ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「許可証をください!」 シリーズの4冊目。
白状しちゃうと、このシリーズ、好きなんだけれど読むのがしんどかったんです、今まで。
仕事の専門的な描写にどうしても疲れちゃって。
でも、今回はそんな私にとってもやさしいお話でした。
ああ、よく笑った。


ただいま定修中!
烏城 あきら 著
二見書房 (2005.12)


【こんな話】
秋の工場定期修理が始まり、営業の徳永が製造で研修をすることに。
やたらになついてくる徳永をかわしつつクローズドシステムのテストを始めた弘だが、その時起こった機械トラブルを助けたのはなんと定年退職した辻本。弘の色気をいち早く見抜いた油断ならない御大の登場に、危険を察知する前原。
二人で招待された社長との会食で、慰安旅行での秘め事をばらしそうになったりと相変わらず危なっかしい弘は案の定、前原と熱いひとときを過ごしたラブホテルを出た直後、偶然出会った辻本にさらわれ彼の自宅へ連れ込まれてしまう。弘、ついに往年の色事師の手に墜ちる!?
(カバーまんま)

【ひとこと】
1冊ごとに、少しずつだけど成長してきた 前原と弘ですが、今回はいちだんと大人になりましたね。
なりました、というか、ならざるを得なかったというか。

まず、前原。
この人、ずっとイライラしどおしだったでしょ。
どうしてうまくいかないんだろう、なんで弘は俺の思うとおりにならないんだろうって。
彼は、カラダも気持ちも 「攻め」 体質だから、無意識のうちに 自分は弘より上っていうか、弘は自分の言うこときいて当たり前、みたいに思っていたんだと思うんです。

でも今回、またしても弘に振り回されながら、弘がそんな簡単にいく相手じゃないってことが、やっとわかったんじゃないでしょうか。
それが前原の大きな前進。

弘は弘で、前原にここまで惚れておきながら、いまだに仕事と前原をどう両立させていくかなんて悩んでる。
"もしかして自分は、いつかどちらかを失うのだろうか"
ここまで真面目な人間になってみたいものです。
仕事と前原を比べて、前原を選んだなら、弘は専業主婦にでもなろうというんでしょうか。
でも、今回はそんなこと言ってる場合ではなくなっちゃいましたね。

ふたりが翻弄されまくったのは、本社営業の徳永くんと、OBの辻本さん 60代 (!) です。
徳永くん、好きだなぁ?。弘のことは大好きだけど 前原はちょっと怖いな… っていうのが、女子どもみたいで可愛いですよね。
そんな徳永の面倒を前原が引き受けると聞いて、弘の心中は穏やかじゃありません。

でも、徳永に妬く気持ちが、弘を大人にしたっていうのかな、自分に正直になれてよかったと思います。
前原は前原で、弘が妬いてるのをわかってんだかわかってないんだか… これにはちょっとイライラしたけど…。

そしてそして、辻本さん。
雑誌に掲載されたときは、弘が辻本に誘われるところで "次号に続く" で、次を読むか読まないか、マジで悩みました。確か、そのときの煽りが 「60歳×25歳の歳の差カップルの誕生の危機!」 とかで、未遂でもなんかあったらイヤだ!と。

結局は、終始大爆笑でした。
弘はこのときのことを、酔っぱらったせいにしてましたが、素面でも同じですよ、ゼッタイ。
辻本さんに攻められながら、何度も心の中で 前原の名前を呼んじゃうところがたまらなく好きです。

でも、辻本さん自身はちょっと微妙…
前原と話してるときの辻本さんはいいんだけど、弘のこと 「別嬪さん」 て呼ぶのがイヤでした。ごめんなさい。
あ、でも、弘にじゃなくて、前原にせまるんだったらアリかも。面白いじゃん?
(★★★★☆)


ということで、ちっとも感想になっていないのですが 「許可証シリーズ」 はこれでひとまずおしまいなんですね。
でも、続編がすぐ春に発表されるようで、とっても楽しみです。
徳永くんも、細く長く活躍するように願ってやみません。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。
辻本さん、弘にちょっかいかけないなら、わりと好きなんですけどねー。
前原に迫るのは、面白いかも!
前原は1回受の立場にたったらいいよ…と、思ってしまいます。

徳永くんですか…?
彼には、特に何の感情もないまま読んでしまいました。(; ̄ー ̄川 アセアセ
次回(出るのか?)は、注目してみます。
こちらからもTBさせていただきますね。
あすた | URL | 2006/01/03/Tue 19:18[EDIT]
あけましておめでとうございます。
今回はお仕事現場が少なくて、私的にはちょっと物足りない気もしました。でも、弘の笑いにはマイッタ(^o^)パニクってひっくりかえそうか悩む図がとても大爆笑でした~
ごまくり | URL | 2006/01/03/Tue 20:34[EDIT]
>あすたさん
あすたさん、こんばんは。

>前原は1回受の立場にたったらいい
ですね。
ちょっと痛い目にあったほうがいいですよ。

徳永くんには、結構笑わせてもらったんですけど、印象薄かったですか?
たぶん、この先登場するとしても、回想シーンがいいとこじゃないでしょうか、さびしー。

トラックバック返し、どうもでした。
リリカ | URL | 2006/01/04/Wed 00:14[EDIT]
>ごまくりさん
おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします♪

ごまくりさんは、最初の頃から、仕事のシーンをすごく楽しんでらっしゃいましたもんね。
(私は、この本を見ると、ごまくりさんを思い出しますんですよー)
私は、どうも仕事の部分が苦手で、必死で食いついてたところがあったものだから…

続き、楽しみですね。
職場のみんなにカミングアウトしちゃったり…はしないかな、さすがに。
リリカ | URL | 2006/01/04/Wed 00:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。