ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前作の 『瞳からウロコ。』 は、大いにツボでした。
頭は悪いし、しょうもないんだけど、人の心のなんたるかは知ってる… そんな男の子たちのお話でした。
今回も、テイストは似た感じで、とても楽しかったです。





【朱いプロポーズ】
瑶太と ひとつ上の晴美は幼なじみ。
適当に高校生活を送っている瑶太とは違って、晴美は野球部のホームラン王。
晴美のことをもてはやす友人たちに反発を覚え、素直になれない瑶太だけど、本当は…


瑶太が晴美をいくら避けていても、慕う気持ちはまるわかり。 ♪どんなにじょうずにかくれても… っていう、あの歌みたいな……
でも、そんなふうにわかりやすい瑶太に比べて、晴美の "慕われて嬉しい気持ち" はなかなか表に出てこないので量りにくいです。
そもそも、晴美は高3にしてはオトナで、瑶太は高2にしてはコドモなんですよね。
だからこそ、お兄ちゃんが弟にヨシヨシしてやってる雰囲気がたまらないです。
難を言えば、ていうかちっとも 「難」 じゃないんですけど (笑) 晴美が余裕綽々なのが悔しくないですかぁ?
もっともっと、瑶太に振り回されてほしいですよ! カッコよすぎて反則です。
オススメは、強力な脇キャラ 晴美のじーちゃんです。


【カボチャより愛をこめて】
瑶太のクラスメイトが登場。
これ、ふたりの描き分けが難しいから、ひとり日焼けさせたんでしょうか。
キャラの性格と言動、受け攻め、すべてがアンバランスなのがおもしろいです。


【またの名を恋愛ノイローゼ】
デビュー前の作品だそうです。でも、どの作品よりも (前のコミックスも含めて) エッチシーンが色っぽいです、これ。
顔なのか、カラダの描きかたなのか。こういうのも悪くないです。
ふたりとも、あんまり勉強ができるようには見えないんですけど、そのわりには 「夏休みの宿題」 が難しすぎるような気がします。


【負け犬コロッケ】
青春とはなんだー!? (コロッケじゃないよ)
そんな作品です。 …って、ほんとか。
あれこれ考えてもなるようにしかならないんだけれど、やっぱりそのときは悩むしかないのが若者。
コロッケ屋さんのおばあちゃんにも、そんな頃があったのか… 素直にお年寄りの話を聞いているジローちゃんを見てホッとしました。


阿部さんの話に出てくる、心優しい男の子たち (でも頭は悪い・笑) が好きです。
(★★★★☆)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

【煩悩のままに突っ走ったTB】を持って参りました。(´w`〃)ムフ
コメント&TBありがとう御座いました。
おジャマします。<(_ _)>

>>強力な脇キャラ 晴美のじーちゃんです。
雰囲気で出て好きです。おじいちゃん!!おばあちゃんも!

>>これ、ふたりの描き分けが難しいから、ひとり日焼けさせたんでしょうか。
笑。黒い方が受けで、白い方が攻ってゆうのがツボでしたよ。ワタクシ。(笑)ここのカップル好きです。

>>阿部さんの話に出てくる、心優しい男の子たち (でも頭は悪い・笑) が好きです。
『頭ワルッくって、お前等なんか大好きだぁぁ!!(≧д≦)ノ』←叫。

【煩悩のままに突っ走ったTB】を持って参りました。(´w`〃)ムフ
ではでは。
shite | URL | 2006/01/18/Wed 11:32[EDIT]
>shiteさん
こんばんは、shiteさん。

>黒が受け、白が攻め
だって、色が違うだけで、顔同じだよ~~~~(笑)
このマンガは、私も「犬」に変換できます。進歩した?

「瞳からウロコ。」を読み直しつつ、shiteさんはどういう種類の犬をぶつけてくるのか、ちゃんと考えてます。
楽しみにしてますよー♪
リリカ | URL | 2006/01/18/Wed 21:21[EDIT]
こんにちは♪vivienneですo(*^▽^*)o~♪
私も読みましたー。そして癒やされました。

前の方とのコメントの黒が受け、白が攻めの文章がなぜかツボにはいりました(笑)
確かに区別がつかない。。。

私も感想を書いたので、TBさせていただきますね。
ではでは。
vivienne | URL | 2006/01/21/Sat 14:15[EDIT]
>viviennneさん
こんにちは、viviennneさん。

TBありがとうございました。
こういうなにげない(そうか?)日常を描いたコミックスって、ちょっと息抜きしたいときに読めて好きです。

感想、拝見しに行きます♪
リリカ | URL | 2006/01/22/Sun 10:41[EDIT]
こんばんわ。
感想書いたので、TBさせていただきに参りました。

晴美ちゃんの余裕っぷりは、性格なんで(笑)仕方ないのよ~。
でも、野獣になっちゃうとことか、結構振りまわされてる気がします。

ではでは。
あすた | URL | 2006/01/23/Mon 20:36[EDIT]
>あすたさん
こんばんは、あすたさん。
ホリエモン逮捕されちゃいましたが、ライブドアブログはだいじょぶそうですね。

そっか、性格なんですね、晴美ちゃん。
クールっぽいけど、やっぱり田舎者って感じのところが私は好きなんですけど、どうでしょう。

これから感想見に行きますね!

リリカ | URL | 2006/01/24/Tue 01:38[EDIT]
こんばんは~
脇役のじーちゃん…
がいい、というと、山田ユギさんの”僕にだって言い分がある” を思い出します。
じいちゃんとばあちゃん、がなかなか、強烈でした。

>そのわりには 「夏休みの宿題」 が難しすぎるような気がします。
ほんとだ… そうかもしれない…

阿部あかねさんの作品は、何だか、和まされるので、好きなんですけど。
どこか他の出版社さん、から次が出ることを祈りたい、ですね…

TB・コメント、有難うございました。
| URL | 2006/04/13/Thu 21:57[EDIT]
凛さんへ
こんにちは。
これからはビブロスの本の感想を書いても、気軽に「おすすめです」とも書けなくて悲しいですね。
古本屋さんに残っている本だけでも、欲しい人の手元に行き渡ってほしいです。

>「僕にだって…」
読んでいないので、いまよそであらすじを読んできました。
でも、じーちゃんばーちゃんについて書かれてなかった…
ユギさんの本は、ちょっとずつ買っているので、近いうちに読めますように。

阿部さん、ぜひぜひ他で書いてほしいですね。
こういうのって、私たちが行動起こすべきなのかしら。
「○○さんのマンガ(小説)を載せてください」って意見するとか。

ありがとうございました♪
リリカ | URL | 2006/04/14/Fri 10:27[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。