牧野の弟の悦巳。

主人公の菱田は、29歳にして課長、社内一の出世頭らしいです。
自他ともに認める 「クールな菱田課長」。
でも、この本には、菱田の外見を褒める描写が出てこないので、クール+メガネなのに、たぶんカッコよくはないんだと思います。
真面目で融通が利かなくて、神経質で、だけど心は乙女、そんな人。

この菱田が、6年越しで片想いしているのが牧野。
見るからに頼りなさそうで、社内結婚したものの、半年で離婚されてしまったお気の毒な人です。
路頭に迷っていたところを、菱田に拾われて一緒に暮らすことになります。

菱田ってば、用意周到なんですよ。
離婚した牧野がひとり暮らしを始めることを見越して、あらかじめ広い部屋へ引っ越したりして。
家賃だって高いのに、牧野には 「気にしなくていい」 なんて言ってる。
本人曰く、頼ってほしいんだそうです。いじらしいような、気色悪いような…

でも、 俺が養ってやる… みたいなことを考えていても、中身はいささか自虐的な恋する乙女なわけです。
一生告白する気がなければ考える必要もなかったのかもしれませんが、どうするつもりだったんでしょうね。何がって、ほら。
だって菱田も牧野もどう考えたって 「受け」 だもの。

というか、それ以前に、菱田は牧野のいったいどこがよくて好きになったのか、そこからして理解しがたいものがあったんですけどね。


さて、そこへ転がり込んで来たのが、牧野の弟・悦巳です。
アパートを追い出された、とか言ってますが、実は最初っから菱田狙い。
菱田と自分の兄がふたきりで暮らすなんて許せない! というのが本音。
表紙でもわかるように (左) 派手でおしゃべりでちゃらんぽらんな感じ (本当はしっかり者) の、菱田とは正反対のタイプです。

せっかく牧野と一緒に暮らせると喜んでいた菱田は大パニック(傍目には冷静)
あからさまに嫌がっている様子が面白いです。
途中、悦巳が何度も 「そんなに兄貴が好きなのか」 と聞くシーンが出てきます。これ、イコール私の気持ち。
牧野になんの魅力も見出せない私は、悦巳のほうがいいじゃんか! とイライラ。
でも、菱田の気持ちになってみれば、いきなり悦巳みたいな男、虫ずが走るくらいイヤだったのかも。きっとそうね。


さて。
こういうシチュエーションだと、菱田がだんだん悦巳にほだされていって… という展開が予想されます。
でも、この話はちょっと違う。

悦巳がご飯を作ってあげても、看病してあげても、告白しても、菱田はなびいていかないんです。
いや、本当はなびいてるのかもしれないんだけど、本人が自覚していないうえに、いちいち 「俺の好きなのは牧野だ」 って口に出すもんだから、ほとんど進展しません。

相変わらず 牧野は牧野で、本当に情けないというか、ふがいないというか、どうしようもないというか、まるっきしダメなのに、それでも菱田が好きだっていうならしかたないです。
でも、その牧野が、別れた奥さんを追ってアメリカに行ってしまったあたりで、やっと菱田の中で何かが変わりました。
それはまぎれもなく、悦巳効果で。


実は菱田は、両親 そして兄との間に、確執がありました。
ある意味、泣き寝入り&逃避状態だった菱田が、それを断ちきるために悦巳を連れて里帰りします。
これも、悦巳効果。明るくて自分の思う道を歩んでいる悦巳に勇気をもらったんだと思います。
笑えるのは、菱田の兄も、悦巳マジックでいきなり人が変わっちゃったところ。
人間、腹を割って話してみないとわからないものです。それには、まず自分から歩み寄らなければ。


この話、いつのまにか、菱田が悦巳を好きになっているところが自然で好きです。
菱田も悦巳も無理してないから、きっと長続きするね。

でもって… なんの疑問ももたないまま、受けな菱田はどうなんだろう。
牧野と万が一付き合うことになってたら、どうするつもりでいたんだろう。
最後まで気になる私でした。
(★★★☆☆)


仕事で倒れた菱田の看病をしながら、枕元で悦巳が告白するんですよ。
悦巳のセリフはそりゃいい感じなのに、菱田はムードのかけらもなくて 「頭は大丈夫か」 なんて言ってます。
でも菱田も、本当は心の中で、嬉しいって感じてる。ここが好き。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

たしかに・・・モテないでしょうね
リリカさんはじめまして・・・じゃないと思うんですが(たぶん)、こちらにコメントするのは初めてだと思います。ゆきのこです。おはようございます。

この作品、BLビギナーの頃読んで、ブログ開始した頃再読して、「攻×受」のルールを学んだ(笑)思い出深い作品です。

榎田さんらしくBL王道からは外れているので、逆にビギナー向けだったかもしれないと、今では思います。
さんざんBL読んでからだと、「え?そうくるか?」と思ったかもしれません。
私はこのお兄さんで続編が読みたいんですけど。

TBさせていただきます。
ゆきのこ | URL | 2006/04/15/Sat 08:09[EDIT]
ゆきのこさんへ
こんにちは、ゆきのこさん。
以前、TB送らせていただいたことがあるような気がするような…
(ここへ引っ越す前に)

>攻×受のルール
なるほど。
でも、よくよく考えてみると、悦巳も受けっぽいですよね?
味わい深い作品です(笑)
これを読むと、いまの榎田作品は完熟時代を迎えている気がします。

続編、読みたいですね。
それが無理なら、兄の手紙の返事だけでも。

どうもありがとうございました。
TB、送れましたか? 2度も送ってしまったのでダブってたらごめんなさい。
リリカ | URL | 2006/04/15/Sat 14:25[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2006/11/06/Mon 02:44[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。