ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よそのブログで、この本がなかなか手に入らなくてオークションなどでも価格が高騰している、という記事を読みました。
ひょっとして、近所の古本屋さんにあったりしないかしら、と出かけてみたら、あっさり300円でゲット。
需要と供給は、ままならないものなんですね。


遥山の恋
六青 みつみ著


【こんな話】
身体に醜い痣をもつ少年・紫乃 (しの) は、老犬シロと狩りの最中に、傷ついた戦装束の青年・貴哉 (たかちか) を救う。
人と交流をもたず、山でひとり暮らしていた紫乃にとって、誰かが近くにいることが何よりも嬉しかった。
夢でうなされ苦しむ青年を、必死に看病する紫乃。しかし、目覚めた青年は、紫乃の顔の痣を見て 「化け物」 と罵る。
青年の残酷な言葉に傷ついた紫乃は、それでも献身的につくすのだったが…

【ひとこと】
紫乃の痣は、祖先の呪いによるもの。
そして、身内の裏切りで、山へ追われることになった貴哉。
ふたりの境遇は、似ているといえば似ているのです。

しかし、紫乃が誰を恨むでもなく、自分の運命を静かに受け入れているのに対し、貴哉の胸の中は、自分を裏切った者への復讐心でいっぱい。
そんな貴哉を見て、心のきれいな紫乃は、とても居心地悪そうにします。

貴哉が復讐のために、山を下りてしまうのでは、という不安があったことも確かでしょうが、山で穏やかに暮らしてきた紫乃にとって、人間がこのように人を憎んだり罵ったりするのを見るのは耐えられなかったのだと思います。
紫乃が、一生懸命 貴哉をなだめようとするシーンが好きです。

そして、貴哉は "あてのない復讐の時期を待ちながら くすぶった恨みを抱えて生きるより、穏やかで平安な未来という選択肢もある" と気づき、紫乃に
「ずっと ここで生きていこうと思う」
と告げます。

このとき貴哉は、どのくらいの覚悟をして、紫乃にそう告げたんでしょうか。私は、6割くらいの覚悟しかなかったのかなと思うんですよ。
だから、"案の定" 貴哉が山を降りることになったときの 「必ず迎えに来る」 という約束も、なんだかとってつけたような気がして、悲しかったんですけど。
(でもこれはたぶん、私のまちがった解釈だと思います)

                     ■□■□■

その後3年間、紫乃は貴哉を待ち続けることになりました。
最初は、貴哉との再会を楽しみに待っていた紫乃でしたが、しだいに不安を感じるようになり、そしてそれが、裏切られたことへの憎しみに変わり、紫乃はずいぶん変わってしまいます。
人間は、環境や気持ちのもちようによって、醜くも清らかにもなるんだなぁと、つくづく考えさせられました。

しかし、3年ものあいだ、貴哉のほうから、手紙でも遣いでも、なんらかのかたちで紫乃に連絡をとることはできなかったんでしょうか。
貴哉の身分なら、なんとでもなったのではと思います。それとも、その身分ゆえにできなかったのか。
じゃあ、もしその痣を治してくれるというお坊さんに出会わなくても、ちゃんと迎えに来てくれたの? と問いただしたくなってしまいます。

                     ■□■□■

紫乃が里に下りてからの話は、紫乃には悪いけれど、ちょっとお笑いです。
貴哉のやきもちがひどすぎて、紫乃は山にいたときよりもさらに孤独になってしまったのですから…(笑)
あれでは、里の暮らしに慣れろというのが無理な話です。

まぁ、そのほかにも、いろいろと厄介ごとが起こり、紫乃はふたたび山へ戻ります。
貴哉に 「迎えに来て」 とはお願いしたものの、紫乃はほとんど諦めていたのではないでしょうか。
そして、それは貴哉も同じことで。

でも、ハッピーエンドです。
私は、ちょっとありえないかなと思いましたが、この終わりかた以外は許せないのも事実 (笑)
でも、お坊ちゃまな貴哉だから、これもアリかな。
(★★★☆☆)


復讐に息巻く貴哉に、紫乃が
「許すことは無理でも、せめて…忘れることはできない?」
と語りかけるシーンがあります。
でも、これって逆かなと思いました。

本当は、「忘れること」 のほうが、難しいんじゃないでしょうか。
あいつのことは許した、あのことは水に流した、と口に出したり、頭で考えたりするのは、心のどこかでまだわだかまっている証拠なのかなぁと。
本当に誰か (何か) を許すということは、すべてを忘れて、もう二度と思い出さないことなのかもしれませんよね。

