ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きになってはいけない と思うこと自体、もう好きになっているのだと思います。




【こんな話】
親友・三田村の恋人を3週間預かることになった矢崎。
最初は乗り気でなかった矢崎だが、少年・啓の予想外の素直さや美しさに惹かれていくのを止めることはできなかった。
そして、啓もそれは同じで。

【ひとこと】
★「恋をしてはいけない」
この話がせつないのは、ふたりとも "この人を好きになってはいけない" と思うだけでなく、それをちゃんと守っているからだと思います。
どちらかが、 「いいじゃん、言わなきゃバレないよ」 なんて人間だったら、まだラクだったのかもしれません。

啓の表情や仕草にドキっとしたり、啓の言葉に心があったかくなったりするたびに "好きになってはいけない" と思い直し、 "大丈夫、まだ好きになったりしてない" と確認する矢崎。
矢崎が日を追って、啓に心を奪われていく様子が、悲しいほど丁寧に書かれています。

啓もまた、矢崎のことを好きになっていくのですが、矢崎視点で書かれた話ながら、啓の矢崎に対する気持ちの変化が、これまた痛々しいのです。
たいていは無意識、あるときは意識的に、行動や言葉尻に矢崎への気持ちを込めている啓がいじらしくてたまりません。
出会ったばかりの、それも3週間一緒に暮らすだけの人間に、恋人の三田村にも話していない本心を打ち明けるところがもう泣きそうでした。

私が好きなのが、矢崎と啓が車の中で、お互いの気持ちを知りながらも牽制しあっているところ。
まるで、導火線を火がじりじりと伝っていくかのようなこのシーン、なんて上手に書くんだろうと思いました。
お互いすごく好きで、やっと抱き合うことができたのに、ふたりがちっとも幸せそうじゃないのが嘘っぽくないというか、吉田さんぽいというか。
こんな結末で筆を置くのは、とても勇気の要ることではなかったでしょうか。


★「夜が明けていく」
本編の終わりで、三田村のところへ帰った啓は、程なく実家へ戻ることに。
これは、その2年後の話。

裕一 ("啓" というのは本名ではありませんでした) には、自分で自分を許せない過去がありました。
まず、父親から性的虐待を受けていた姉を救えなかったということ、
また、家を出て、カラダを売るような仕事をしていたということ、そのあいだに、母親を死なせてしまったこと…
そしていちばんに、三田村を裏切って矢崎を欲しがったこと。
そんな自分を許せないから、矢崎と幸せになるわけにはいかない、と。
結局、"好きになってはいけない" 状態の繰り返しなのです。

"懺悔すれば神様は許してくれるけれど、自分は後悔していないから懺悔できない"
と話す裕一ですが、最後の "矢崎を欲しがったこと" を除いては、じゅうぶん後悔していたはずです。
だったらそれだけでも 牧師に話を聞いてもらっていれば、少しは裕一の気持ちも和らいだのかなと思ったのですが、裕一にとってはこれらの出来事がすべて繋がって枷となっていたから、部分的に許してもらうこともできなかったんですね。

最後は、矢崎の押しで。
「これは強姦だから、気持ちよくなっても君が悪いんじゃない」 って。
このやり方はちょっと…
強姦という言葉を使うことで、俺も同罪だから… というつもりだったのでしょうが、下手をすれば 裕一に 「俺のために矢崎さんが罪を犯してしまった」 とより一層の重荷を背負わせてしまったかもしれません。
終わりよければ… ですけどね。

裕一はもう、逃げも隠れもしなかったでしょうから、もう少し待ってあげてもよかったのでは。
そんな小細工なしでも、矢崎の 好きだ好きだ愛してる! という言葉だけで、いつかは裕一も気持ちを切り替えることができたと思うのです。
矢崎が何度も裕一のところに通って、一生懸命説得して、晴れて結ばれるまでのじれったい過程を、吉田さんの文章で読みたかったです。
(★★★★☆)


読んでくださってありがとう


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

なるほど~
こんばんは、リリカさんv

吉田さんの作品で、この作品が一番好きかもしれません。
いいお話でした~。

>私が好きなのが、矢崎と啓が車の中で、お互いの気持ちを知りながらも牽制しあっているところ。

私もあの車の中の場面にヤラれました。激しい雨の中の車の中って、こう、閉ざされた世界っていうか、雨の音と相手の存在が世界の全てのような気がしますよね。

ひさしぶりに純粋に恋愛の切なさを堪能できる作品でした~
TBいただいて帰りますねv
suzuya | URL | 2006/04/06/Thu 21:03[EDIT]
こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。

矢崎のあの行動は、私も疑問でしたが、でも、これはこれで彼の優しさなのかなと思いました。
裕一が気持ちを自分で切り替えるまで、見守ることも出来るけど、その分裕一が長く苦しむのではないかと思ったのかなあと。
いや、わかんないけど。
でも、矢崎が何度も裕一のもとへ通い説得していく過程も読んでみたい!
あすた | URL | 2006/04/06/Thu 23:46[EDIT]
suzuyaさん
こんにちは。
この作品、ちゃんと発行されてよかったですね(しみじみ)

>雨の音
おお、そうですね。想像してゾクっときました。
外は雨で、車の中はシンとしていて…
あの、もう止まらない! って矢崎の感情、よくわかりましたよね。

早く吉田さんの次回作が読めますように。
リリカ | URL | 2006/04/08/Sat 05:07[EDIT]
あすたさんへ
こんにちは。

>裕一が長く苦しむのではないか
そっか、なるほど、そうかもしれないですね。
でも、単にすぐ手元に欲しかったのかもしれないし、結局うまくいってよかったです。

これ書いたあと、あすたさんの感想を読んで、あ~三田村のこと書かなかったなぁと気がつきました。
三田村、けっこう傷ついたのかな?
考えると可哀想です。
リリカ | URL | 2006/04/08/Sat 05:10[EDIT]
これはパクリだよ!
これは、昔小説JUNEに載ってた今井ジュンさんの「つかの間の夏の光に」を、丸ごとパクった作品。
設定をアメリカから日本に変えているだけで、あとは丸々パクリです!
まりか | URL | 2006/04/09/Sun 01:14[EDIT]
まりかさん
はじめまして。

>パクリ
某掲示板でそう話しているのを読んだり、友だちもブログに書いていたりしたので、知ってはいました。

ただ、小説にしろ、音楽にしろ、この世に似ているものはたくさんあって、どこまでが「類似」でどこからが「模倣」かを判断するのは、なかなか難しいと思っています。
たいして似ていない音楽なのに、パクりだと訴えられるケースもあれば、まるっきり同じ曲じゃん! というものが、大ヒットしていることもたびたびで。

ただ、私はその今井ジュンさんの作品を読んでいないので、これ以上はコメントできません、残念ながら。

今回は、吉田さんの本を読んでの感想を、素直に書かせていただきました。
まりかさんのお気にさわるようなことがありましたら、お許しくださいね。
リリカ | URL | 2006/04/09/Sun 02:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。