ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『小説家は懺悔する』 の続編。
前作は私の、ベスト1 in 2005 です。
(感想はこちら


小説家は束縛する
菱沢 九月 著
徳間書店 (2005.12)




【こんな話】
律 (りつ) が脩司の家で暮らすようになって10カ月。
脩司の身の回りの世話をし、ほとんどを家の中で過ごす毎日に、幸せを感じながらもどこか不安を覚える律だった。
そんなとき、律はあるレストランで、昔の男・土屋と再会した。
土屋はそのレストランのオーナー兼シェフで、律に一緒に働かないかと声をかけてくるのだった。

【ひとこと】
前作で、脩司が小難しいことを考えていたので、また面倒なことが起きなければいいけど… と思ったら、脩司は思ったより幸せそうでした。もちろん、律も。
でも、

「幸せ、なんだろうけど」

と律は悩んでいます。
食事の支度をして、洗濯をして、買い物に行って、脩司の 「相手」 をして、それで一日が終わってよいのだろうか。
まるで、専業主婦の悩みみたい… 暇だから、いろいろ考えるようになっちゃったんだと思います。
律が男ということもあるんでしょうね、食べさせてもらっているという状況は居心地が悪いだろうし、脩司と対等でありたいと思うのは、当たり前のことです。

そこで、調理人として働けないかと、求人募集を出しているレストランを訪ねてみると、その店はなんと、律がむかし関係をもったことのある男・土屋が経営していたのです。
前作に出てきた、あの 「夜逃げの妻子持ち」 ではなくて、それよりも前の男です。

この土屋、p.65 のイラスト (高久尚子さん) を見ただけでゾクっときますね。
そして彼の口調がまた…

「コーヒーを飲みなさい。冷めてしまう。ほんの少し砂糖を入れるように」
「明日からここに来なさい… おまえもそう思うね、律」


怖いです、この何もかもわかってるような口調がとっても怖い。
律は自分のことを "流されやすい" と言っているけれど、そうでなくても この土屋にじっと見つめられたら、誰だって吸い込まれてしまいそうです。

律も、何もこの店で働かなくたっていいと思うんだけど、土屋に何度も誘われるうちに、自分が必要とされている快感に目覚めちゃったんですね。
このあたりも、とても主婦っぽい。
人間って、ずっと家にいると、外の世界からの刺激や誘惑に、とても弱くなるんだと思います (なんか 実感こもってるな、私…)

そして、律は脩司に、働きたいこと そして土屋のことを打ち明けるのですが、

律  「いい店だったけど、知り合いがいたからやめとく」
脩司 「知り合いって昔の男かなんかか?」


間髪入れずに、こう突っ込んだ脩司に少しびっくり。
律と暮らすことで、脩司もすっかり落ち着いたと思っていたのに、昔のピリピリしていた脩司がまだ残っているんだなぁ と思って。
それに、律の前では、たいしたことないような態度だったのに、そのあと親友・匡史に探りを入れてるんですよね。

ここ、匡史と弟・克己の連携プレーが、なんだかなぁ… と思ったのは私だけ?

脩司→匡史 「土屋って奴のこと 知らないか?」
匡史→克己 「なんか知ってるか?」
克己→匡史 「神経質な外科医みたいな雰囲気のサド」

へぇ、克己ってば、ちゃんと正直に教えちゃうんだーっ! て、憎たらしいようなホッとしたような気持ちになりました。
まぁ、結局はこれがこの4人の 「絆」 なのかな。
友だちや家族を通り越した存在だから、これでいいんでしょう、きっと。

最後、脩司 頑張りましたね。土屋の店に行くなんて。
初対面がアレだし、このままじゃ、土屋に負けてるって思ったのかもしれません。
土屋の対応も、大人でよかったです、とりあえず。
(★★★★☆)


匡史と克己の出番が少ないのが残念でしたが、それはイコール、もう彼らの手を煩わせなくても、脩司と律ふたりでやっていけるということなんでしょう。

それよりなにより、克己の彼女・千衛子がアタマの弱い子に思えてしかたありません。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

律が
専業主婦の悩みを抱えている所に笑いました。
女性が書く話だなぁって思って(笑)。

私も前作と共にこの話が大好きですね~!
土屋はねぇ・・・蛇だと思うんですけど。
描写にもあるけど、この人のエッチってしつこそうで嫌だ(爆)。
サドつうたって色々だけど、一番嫌なタイプのサドだわ・・・

多分、今、土屋はけっこう充実しててセッ○スの相手を探す必要があまりないのかも。
だから律に対してもあっさり引いたような気がします。
おほほ | URL | 2005/12/26/Mon 10:53[EDIT]
>おほほさん
こんにちは、おほほさん。

土屋は、本屋さんでチラっとイラストを見たときに、おお!誰! とちょっと興奮したんですけど、言葉づかいの怖ろしさにぞくっとしました。
うん、まさに蛇ですね。

>土屋はけっこう充実してて
そうですね。
律との再会は喜んでいるし、律とまた付き合い(普通のね)をもちたいと思ってはいるんでしょうけど、律をどうこうしたい!という欲情みたいなものが感じられませんでしたよね。

だから、最後まで安心できました。
たとえば、土屋が律をおさえこんでいるところに脩司が助けに入る…とかいうベタなシチュエーションがあるでしょう?
菱沢さんは、それは書かないだろうなぁって、どこか安心して読んでたような気がします。

TBありがとうございました!
リリカ | URL | 2005/12/26/Mon 18:17[EDIT]
リリカさん、こんばんは。

>自分が必要とされている快感に目覚めちゃったんですね。
>このあたりも、とても主婦っぽい。

ここ、ウケました(笑)。
確かにそうかもしれませんね。こういう感覚って主婦なのか…と酷く納得しました。
実は私は前作が苦手だったのですが、今回の方がサラッと読みやすかったような気がします。ちょっと前向きな雰囲気で。
さくら | URL | 2005/12/26/Mon 22:41[EDIT]
>さくらさん
さくらさん、こんばんは。

私は、律の主婦っぽい考えかたばかり気になってしまったんですけど、落ち着いて見直してみると、「毎日好きって言ってほしい」 というような単純なことなんだなぁと思いました。

(自分の考えを律にあてはめていたのかも? 笑)

さくらさんは、前作が苦手だったんですね。
脩司がぐちゃぐちゃと考えているところが?
それとも、律のうじうじしたところかしら?

私は、話としては前作のほうが好きなんですが、脩司に関していえば、今回のほうがよかったです。
リリカ | URL | 2005/12/28/Wed 01:42[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。