ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バスローブ、カッコイイだろう?」
BLに、バスローブはつきものだけど、なかなかこうは言わない。


身代わりの恋人
火崎 勇 著
茜新社 (2006.1)


【こんな話】
よかったら俺の秘書じゃなくもっと別の…、そうだ、愛人にならないか?
派遣社員の赤羽東砂 (あずさ) は、新しい上司・岩波に、着任早々くどかれた。
最悪の事態に、憤慨 そして警戒する赤羽だったが、岩波は上司としてなら申し分のない男で、知らないうちに彼のペースに巻き込まれてしまう。
しかし、派遣期間も終わりに近づき、いざ自分の後任についての話を耳にすると、赤羽は寂しさを覚えるのだった。

【ひとこと】
安っぽい設定と思ってはいけません (笑)
私も最初は、少しそう思ったんですけど。

赤羽は、かなり自分に自信をもっています。
実際、仕事もできるんでしょう。
ただ、人付き合いは苦手なようで、それが派遣社員たる所以です。

でも、無能な上司の下で働きたくないのも、派閥に巻き込まれたくないのもよくわかりますが、ダメな上司に要領よく使われるのも 仕事のうちなのでは?
ちょっと鼻持ちならないヤツ… というのが、赤羽の第一印象でした。

そして、岩波。
この人は、うーん… 話が進んでくると、ちゃんと普通の人に見えてくるんですけど

「よかったら俺の秘書じゃなくもっと別の…、そうだ、愛人にならないか?」

これはどうしたっておかしいです (これに続くセリフが、もっと笑える)
それを平然と聞いている、第一秘書の高野も、もちろんおかしい。
まぁ、高野には別の思惑があったんですけどね。

ところで、このときの赤羽の

自分が知らない 『アイジン』 という役職がこの会社にあるのかとも思った

っていうのは、ボケ? それとも突っ込み?
こんなふうに3人のキャラが不可思議すぎて、安っぽい という先入観は、あっさりと消えてしまいました。

さて。
幸か不幸か、岩波は、このテの話によくありがちな エロ上司ではないのです。
それとなく、攻めてはきますが、赤羽がイヤがれば無理強いはしません。
赤羽も、完璧に仕事をこなす岩波のことを、嫌いになれないんですねぇ。
ずるずるとアリ地獄に落ちていくアリんこのように、どんどん岩波に惹かれていく赤羽。あっというまに
この人はそんなにおかしな人じゃないのかもしれない
なんて思うように。

しかしそんなある日、オフィスで居眠りをして少し寝ぼけていた岩波に、無理矢理キスされてしまいます。
ここ、おぉ 面白くなってきたぞ?! とは思ったんですが、そのまま最後までやっちゃうとは思いませんでしたよー (笑)
うーん、別にいいんだけど… というかこの展開でOKなんだけど… 岩波はこの状況で縛ったりしないんじゃないかと。
そこがひっかかりました。

そして、美少年・秋沙 (あいさ) の登場です。
赤羽と、顔もそっくりなら名前も似ていて。
自分はただの身代わりだったのか、と落ち込む赤羽の独白が淡々としていてとてもせつないです。

オチは、なんとなく予想ついてしまうかも。
ただ、もう出てこないと思っていた (笑) 第一秘書の高野が、乙女ちっくに絡んできたのは予想外でした。
好きよ、高野さん。

みんなで仲良し。
お子さまたちのオフィスラブ v  
(★★★+0.5)


永遠の少年 (推測) 高野さんの話が読みたいです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。