ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせ、エビグラの要さんの話を読みました (マガジンBE×BOY 4月号)
いつだったか小冊子か何かに、ちょこっとだけ登場したお相手がいよいよ登場です。
でも私、要さんにはひたすら美しく狂おしい(?)恋をしてほしいと思っていたので、1ページ目で軽く脱力しました。
ただ 「狂おしい」 に関しては、当たらずも遠からじですね。

意外なことに、さほど黒い人ではありませんでした、要さん。
それどころか、かわいかった。
職場の同僚が "全員" いい具合に男とくっついてしまって、さぞかし居心地悪いだろうと思っていたけれど、要さんの心の中にこんなヘタレなクマが住みついていたとは。

6年越しのファーストキス。
年に何回会っていたかは知りませんが、ここまでくるともう、魂と魂の繋がりという感じがしますね、「友人という名の恋人」 。
でも結局、最後まではしなかったようで、これからもレオンが要さんにお預けをくらいつづけるのかと思うと楽しみです。

嬉しかったのは、要さんがフェミニストだったこと。
おかあさんに花をあげるなんて、素敵。

きれいな顔して言葉は悪い、こういう人好きです。
もっともっと、エロ方面で意地悪を発揮してほしいんですが、やっぱり要さんが受けなんですね…
予想はしていたものの、わかってしまうとやっぱり残念。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。