ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひねくりまわしたタイトルが多いなか、こういうのは新鮮ですね。




【こんな話】
中学教師の遼 (はるか) の前に、卒業生でいまは人気アイドルの望月和哉が現れた。
問題を起こして雲隠れ中の和哉は、強引に遼のアパートに居座るが、その傍若無人な振る舞いにも、不思議と遼は腹が立たない。
そんなある日、家賃はカラダで払う と軽口を叩いていた和哉が、本当に札束をもってきて…

【ひとこと】
遼 26歳、和哉 15歳。
もうね、私がいちばん好きな設定です。年の差具合も、攻めだけが社会人なのも。
月村さんらしい優しいお話で、突っ込みを入れたりすることもなく、穏やかに読み終わりました。

遼のアパートに転がり込んできた和哉が、素直になれなくて悪態をついているのは見え見えなんです。
でも、単なる照れ隠しだとばかり思っていました。
だから、和哉が先のことまであれこれ考えたうえで、そう振る舞っていたのを知ったときは衝撃でしたね。

「思いっきり身勝手して、そのせいで嫌われたんだって思う方がいいよ」

遼もこのセリフにびっくりするわけですが、私も思わずページをさかのぼって、いままでのやんちゃぶりを読み直してしまいました。

そこで思ったのは、和哉は本当に "酔った弾みでカレーなんか作っちゃった" のかなぁって。
実は、カレーを作ったものの、なかなか帰ってこない遼を待っているうちに、自分だけ一生懸命になってたのが恥ずかしくなっちゃったんじゃないかな。で、飲まずにはいられなかったと。
月村さんが何も書いていない以上 "酔った弾みで作った" んでしょうけど、私が考えたとおりだといいのにな。

いっぽう、遼。
ことあるごとに "俺は保護欲をかきたてられてるだけだ" と自分に言い聞かせている遼を見ながら、いつどんなふうにタガがはずれるのかと、楽しみにしていました。
遼が、一教育者からひとりの男に変わる瞬間がよかったです。その後の様子が回想で描かれていたのも、遼の後味の悪い思いがより一層伝わってきましたね。

社会人×学生(or 未成年) のカプの何が好きって、攻めの余裕ある優しさ。
一時は警察に出頭しようかとまで思った遼が、一度腹をくくってしまってからはとっても優しかった!
結構恥ずかしいこと言ってるのに、それを感じさせない遼は、意外にヤリ手でロマンチストなのね、きっと。

書き下ろしの 「家賃+α」 は、誕生日のお話。
詳細は伏せますが、嬉しくて涙をこぼす和哉に、芸能界に足を踏み入れても素直さや可愛さをなくさなかったんだなぁとしみじみしました。
(★★★★☆)


きせかえイラスト、見ましたか? かわいい?
芸能人の変装っていったら、やっぱりこういう帽子ですよね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

元アイドルはやはり可愛いかったです!
こんにちは、リリカさん。

和哉くん、可愛かったですね。さすが15歳!
「カレーのエピソード」
私、文面どおりに酔った勢いで作ったんだと思ってたんですけど、
リリカさんの感想を拝見して「おお!」と思いました。

「売り言葉に買い言葉」で作っちゃった
 ↓
でも、待ってるうちに照れくさくなっちゃった
 ↓
えーい、飲まなきゃやってらんないぜ
 ↓
酔っ払っちゃった

という流れの方が和哉らしいですね(笑)
いつもリリカさんの視点は登場人物への愛に溢れているなぁと感心してしまいます。今年も宜しくお願いいたしますね(ぺこり)
suzuya | URL | 2006/01/07/Sat 16:10[EDIT]
>suzuyaさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いします。

和哉、かわいかったですね。
遼の実家(?)で祥太くんと仲よくしてるのがよかったです。

同じ15歳でも、ショタの香りがしてしまう作品は多いですが、この話はかわいいかわいいで、すんなり自然に読めました。

トラックバックありがとうございました。
私もお返しさせてください。
リリカ | URL | 2006/01/08/Sun 11:24[EDIT]
元アイドルっていうのが信じられないです!
リリカさんこんばんは。

元アイドルというのが信じられないくらい、スレてはいるんだけど、中身が純真で、これじゃアイドル続けるのは難しかったろうなあ…と思いました。

私も、いそいそとカレーを作って、遼が帰ってこないからやけになってお酒を呷ってたんじゃないかと思います。
じつは最初から、和哉は遼を好きなんだろうなあと思いながら読んでいたので、まったく何も疑わずそう思って読んでました(笑)。
リリカさんの感想を拝見して、月村さんはそうは書いていない、とようやく気づいたくらいです(笑)

トラックバックお返しさせていただきました。
秋月 | URL | 2006/01/09/Mon 00:37[EDIT]
>秋月さん
秋月さん、こんばんは。

和哉、芸能界の水に合わなかったんですね、きっと。
だから、逃げ出した、と。
芸能界のこと、どんなふうにカタをつけたのかが書いていなかったのが、よかったかな。
この小説は、ほんわか優しいまま終わってくれたほうがありがたかったので。

美術室でキスをしてしまったというのが、遼のイメージと合わないところがツボでした。
コメントありがとうございました♪
リリカ | URL | 2006/01/09/Mon 19:13[EDIT]
こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。
遼の言葉は、そこだけ読んだら、すごく恥ずかしいのに、騒ぐことなく(?)ああ、そうなんだーって、すんなり納得できました。
言葉に浮ついたかんじや、気負ってるかんじが、ないからかな。
こちらからもTBさせていただきますね。

あすた | URL | 2006/01/11/Wed 21:46[EDIT]
>あすたさん
こんにちは。
トラックバック普通にできてよかったです。
どうなることかと思いました~

遼、あんなふうなのに、ケーキ屋さんとかよく調べたなぁって思いませんか?
ピアスも。
どんな人なのか、やっぱり謎です。
リリカ | URL | 2006/01/12/Thu 15:09[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。