ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オビにある 「今作の主人公、馨&美雪も出演v」 というのは、ドラマCDの 「フロムイエスタデイ」 に出てるということ?
本の 『フロムイエスタデイ』 には出てこなかったですよね?
本を手放してしまったので調べられないのですが、気になるっ!


うつむく視線
高久 尚子 著
コアマガジン (2005.12)



中学校の美術教師・美雪 (よしゆき) 他人に対して心を閉ざしがち。
母親が入院している病院で知り合った 馨 (かおる) の気さくな態度にも、とまどいを隠せなかった。
しかし、馨の言葉と笑顔に何か感じるものがあったのか、美雪は思わず名前を尋ねていた。



美雪と書いて、よしゆき。今、知りました (笑)
こんな後ろ向きな性格で、よく教師になったと思います。
暗いだけでなく、とても脆い感じ。
いつも下を向いている美雪に、馨が

「顔を上げたほうが素敵だ」

と言うのですが、そのあとまるで馨の笑顔に吸い込まれるように 名前を尋ねる美雪が印象的です。
すごく幼い子どもみたいで。

馨の笑顔がまた、不思議なんです。
保育士のように屈託なく笑うときもあれば、何か意味ありげな笑顔のときもある。
そして、眼鏡をはずしたときは、かなり意地悪そうにも見えます。

このふたりを包む、オーラっていうのかな、それが、なんか息苦しいくらいなんですよね。
高久さんの描くエッチシーンは、そんなのが多いです。
読んでるこちらが、色気にやられて息が荒くなっちゃうような…。
(第2話がまさにそう)

さて、この作品で脇カプとして登場するのが、蓮見と流一。
蓮見は大学の助教授、流一は助手… だと思ったら、あれ 「無職」 って書いてありますね。
かすかな記憶をたどると、彼らはいわゆるヘタレ同士で、かなりのあまちゃんだったような気がします。

馨はもう慣れているんでしょうが、美雪はこのふたりにかなり翻弄されています。
でも、そのおかげで美雪は、ひと皮もふた皮もむけて社交的に、そして 可愛く (おかしく?・笑) なりましたね。
小さいひとコマなんですけど、剣道部の顧問になった美雪と生徒の会話があるんです。それを見て、あぁ よかったなぁって思いました。

描き下ろしの 「馨先生と美雪くん」 が…。困った人たちです。
これを読んでから、表紙カバーを取ると 非常にうさんくさい気分になります。
みなさまも、この順番でお願いします (笑)
(★★★★☆)


ドラマCDは、馨が一条さんで、美雪が笹沼さんなんですね。
一条さんは聞いてみないことにはなんとも言えないけど、笹沼さんは私のもつ美雪のイメージにぴったり。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

「フロムイエスタディ」に
出てた印象はないんですよね、私も(笑)。
しかもやはり私も本を手離・・・(爆)。
謎です。

馨はけっこう「サド」だと思うんですけど、どうですか?
美雪の実は無防備に「天然くん」な所がツボです。
高久さんのオリジナル・マンガは、物凄くムードがあってエッチ臭くて(いい意味で)大好きです。
エッチだけど、「何も考えずに男同士」ってのがなく、哀しいムードが底に漂っているのもお気に入りな理由のひとつです。
おほほ | URL | 2005/12/26/Mon 10:47[EDIT]
>おほほさん
こんにちは。

今日ね、古本屋さんで「フロムイエスタデイ」見てきました!
やっぱり、これっぽっちも登場していませんでした。よかった。
(絵柄がずいぶん若くて新鮮でした)

高久さんは、絵もストーリーも美しいですよね。
おほほさんの言う「哀しいムード」と同じだと思うのですが、はかない雰囲気が好きです。

馨は 「結構」 どころか、かなり鬼畜だと思います(笑)
美雪も天然なわりには、スキモノみたいですから、描き下ろしにあったような「ごっこ遊び」もどんどんエスカレートしていくのでしょう…
リリカ | URL | 2005/12/26/Mon 18:03[EDIT]
お久し、です~
BL本の感想を、URLのブログにてUPすることにしました!
なので、そちらに、リンクをさせて頂いています!
で、リリカさんちと同じ、FC2ですので、TB、大丈夫だと思います~
これからも、宜しくお付き合い頂けると嬉しいです~

で、この本。
笹沼晃スキーですので、私。
美雪は、フロムイエスタデイのCDには、ちゃんと出てましたよ~ 竹刀を持って。
で、フロム~の原作は読んでないんですけど、
二人、出てないんですね… 何だか、意外…

>読んでるこちらが、色気にやられて息が荒くなっちゃうような…。
ほんと、露骨過ぎるわけでもなく、かといって、隠し捲くってる訳でもなく。
確かに、色気、ありますね~
ほんと、いろんなプレイへとエスカレートしてそうですね、この二人。

笹沼好きからすると、これ、CDにして欲しいんですけど、
馨@一条さん、が微妙…
って、フロムイエスタデイに出てるんですけど、今回、キャラをしっかりと絵で見てしまったので、そのイメージからすると、一条さんの声は低過ぎるかな~、とか…

では、また、お邪魔します~
| URL | 2006/02/11/Sat 01:23[EDIT]
笹沼さん>凛さん
こんにちは。
FC2にお引っ越しされたんですね。
左の「お気に入りブログ」のところもあとで変更しておきます。

>一条さん
うんうん、なんとなくわかります。低すぎるっていうの。
でもそのドラマCDを作ったときは、まだマンガはなかったってことですよね?
あとがきに「声優さんと話してどうのこうの」とかって書いてあるのを見て、いったいどういうことなのか、頭がごちゃごちゃになってます(笑

私もドラマで聴いてみたいけど、一条さんのお声より、もっとサラっとした感じがいいかもしれませんね。でも、今更だけど…
「エロい絵じゃないのに、雰囲気がエロい」マンガだから、声からしていやらしい(褒め言葉)一条さんだと違っちゃうかなぁなんて思いました。

TBありがとうございました。
これからは心配要りませんね、よかった♪
リリカ | URL | 2006/02/13/Mon 18:57[EDIT]
初めまして♪
少し前の記事なので既にご存知かもですが、馨&美雪の登場シーンはdrapの単行本未収録部分にあったと思います。(高久先生のblogで「このエピソードはまだ単行本に収録されてないんですけど~」的な説明があった様な…です)
そこで流一は助手の契約が切れて無職に→試験を受けて小学校か中学校の美術教師になろうとして、その先生役に美雪が呼ばれていたというエピソードだった気がします。
あやふやな表現が多くて読みにくい文章ですが(^^;
かのん | URL | 2006/04/16/Sun 21:33[EDIT]
かのんさんへ
はじめまして、コメントありがとうございます。

さっそく高久さんのブログ(古いほうも)に行ってみたのですが、犬やらカメやらの写真に和んで帰ってきてしまいました。記事が見つからなかった!(笑)

でも情報ありがとうございます、スッキリしました。
またいらしてくださいね。
リリカ | URL | 2006/04/17/Mon 07:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。