ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先月買って、とっても気に入ってる本です。
名前をよくお見かけするような気がするんですけど、これが初コミックスなんですね。


ノーカラー
夏目 イサク
新書館 (2005.11)


勉学のみに生きる大学生・坂本は、隣りの部屋に住む飯田章吉に頭を悩まされていた。
ドンチャン騒ぎはするわ、苦情を言ってもやめないわ、やたらに人なつこいわ…
しかしある日、章吉の部屋が爆発、寝泊まりする場所がなくなったと坂本の部屋に転がり込んできて…


章吉×坂本で ヘタレ×ツンデレ予備軍 という感じかな。
人付き合いもしないで本ばかり読んでいる坂本が、章吉のペースに巻き込まれて、勉強どころではなくなっていきます。
章吉に 好き と言われて、怒ったりとまどったりしてるくせに、ここぞというときには坂本が主導権を握っているのが、このマンガのいいところ。
(行動を起こすときの坂本が、カッコいい)

章吉は、カメラマンです。
ネタバレかと思ったけど、表紙でカメラもってるから書いちゃっていいですね。
もとからホモというわけではなく、スランプ状態のときに、坂本の姿に惹かれて思わずシャッターをパシャリ。
もっとお近づきになりたいと、隣りに引っ越してきたわけです。
真性ヘタレなので、この人にまかせていたら、きっとここまで漕ぎ着けることはなかったでしょう。

爽やかで楽しかった?
描き下ろしにひとコマだけ出てくる、坂本兄が最高。セリフがおかしすぎ。
(★★★★☆)


カバー裏イラストの状況やセリフを想像するとおもしろ?い。
さらに、カバーをとってもお楽しみが。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。
私も読みましたよ~。

油断して読んでると、坂本がふいに、超美人なところがあって、そのたびにドキドキ~っとして、フワフワ~でした。
って、なんか説明しにくいんですけど。

そんなわけで、感想書くのが難しかったんで、ここで、語れてよかった。(笑)

ひまわりのとこ、好きな場面なんですが、もっと、ぶわわ~っとなってたらもっと良かったな~と思いました。
いや、ほんとに、語るの難しい。

あ、「愛で痴れる~」にTBありがとうございました。
自分で、日記探せてなかったんですが、発見できました~。

でわでわ。
あすた | URL | 2005/12/10/Sat 20:45[EDIT]
>あすたさん
こんばんは~

そうそう、いきなり坂本がカッコよくてドキっとしますよね。
ずっと感想書きたかったんですけど、↑このくらいしか感想がなくて迷ってました。
あすたさんも語りにくいと知って、安心です。

>ひまわりのシーン
そうですね、もっと魅せるシーンだったらよかったかも。
でも、鳩にエサをやる後ろ姿が素敵だったからいいかな。

一度くらい、モデルになってあげればいいのにね。
リリカ | URL | 2005/12/10/Sat 22:31[EDIT]
TBさせていただきました~
リリカさんこんばんは!

私もこの漫画にメロメロです~。
坂本と飯田のテンポとか空気とか、ぜんぶ心地よかったです。

>描き下ろしにひとコマだけ出てくる、坂本兄が最高。
兄の言葉もイイですけど、冷静にツッコんでる飯田のセリフもまた可愛いじゃないですか?
あのお兄さんも、めがねとったら坂本に似たちょっぴり可愛い目つきが現れたりしないですかね~(笑)。
秋月 | URL | 2005/12/13/Tue 19:39[EDIT]
>秋月さん
こんにちは!
坂本の不意打ちのカッコよさに、たくさんの人がメロメロになってほしいですね!

>ツッコんでる飯田
ふふ、そうですね。
振り返ってみれば、坂本は飯田が騒いでいるところにクレームつけたりしてたんですもんね。
まさしく同じだ(笑)

お兄さんの「もう夜だしな」っていうのが、なぜかツボに入ってしまった私です。
飯田と坂本兄弟で、2~3回飲みにでもいけば、兄も人が変わりそうじゃないですか?
酔っぱらったら乱れそうです…?

リリカ | URL | 2005/12/14/Wed 08:44[EDIT]
はじめまして
はじめまして、「ゲイ&腐男子のBL読書ブログ」のaya-meと申します。
「my lovers@another side」さんから辿って来ました。
遅ればせながらこの作品読みましてTBさせていただきました。

言葉では言いにくいんですけど不思議な魅力に溢れてますよね!
じれったいようなくすぐったいような。
1冊まるごとこの2人の話と言うのも嬉しかったです。

これからもちょくちょく遊びに参りますのでよろしくお願いします。
それでは失礼しました~。
aya-me | URL | 2006/01/11/Wed 22:41[EDIT]
>aya-meさん
はじめまして、来てくださってありがとう。

よかったですね、この本。
挿絵のお仕事もたくさんしてらっしゃるのか、名前だけは知っていたんですが、買ってよかった~と思えるいい本でした。

私もaya-meさんのところに遊びに行かせていただきますね。
またいらしてください~
リリカ | URL | 2006/01/12/Thu 15:00[EDIT]
TBさせていただきました。
こんにちは初めまして。七生ともうします。初めてTBさせていただきました。
この作品は久々にツボにきました。少年マンガぽさの中にうまくとけ込んでるBL的要素が好きです。
また、お邪魔させていただくと思いますので、よろしくお願いします。
七生 | URL | 2006/03/10/Fri 14:46[EDIT]
>七生さん
はじめまして、コメントとトラックバックありがとうございました。

爽やかでしたね。
七生さんのおっしゃるように、少年マンガっぽいのかな?
男の子のセリフが、嘘っぽくなくて上手だなぁと思いました。
次の作品が楽しみですね。

TBさせていただきました。
あと、リンクしていただいてありがとうございます。
私もBlogPeopleのリンクに加えさせていただきました。
また遊びに行かせてください。
リリカ | URL | 2006/03/11/Sat 16:40[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。