ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『君も知らない邪恋の果てに』 『愛で痴れる夜の純情』 に続く、花降楼シリーズの3作目。
あの綺蝶と蜻蛉が、ちゃんと話に絡んでいるのが嬉しい。
特に "心の底から悪い人はいない" が信条の人には、ぜひ読んでもらいたいです (笑)


夜の帳、儚き柔肌
鈴木 あみ著
白泉社 (2005.11)



【こんな話】
忍 (しのぶ) は幼い頃、拾われてこの花降楼にやってきた。
やがて、成長した忍は、見世に出るようになったが、おとなしい顔立ちと性格のせいで、思うように客はつかなかった。
しかしある日、ひょんなことから、名家の御曹子・蘇武貴晃 (そうぶたかあき) と一夜をともにすることに。
蘇武は、決まった相手をもたないともっぱらの噂で、もう会うことはないと悲しく思っていた忍だったが、蘇武はその後も忍のところを訪れて…。

【ひとこと】
1作目は、幼なじみとの駆け落ちに失敗、その後、遊郭で再会…
2作目は、色子同士の恋。
こうして考えてみると、この3作目がいちばんオーソドックスなシンデレラストーリーです。

忍。
イラストではこんなに可愛いのに、花降楼ではからっきしです。
お客がつかないと、自分のおこづかいもなくて、食べ物が買えなかったり、身の回りのものが買えなかったりするんですが、ここで1作目2作目とこらえていた気持ちが爆発してしまいました、私。

しつこいようですが、このシリーズは 「売春防止法が廃止された現代の話」 なんです。
その設定は、まぁいいとしても、現代ならば従業員の食事事情くらいはしっかりしてると思うんですよ。

忍がひもじかったり、不自由な思いをしたりするのが、ストーリーを盛り上げるためなのはわかるんですけど、なけなしのお金で漬け物を買ったりだとか、ましてや "明日はお魚を買おう" なんて… 従業員をそんな目に合わせているお店があったら、すぐ通報されてしまうはず。

もったいないです、話はとっても面白いのに。
読んでいると、つい昔の話を読んでるような気になるんです。
でも、そのままぽわーんと雰囲気に浸っていると 「蘇武の携帯電話が鳴り出した」 なんていう文章が出てくる。
すると、えっ、携帯? あっそうか、現代の話なんだっけ… と我に返る。
これって、興醒めじゃないですか??

でもね、それを除けば、こんなに幸せ話はありません。
優しくて素敵な蘇武が、売れっ子でもなんでもない忍に目をかけて、最後には身請けもしてくれて、ふたりで幸せになる話… あまりに、オーソドックス過ぎて、他に書くこともないくらいだけど、いい気持ちで読むことができます。

こういう話につきものの、意地悪な同僚 (椿) や、イヤな客 (原) も出てきます。
ですが、最後の最後、ちょこっと名誉挽回してるんです、ふたりとも。
映画だったらホロリくるシーンです。

特に、原。
彼は、蘇武の知人で、嫉妬か嫌がらせか、金に物を言わせて 蘇武と忍の仲を邪魔するのです。
でも、口ではああ言いながら、忍のこと可愛いと思ってたんじゃないでしょうか。
なんだかかわいそうでした。

そして、もうひとつ気がかりなことが。
蘇武の誤解って、解けたのかな。
初めての夜、忍が蘇武を部屋に上げたのは、休ませてあげたかったのと、純粋に一緒にいたいと思ったからなのに、蘇武は 忍の計算ずく みたいなことを言ってたでしょう?
わかってないなぁ、そんなところ、金持ちのボンボンっぽいですよね。

綺蝶と蜻蛉の番外編は、短くてものたりませんが、すっごくラブラブです v (エッチなし)
(★★★★☆)


「小説花丸 冬の号」 の表紙が、綺蝶と蜻蛉です。
2作目がマンガ化されているようで、あんなシーンこんなシーンが樹さんの絵で見れるかと思うと、いてもたってもいられないんですが、私の住んでる市には入荷されてないような…?


1作目2作目の感想は、下のカテゴリ名「鈴木あみ」をクリックしてください。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは、リリカさん。

このシリーズ面白いんですね。
私も“花町物語”をやって、その頃この本の存在を知って興味を持ってたんですけど、まだ手を出してなかったんですよ。
読んでみようかなぁ~?
マンガ化もされてるんですね。
う~ん、読んでみたい!
あけみ | URL | 2005/12/09/Fri 10:30[EDIT]
>あけみさん
こんにちは。

「花町物語」を普通に受け入れられる人だったら、この小説もOKだと思います♪
私も、なんだかんだ文句ばっかり言ってるけど、いっぺんでシリーズのファンになっちゃいました。

マンガ、よさげですよ!(見てもないくせに)
市内には売ってないみたいなんで、ちょっと遠くの本屋さん見てこようと思います。
もしお読みになったら、感想聞かせてくださいね。
リリカ | URL | 2005/12/10/Sat 09:50[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。