ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

素敵なお話です、幸せ?な気分になれるCD。
ドラマCDの感想は、よそで書いていましたが、あまりに更新していないのでこっちに。


毎日晴天! 5
菅野彰・二宮悦巳 / 徳間書店
ムービック (2006.2)



3編収録。

■天国に巡る月に一度の…
真夜中。
締め切り3日前、120枚の原稿を1行も書いてない秀が 「楽しいとこに行こう」 と勇太を起こします。
"楽しいとこ" って、網走なんですよね (笑)
原稿が書き上がらないと秀がパニック状態に陥る話は、何度となく原作にも出てきました。
明ちゃん・丈・真弓は 「再現ドラマ見てるみたい」 と大喜び。

秀をなだめすかす勇太が、すっごーい優しいの。
そりゃもう嘘っぽい優しさなんだけど、なんか和むのです、α波出てるのです、あの勇太から。
(当の勇太は、おでこに血管浮き出てるらしいけど・笑)

そういう状態になった秀のことを、勇太が 「人以下の生き物」 って言ってるのがもうおかしい。
でも勇太はそんなに苦に思ってないのです。そこがいいの。
素敵な話が聞けます、おっかない話と合わせて (笑)

嘘っぽい大河も笑えます。
「いいからこっちにおいで、何もしないから、怒らないから。悪いのはみーんな俺だ」
…って、みんな寄ってたかって、秀をペット扱い!?

※爆笑した台詞
「んなこと言うなよーっ!!」
どんな状況でも、大河兄の悪口は許さないのね、丈。
岩田さんの丈を聞いてると、本物の丈はここまでひどくないんじゃ… とか思うんだけど、やっぱ好きだなぁ。
彼氏にするならゼッタイ丈よ、手のひらでコロコロ転がってくれそうだから v


■近所迷惑!
帯刀家が揉めに揉めているとのことで、ケンカの仲裁にかり出された、龍兄+ウオタツ+御幸の3人。
初っ端の3人のぼやき、ず?っと聞いてたいくらい面白いです。

大河が秀にヘンな口説き文句を囁いて浮気の疑いをかけられ、
勇太も真弓にヘンな口説き文句を囁いて叩かれ、
丈もそのヘンな口説き文句でラーメン屋のおねぇちゃんにこっぴどくフラれ…
そんなこんなで、大げんかになってしまった帯刀家。
(後に発覚するんですが、ウオタツもこの口説き文句を使ってコーヒーぶっかけられたらしい)

でも、その口説き文句ってのが、実は…………… (←かなり面白い)

龍兄が、というか一条さんがカラダ張っての大熱演です。
「殺すぞ」 のカッコよさと 後半の 「アイテテテテテテ」 のふがいなさの落差がツボです。

あと秀。
なーんか今までの秀と違うの。
色っぽさ・可愛さは全サCDでも感じたんだけど、なんていうのかなぁ、ちょっとイイよ?コレ。
必聴!

※お気の毒な台詞
達也 「痴話喧嘩というものはね ひとりではできないものなんですよ」
だったら、日曜だからって昼過ぎまで (夜まで?) 寝てないで、早く彼女作りなさいね?


■そんでもって愛のこと。
秀が 「愛について」 というテーマで原稿を書かなければならなくて頭を悩ませているところに真弓がやってきて、じゃあ代わりに取材してきてあげるね!という話になります。

取材先 1 (龍兄&明ちゃん)
思ったよりもずっとずっとラブラブなのね、このふたり。
明ちゃんが奥手なので、龍兄も結構恥ずかしい思いしながら頑張ってるんだなぁと思いました。

取材先 2 (丈)
「愛とはーっ!!!」
暑苦しいけど、ほんと憎めないね、丈。
おかしいのは、丈が怒鳴りはじめると、かならずうちの父が部屋に入ってくるんです。で 「またそれか、何だそれ」 って聞かれる (笑)

取材先 3 (勇太+達也)
おすすめ!
勇太の話で、もう幸せいっぱいな気持ちになれます。
最後の勇太と真弓のやりとりがたまりません。ここで3人がどんな表情してたのか、ちょっと二宮さんに描いてもらいたい気持ち。

取材先 4 (秀&大河)
秀が… 秀が…
しつこいようだけど、今までの秀とぜんぜん違うの。
大河 「もっとなんか言ってみろよ」
秀  「やだよ」
何度も聴いちゃいました、愛だね、愛。

ホントによかったよ?、この話。
ベタなテーマなのにちんたらしなくて、何度聞いてもあったかい気持ちになれて、素晴らしいです。



このCD、メインの会話の裏でBGMのように外野の会話が聞こえます。
ヘッドホンして、じっと集中してコレ聴くと面白い。
鍋の具材の話とか、丈の恋バナとか。

読んでくださってありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

最高です!
リリカさん、こんばんは。
このCD、本当に最高ですよね~~!!
もう大好きで大好きで大好きなんですが!

>しつこいようだけど、今までの秀とぜんぜん違うの。

わかる!!秀がなんか違いますよね。すごくいい方向に。
実は1作目の秀は私の中では「秀じゃない!」って思っていたんですが、前作くらいから、秀が秀になっていて。
リリカさんが書いているとおり、全サのCD聞いて秀が可愛いな~と思っていたら、今作でノックアウトされました~。
エッチなシーンはなくてもラブはありますよね、この作品。
そして原作では不安定な龍×明ちゃんも、意外と甘い龍がいて。

このシリーズのCDはいつも大好きなんですが、なんか今回本当にツボにはまってしまいました。大好きです!
一緒にF&BのCDのTBもいただいていきます!あちらも素敵なCDでした。
さくら | URL | 2006/03/02/Thu 23:06[EDIT]
本当に!>さくらさん
こんばんは。
すっごーく面白かったですよね、これ。

全サの秀で、うひゃ~って思ったのが
「くすぐったいよ」
ってところなんですけど、さくらさんも覚えてますか。
あそこが可愛いくて、聞いてる私が照れまくりでした。

>意外と甘い龍
そうそうそう!
龍が優しい。
明ちゃんも結構積極的(気持ち的に)じゃないですか。

私は2枚目から聞いてるんですけど、本当にこのシリーズいいですね。
漁港イベントが実現したら、さくらさん一緒に行きましょう(笑
リリカ | URL | 2006/03/02/Thu 23:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。