ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このあいだ、花丸文庫に初お目見えだった秀さん、プラチナ文庫もお初です。
プラチナ文庫にしては、純情系というか清々しいお話です。




【こんな話】
槇は情報誌の編集者。
同僚に誘われて入ったレストランで、かつての恋人・芳沢に再会する。
高校時代、半年ほど付き合った芳沢を、槇が冷たく突き放したことが尾を引いているのか、ふたりの再会は険悪ムード。
気分の晴れない槇は、その翌日、再び店に芳沢を訪ねるのだが…

【ひとこと】
昔の男と再会する話なら、何度も読んだことがあるし、レストランを舞台にした話だって、編集者が主人公の話だって、ちっとも珍しくないはずなんですが、何かが違いました、この話。

仕事もバリバリこなせば、外見も文句なし、最初の数ページを読むだけで、槇は文句なしにカッコよくて、男らしいオトコなんです。
表紙も口絵もろくすっぽ見ていなかった私は、当然のように槇が攻めだと思っていました。
いま思えば、"硬い骨を持つ男" がどうとかいうところで気がつくべきでした。
バーの店長さんとの会話で 「俺を抱いた…」 「初めて抱かれたとき…」 というセリフをさらりと読み流しそうになったところで、ええっ!? この人受けなのー!? って (笑)

槇の意外性は、これだけじゃ終わりませんでした。
同僚が発掘したレストランで舌鼓を打ち、シェフに会ってみれば、苦々しい別れかたをした昔の男・芳沢で。
なんと、これをきっかけに、カッコよかった槇が、いきなりダメ男になってしまいます。
芳沢に会った衝撃で、次の日は一日中仕事も上の空なんです、またまたびっくり (でも、かわいい)

高3のとき、槇が芳沢を捨てたのは、決して嫌いになったわけではなく、芳沢との熱い日々 (?) に怖じ気づいて、つい遠ざけてしまったんですよね。驚いたことに、ふたりが付き合ったのはたった半年。なのに、12年たった今でも、槇にはそれを超える恋愛体験は訪れていない。後半にわかることですが、芳沢にとってもそれは同じでした。
そう考えると、やはりこれは、運命的な再会だったのかも。

せっかく再会したっていうのに なんでアイツはあんなに冷静だったんだ… とか、いま恋人はいるんだろうか… とか、ぐちゃぐちゃ考えた末、もう一度店に会いに行こう! と結論を出す槇ですが、何が面白いって "昨日の今日" なところ。
普通、また会いに行くとしても、1日か2日おきますよね?
かわいいな、もう。

しかし!
厨房から出てきた芳沢は、超不機嫌+無愛想。

「なんだ、あんたか」
「用があるならそこでさっさと言え」
「こっちには話なんかねぇよ。帰れ、性悪」 (芳沢萌え語録)

昔話のひとつでもできるかと思っていた槇もさすがにカチンときて、小学生レベルの口喧嘩が始まってしまいます。ああ言えばこう言う で、ここは何度読んでも笑えます。

でもって、槇はここでもカッコ悪い (でも、かわいい)
喧嘩してお腹すいちゃったんでしょうね、お腹が鳴ってしまって、芳沢に賄い飯をごちそうになることに。
でも、この賄い飯に、槇の大好物のキノコがなにげなく入ってたりしてね、あれれ芳沢くん怒ってたんじゃないの? って感じなんです。
そして、そのあとまた、ごちゃごちゃ話しているうちに ××××… (笑)

ただ、とりつくしまのなかった芳沢も、本心からそんな態度を取っていたわけではないので、だんだん行動がぎくしゃくしてきます。ぎくしゃくっていうのはヘンかな。
槇と会えて嬉しいけれど、でも素直に喜ぶのも悔しいし、実際 腹が立っているのも確かだし、でも先輩は相変わらずかわいいし (←と思ったかどうかはわからないけど) 右手と右足が一緒に出ちゃうような、そんな雰囲気の芳沢です。この人もかわいかったんですねぇ。

この頃になると、槇も覚悟がすわってきて、思ったことを素直に口に出せるようになります。そうなれば、もう安心。

最後は芳沢が熱いです。
いちばん感動したのは、
芳沢がレストランを開いたのは、槇のためだったという事実。
この告白にしびれました、しかもここ、耳元で囁いてるんですよね。
もう、ここ大好きで p.191 と 192 は、コピーしてみんなに配って歩きたいくらいです (あと p.199とか)

槇は オン・オフのギャップ、芳沢は 本心と口調のギャップが、ツボでした。
(★★★★☆)



読んでくださってありがとう



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

かわいい槇
こんにちは、リリカさん。

このお話の萌えポイントは、槇と口げんかですよね。笑
小学生レベルの口ゲンカって、いい大人が…。
でも、それがツボを突いてくるんですよね。
おまけにお腹の虫まで鳴かせて…。笑うしかない!
でも、槇のためにレストランを開いたとか、自分に出来る応援を一生懸命する槇の姿に惚れました。(私が惚れてどうする…)

TBさせてくださいね。
あけみ | URL | 2006/04/11/Tue 16:20[EDIT]
こんばんわ。
TBありがとうございました。
リリカさんの感想読んで、改めて、このお話の萌えツボを確認しました。
さっそくそこらをふまえて、復習してみます。
特にp.191 と 192 と199ですね!

>普通、また会いに行くとしても、1日か2日おきますよね?

私も、思った!え?もう行くの!?って。
よっぽど気になって、うずうずしてたんでしょうね~。
あすた | URL | 2006/04/11/Tue 23:47[EDIT]
あけみさんへ
あけみさん、こんにちは。

>口げんか
再会した翌日の会話なんて、すっごくくだらないですよね。
「明日仕事なんだよ」 のあたりなんて、バカみたい(笑)
でも、カッコいい男が大きな声でののしりあってるって、萌え以外のなんでもないですよ。

彼氏にするなら、槇はイヤですよね。
手かかりそう。

TBありがとう。
リリカ | URL | 2006/04/13/Thu 08:51[EDIT]
あすたさんへ
あすたさん、こんにちは。

いやー、よかったですよ、これ。
芳沢が男を上げたのに反して、槇は女性っぽくなっていくんじゃないかと思います。
でなければ、M体質に (言葉で攻められて嬉しいタイプ)

なんか危険なカップルになりそうなので、続き希望します。

TBありがとうございました。
リリカ | URL | 2006/04/13/Thu 08:56[EDIT]
萌えなポイントが揃っていて、とても面白い話でしたね。
ひたすら槙を想っている芳沢が可愛い。。。
トラバさせていただきます。ブログ村よりお邪魔しました。
真名あきら | URL | 2006/04/21/Fri 19:20[EDIT]
真名あきら さんへ
コメントとTBありがとうございます。

恋する男たちはかわいいです。
ふたりの会話を実際に聞いたら、もっとかわいくてたまらなくなりそうです。

よかったらまたいらしてください。
リリカ | URL | 2006/04/22/Sat 10:41[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。