ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌に掲載されたときに、本編は読んだんですけど、こんなにいいお話だったっけ!?
こんな私でも、日々成長してるんですね。あのときには、心情を汲み取ってあげられなかったキャラに涙々でした。




【こんな話】
小学4年生の始業式、広久 (ひろひさ) は新しいクラスメートの侑 (ゆう) に声をかけられた。そして、侑の整った顔立ちにしばし言葉を失ってしまう。初めて誰かを 「可愛い」 と思った瞬間だった。
その後、すぐに侑は転校してしまい、人気者だった侑もみんなに忘れられていった。広久にとってもそれは同じだった。
しかし6年後、広久は進学したばかりの高校で 侑の姿を発見する。

【ひとこと】
広久は、おとうさんと弟の3人暮らし。家事は広久の役目で、朝早くから洗濯に掃除、2人分のお弁当を作り、夕飯の支度だってします。
それだけでも立派ですが、さらに彼の生活ぶりが素晴らしいです。ほかの人はどうだろうと、自分は自分、いつも正しくあろうとする広久はとっても偉くて、頭が下がります。
でも、ちょこっと頑張りすぎかな。

若い頃って、どうしてもうわべだけを見てしまいがちじゃないですか。
見てくれに誤魔化されて、真価を見極めるところまで気が回らない。
でも反対に、誤魔化されたままでも構わない、楽しければいい! と思える年頃でもあるんですよね。

そんな世代の中で、悲しいかな広久は、みんなの目にはカッコ悪く写ってしまいます。
先生に当てられもしないのに予習してくる、みんながサボっている仕事を引き受ける、携帯を持ってない… よくよく考えてみれば、なんにもカッコ悪くない、むしろ、よいことのほうが多いのに…です。
これってよくわかる。マジメがカッコ悪いって感じた頃って、私にも確かにあったもの。

でも、そんな広久も、やっぱりみんなと同じ高校生でした。
携帯なんか要らない、友だちと同じじゃなくたって構わなかったのに、侑のことを好きになってちょっと心のバランスが崩れたら、そのままなし崩しにズルズルと引きずられていっちゃった。
やっぱり自分も携帯が欲しかったし、ずっとみんなと同じようにしたかったんだって、広久が自覚するところがかわいそうでたまりませんでした。

そして、侑。
侑は、母とふたり暮らし。
広久と違って、人付き合いもそつなくこなす人気者。だけど、どんなに楽しくやっていても、人の気持ちまではわかろうとしなかったのかな。
人を嫌いになることもないけれど、好きになることもない。
もしかしたら、人に優しくする方法も知らなかったのかも。だから、広久のためを思って、桜田さんと付き合ったりして… この不器用さが泣けました。

でも、桜田さんは侑と付き合ってよかったね。この若さで、真の男の価値がわかったでしょう?
彼女が広久に告白して断られたとき、すっごく恥ずかしい気持ちだったと思うんです。たぶん、断られるとは思ってなかった。私が桜田さんでもそう思う (笑)
その恥ずかしさを最初はとりつくろってた彼女が、ちゃんと広久のことを褒めてあげる。ここが、すごく好きです。

関係は 侑×広久だけど、普段は広久のほうが優位かな。
広久が侑に 「青少年の正しいあり方」 について指南しそう。侑も、はいはいって言うこと聞きそうです。
ふたりに習って、クラスの子もみんなイイ子になっちゃったりして。

でも、まだまだ侑はわかってないなぁ。
たとえば、桜田さんとはもうとっくに別れたのに、まだ 「亜矢」 って呼んでる。
そんな小さなことでも、きっと広久は気にしてるだろうなぁ、と思うんですけどどうでしょう。

(★★★★☆)


広久は、侑や桜田さん (梅野くんもかな?) に、カッコいいってわかってもらえたけれど、
現実の世界にいる、たくさんの "ヒロくんたち" は、きっと誰にもわかってもらえないまま、青春時代を終えてしまうんでしょうね。
そんな子たちが、15年ぶりにクラス会で会ってみれば、すっごくいいパパになっていて、あ?もったいないことした?って思ったり思わなかったり…
人生、そんなだよね。

読んでくださってありがとう


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。

これ、私も、すごく泣いたんですけど、何で泣いたのか自分でもよく分からないのです。
でも、リリカさんの感想見ながら、お話を思い出して、また涙ぐんでしまいました。
広久みたいな人と出会ってたら、もっと真っ直ぐに生きていけたかな~と、思うんですけど、きっと若いころの自分は、広久の良さが分からなかっただろうなあ。

こちらからもTBさせてくださいね。
ではでは。
あすた | URL | 2006/02/15/Wed 01:44[EDIT]
リリカさん!ご無沙汰しております!(^∀^)ノ
おジャマします。shiteです。<(_ _)>ぺこ。

コメント&TB有り難う御座いました。
若い頃の、悪ブッてるって勘違いが多いいのでしょうかね?それがまた彼ららしさでもありますけど。(笑)妙に大人びてもちょっと取っ付きにくいみたいな。。。素直で解りやすいんですが、扱いづらいムヅカしいお年頃です。自分も高校生だったよなぁ・・・(…(*´д`)遠い目。)

微妙な年頃の子達の気持ちを、丁寧に描いているこの作品は、とっても可愛いかったです。(´w`〃)i-80

TBさせて頂きました。ではでは。
shite | URL | 2006/02/15/Wed 12:57[EDIT]
コメントサンキューデス!
さくらです。こんにちは!

>人に優しくする方法も知らなかったのかも

そうなんでしょうね~
ああいう家庭環境だと、感情が鈍感になっちゃうのかもしれませんね。

電車に乗って、たまにいきがっている高校生を見ると、この本を思い出します。
(電車の高校生はきっとノーマルでしょうけど・笑)

なんだかとても可愛いお話でした!

TB返させて頂きました♪
さくら@腐女子の~オタク感想文 | URL | 2006/02/15/Wed 13:19[EDIT]
>あすたさん
こんにちは。

>若いころの自分は、広久の良さが…
うんうん、私もそう思います。
若いころどころか、今もわかるかどうか。
うわべに引きずられやすい私です…

TBありがとうございました。
リリカ | URL | 2006/02/16/Thu 12:04[EDIT]
>shiteさん
こんにちは。

砂原さんて、おいくつぐらいなんでしょうね。
こういう感覚を、上手に表現できてすごいなぁと思います。
桜田さんの味わったこっ恥ずかしさとか、本当にこっちが冷や汗かいちゃうくらいに描かれていて感動でした。

TBありがとうございました!
リリカ | URL | 2006/02/16/Thu 12:08[EDIT]
>さくらさん
こんにちは。

近所に男子校(いい響きだ♪)があるので、しょうもない男のコたちを毎日眺めていますが、バカが…とか思いつつ、楽しそうですっごく羨ましいのが本音です。

TBありがとうございました。

リリカ | URL | 2006/02/16/Thu 12:12[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。