ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄間 (げんま) と氷見 (ひみ) の話。





氷見は、もともとは玄間の父親に仕える紙様でした。
父の死後、和記に呼びつけられ
「親子丼 (どんぶり) でもいいなら 成間に仕えていた紙様を お前にやってもいいけど?」
と持ちかけられます。

ここの和記、ずいぶん若いです。
でも、着物の着方も、ポーズも、物腰も、お酒飲んでるところも、1巻の初登場のシーンそのまんま。
上のセリフも、今の和記とほとんど変わらないでしょう?
和記の過去については、まだ何も知らないけれど、ずっとこんなふうに人形師として同じような毎日を過ごしてきたのかな、と少し寂しい気持ちになりました。

話を戻して。
氷見を手に入れた玄間は、いやがる氷見を毎夜毎夜、苛め放題です。
玄間の表情は冷たいし、氷見の嫌がる様子が気の毒で、見てられないのですが、不思議とカバー裏にあるような "調教" とか "服従" とか、そんな感じには思えませんでした。

玄間は子どもの頃から、氷見を知っていたんですね。というか、ひと目見たときから 「欲しい」 と思っていた。
玄間はその 「欲しい」 という感情を 「好き」 に置き換えているけれど、本当はどうなんでしょう。私には、そこのところがよくわかりませんでした。
実は、少年玄間は氷見に粘膜接触 (キス) で傷を治してもらったのが原因で、父親から家を追い出されているんです。
氷見を欲しいという気持ちそのものは純粋でも、父への恨みが加わって、歪んだ愛になってしまったのかもしれませんね。

でも、いなくなった氷見をやっとさがしあてたときの玄間は、素でとっても穏やかで可愛かったです。

「でも親父とはヤリまくってたんだろ?」
「してません!」


のコマが好きです。
最初のほうは、儚くて、この世のものではない雰囲気を漂わせていた氷見が、このあたりはただの可愛い受けキャラになっています。
いちいち顔赤くしてて、面白い。

氷見はどうなるの?
ハッピーエンドとは知りつつ、秋までなんて待てません。
(★★★☆☆)


阿沙利が、隠れ蓑 (みの) を使って、すぅ?っと現れてすぅ?っと消えるところ、絵で初めて見ました。
このマンガに出てくる人たちって、顔はキレイなのに、中身はかなり乱暴で少々品がない人が多いでしょう。
阿沙利も、口の悪いところがツボです。
阿沙利と和記の会話は、1巻のときから好き。

そしてそして、きっとみんな穴があくほど見つめてしまったと思うのが、近衛が4歳の琴葉を餌付けしてる図。
近衛はどこまでもカッコよく、琴葉もどこまでもかわいいのですが、餌が最中です (笑)

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

玄間の「欲しい」は
「好き」と一緒なんだと思うな、子供と一緒で(笑)。
自分のブログに書いたけれど、子供が好きな物に向かって猪突猛進するのと同じだと思いました。
猪突猛進する子供とそうじゃない子供がいるけど、玄間の場合は前者だというコトで(笑)。
でも氷見のようなタイプにはとてもとても、そういう行動は理解できないと(っつうか、それが分かる人も少ないだろうけど、苦笑)。

佐倉朱里さんの「月と茉莉花」の攻がこのタイプですわ。
読んでる分には好きですが、惚れられる方にはたまったものじゃないですね。
おほほ | URL | 2006/03/04/Sat 20:04[EDIT]
>おほほさん
おほほさん、コメントありがとうございます。

>子供と一緒で
そっか、なら安心しました。
私はこのテの話になると、キャラの心情を読み取るのが苦手なので、今回も少々悩みました…
ほら、他の人物(近衛しかり、和記しかり、阿沙利しかり…)が、比較的大人じゃないですか。
だから、玄間にも当然、同じものを期待していたのかも。

>月と茉莉花の攻め
ごめんなさい、未読です。
「惚れられる方にはたまったものじゃない」 まさに同感です。
考えてみたら、志水さんてこういうの好きなのかもしれません。

TBお返しさせてくださいね。
リリカ | URL | 2006/03/05/Sun 03:23[EDIT]
リリカさん、はじめまして。
いつも拝読させていただいているのですが、コメント入れたのは初めてです(^^ゞ。
こちらでのリリカさんの一文

>阿沙利が、隠れ蓑 (みの) を使って、すぅ~っと現れてすぅ~っと消えるところ、絵で初めて見ました

これ読んでぐぐっと興味が湧いたのです。
実際手にしてからも、玄間と氷見のあれこれはさておき、阿沙利の登場に一番目がいってしまいました(笑)。
初カキコ記念にトラバさせてくださいね。
(うちもFC2なのですが、なぜだか上手くTB出来ないことが多いんです。相互FC2.。もしもうまく入ってなかったらごめんなさい)
ミーシャ@ | URL | 2006/03/06/Mon 01:42[EDIT]
>ミーシャさん
はじめまして。
コメントありがとうございます、嬉しいです。

他の紙様は人間っぽいけれど、阿沙利だけは「紙」って感じがしませんか。
さわったら消えてしまいそうな感じが。
でも、氷見のように儚くはなくて、すんごく図太い(笑)

今回も出番は少ないながらも、インパクト強かったですね。
1巻ですぅ~っと現れて、雷蔵をビックリさせたときとシチュエーションが似てるので、笑ってしまいました。

またいらしてくださいね。
リリカ | URL | 2006/03/06/Mon 18:59[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。