長いのにありがとう

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

ご無沙汰してます~
こんばんは、リリカさん。

これ、読まれたんですね~。
300円であっさりゲットだなんて、うらやましすぎます。

傷つきながらも健気に尽くす紫乃に、やられちゃいましたよ。
ホント、ラストはこれしかないって感じでしたね。
ハッピーエンドで、ホッとしました。

TBさせてくださいね。
あけみ | URL | 2006/01/21/Sat 00:13[EDIT]
え・・・・
オークションで高値沸騰・・・?
そ、そうなんだ。
じゃあ・・(笑)
発売時に購入して読みました。
そしてとっても消化不良だったのですね。
理由はリリカさんが書かれている事そのまま、ドンピシャ(苦笑)。
ワタシも貴哉は、本当の意味で紫乃を愛してはいなかったと思います。
「愛していなかった」というのは酷ですね(笑)。
リリカさんがおっしゃる通り「6割くらい」の愛情だったのでしょう。
一旦2人が離れて、その期間を経てだからこそ、本当に紫乃を愛することが出来るようになったと見てます。

同じような(同じなのか?笑)展開だとしたら、
ワタシは「銀のレクイエム」の方が泣けるな~♪
おほほ | URL | 2006/01/21/Sat 11:58[EDIT]
>あけみさん
あけみさん、こんにちは。
TBありがとうございました。
バレバレのように、私はこの本、あけみさんのブログで知りました。
(お話しましたっけ、ね?)

私も、紫乃にはとっても感情移入して、応援しながら読んでましたが、貴哉が!(笑)
紫乃があんなにいちずなのに、貴哉がなんとなく都合よく紫乃をあしらってるような気がしちゃって…

でもハッピーエンドな話は好きです。
迎えに来るところの演出(木の枝が扉を叩くところ)が、ちょっと泣けました。
私も、TBお返しさせていただきます。
リリカ | URL | 2006/01/22/Sun 10:28[EDIT]
>おほほさん
おほほさん、こんにちは。
うふふ、いらっしゃいませ。

>消化不良
うーん、私もどうしても貴哉を疑ってしまいました。
紫乃が山で待ちぼうけくってるときの貴哉が何をしていたのかが、気になります。
紫乃は朝から晩まで、貴哉のことを思っていたけれど、貴哉はゼッタイ違うでしょう?
そのあいだに、女となんかあったりも、あったと思うんですよ~

でも、山の男になってくれたから、許します(偉そうに)

>銀のレクイエム
おぉ、吉原さん!
これももしかしたら、高騰してたりして?
かなり泣きました、これは。
リリカ | URL | 2006/01/22/Sun 10:35[EDIT]
私も皆さんのブログを読んで、六青みつみさんとこの本に興味を持ちました。
号泣するほど泣ける作家だと嬉しいですけど、リリカさんは泣きましたか?
アラスカ | URL | 2006/01/25/Wed 06:07[EDIT]
>アラスカさん
こんにちは。

涙は出ませんでした、残念ながら。
誰に感情移入するかによっても違うと思うのですが、私は「攻め」の気持ちがいまひとつ理解できなかったので泣けなかったのかなぁって。

でも、丁寧な設定や伏線のはり方がとても上手な作家さん、という印象を受けました。
なかなか手に入らないようでしたら、ひと声かけてください。
リリカ | URL | 2006/01/25/Wed 19:27[EDIT]
TBありがとうございました。
そして、読む機会を与えてくださってありがとうございました。

貴哉の「だめんず」っぷり(?)は結構嫌いじゃないです。
遅れた理由を、自分でなくても、誰かに伝えさせることは、たぶん出来たと思うけど、やっぱり少しは迷いがあったんじゃないかと、疑わしくもあるんですが、そういう弱さを持ってるほうが、好きです。
⊂((〃 ̄ー ̄〃))⊃ ふふふ
あすた | URL | 2006/04/27/Thu 01:17[EDIT]
あすたさんへ
レス忘れててごめんなさい!

>迷いがあった
そっか、そういうふうに考えればいいんですね。
やっぱりあすたさんは、いつも攻めの立場になって考えてますね(笑)

この方、悲しいお話が好きなんでしょうか。
また見つけたら読んでみようと思います。
ありがとうございました♪

リリカ | URL | 2006/04/28/Fri 16:01[EDIT]
Track Back
TB*URL

遙山の恋 読みましたよ
ありがとう。(私信)面白かったですよ。「遙山の恋」六青みつみリンクスロマンス遙山の恋以下ネタバレ  [続きを読む]
MOUSOBI@ボーイズラブダイアリー 2006/04/27/Thu 01:18
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。