ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完結。





蓮根が心の中にず?っとくすぶらせてきたものは、私がこのマンガを読みながらずっと考えてきたこととまったく同じで、

徳丸の本気が見たい!

これに尽きるでしょう。

中・高校生の初々しいカップルにありがちな悩みです。
女の子 (=蓮根) は、「私のこと好き?」 とか 「私のどういうところが好き?」 とか、聞いてみたいものなのです。
だけど、男の子 (=徳丸) は照れちゃって、そんなことはとても口にできない。そもそも、まだまだ子どもなので、男女交際イコール楽しければいいじゃん! 的な考えなんですよね。
表向きは楽しくやっているふたりですが、女の子 (=蓮根) は何かあるたびに悩んでしまうわけです。
「私のこと、本当に好きなのかしら」 と。

ところで私、3巻での春平の意味深な言動に、おとなしくしててちょうだいよ! などと思っていました (酷い)
でも、今回は春平なしでは、なんにも片付きませんでしたね。

「徳丸 本当にちゃんと 誰かを好きになった事 あんのかよ!?」

うう、おばちゃんはもらい泣きしちゃいました。
そうだよね、すっごい勇気をふりしぼって告白 (してるも同然) してるのに、ヘラヘラ笑ってかわされたりしたら怒鳴りたくもなるよね。

よく言った、春平。
このひと言で、徳丸もやっと蓮根のもやもやを理解できた…

…はずなんですが。
徳丸ってば
「お前って 俺のどこが好きなわけ?」
なんて言ってる。もう、心の底から呆れました (笑)
それは蓮根のセリフだから>徳丸

でも、よかった。
徳丸だけが、無理して蓮根のやり方に合わせるんじゃなくて、蓮根のほうも しかたないなって感じで徳丸に合わせていたから。


最後の最後、徳丸がお茶を点てるところが素敵でした。
蓮根に言われてそうしたんじゃなくて、徳丸が自分でやろうと言ったことが大事。
このマンガが始まったときのことを懐かしく思い出しました。

ストーリー的には、ただ高校を卒業しただけですが、このふたりはまったりと落ち着いてしまったら面白くないです。常にどちらかが、やきもきしてるくらいがちょうどいいのかもしれませんね。
お幸せに。
(★★★★☆)


加賀さんの
「その学生服姿を見ていると 昔の貴方を 思い出すような 出さないような…」
というセリフがツボに入りました。おかしい…


読んでくださってありがとう


スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

リリカさん、こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。

最後のお茶を点てるところ、良かったですよね。
私も同じく最初のころを、思い出して、劇的に2人の仲が変ったようであり、変らないようでもあり、感慨深いものがありました。
こちらからもTBさせてくださいね。
あすた | URL | 2006/02/10/Fri 21:04[EDIT]
まさに!!
リリカさん、こんにちは。

>うう、おばちゃんはもらい泣きしちゃいました。

本当に哀れでしたね……春平……orz

いや、蓮根も哀れなんですけど、あんなに鈍いとは徳丸も罪な男です(笑)
とりあえず、気持ちがちゃんと通じ合ってよかったですね♪

TBさせて頂きました★
さくら@腐女子の~オタク感想文 | URL | 2006/02/12/Sun 16:50[EDIT]
>あすたさん・さくらさん
>あすたさん
こんにりは。
コメント遅くなってごめんなさい。
ダイエット(ゲームの)ばっかりしていて、2月に入ってほとんど本を読んでません~
あすたさんも、ダイエットのほうやるのよね? 楽しみにしてます。

>2人の仲が変わったようであり、変わらないようでもあり
そうですね、ホント。
でも、徳丸にしてみれば「なにを今更」のことで、昔っからちゃんと蓮根のこと大好きだったのかなぁって思いました。
いいマンガでしたよね。


>さくらさん
こんにちは、お久です。
TBありがとうございます。

春平って中1くらいだと思ってたら、なんと小学生だったんですね!
おばちゃん再びびっくりですよ。うちの子と2つしか違わなくて(笑

蓮根はすぐいじけちゃうので、これからもずっと情けない顔しながら生きていくんでしょうね。
でも、将来は家元だし、実際どうなるんだろう。
前途多難ですね。
多難だからこそ、連載も終わっちゃったのかもしれません(ってコラ)
リリカ | URL | 2006/02/13/Mon 11:49[EDIT]
こんにちわ。
昔の記事に失礼します。
はじめまして。私もこのシリーズ好きなのでコメントさせてください。

徳丸くん、最後にようやく本気になってくれましたね!(…彼なりに。笑)
春平くんには可哀想だったけど、ある意味キューピット的で。

確かに二人はこれからもドタバタしてそうですよね(笑)

それでは、またお邪魔させてください~~。

勝手にリンクさせていただきました。
不都合ありましたらおっしゃってください。
それでは。
Akala | URL | 2007/08/12/Sun 07:42[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。