ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『FLOWERS』 の感想 を書いたときに、凛さん(ブログ)と秋月さん(ブログ)に背中を押してもらったので (人のせい) 宮本佳野さんの本をドカっと購入。
人間関係のうまくいかないところ、めんどくさいところに、敢えて切り込んでくる… そんな作風に、思いっきりどんよりさせてもらっています。
癒されないけど、悪くないです、こういう気だるさ。


手をつないで、空を
宮本 佳野
ビブロス (2005.7)



スランプ中の小説家・晴也が拾った真希 (まき) は、人と接するのがヘタでいつも一人ぼっちの少年。
ほっとけなくて同居を始めるが、気付くとお互いに強く惹かれはじめ…
ところがHの免疫ゼロの真希は、晴也の想いにとまどってしまって!?
(カバー裏あらすじより)


このあらすじは、少し違うかしら。
「Hの免疫がゼロ」 だったからじゃないと思います。
ま、それはさておき。

晴也は、文学賞を獲るほどの小説家。
ただ、受賞後、なかなか次が書けなくて、今のような状態になってしまったのでした。
プレッシャーや人目を避けて、田舎暮らしをはじめるってことは、ある意味、晴也にも少なからずプライドがあったんでしょう。
自分の本心は、担当編集者の八木沢 (旧友・カラダの関係はあるけど恋人じゃない) にも話してなさそうなのに、ひょっこり出会った真希には

「みれんがましいよなァ さっさと物書きなんか 見切りつければいいのに」

って話してる。
ここの晴也が、すっごく寂しそうなんだけど、反対にこの時点で、晴也 (と真希) の運命は決まった!みたいなね、そんな気がしました。


潔癖性の真希に対しては、

「いつも 気にしてんの 大変だね」

って、相手の心に踏み込むでもなし、突き放すでもなし… で。
こんなふうには、なかなか言えないなぁと、ここは晴也というより、このセリフを書いた佳野さんに感心。


そして、真希。
真希にとって、初めて親しくつきあった人間が、晴也でした。
だから、もしかしたら 「晴也だから」 好きになったんじゃないかもしれません。他にも、同じように親切にしてくれる人がいたら、その人を好きになってたんじゃないかな、悲しいけど。

でも、スランプで心が晴れなかった晴也のような人間に出会ったからこそ、お互いに癒しあうことができたんですよね。
真希は、晴也を慰めることで、自分の存在意義を知ったのだから、これはラッキーな出会いでした。


それにしても、八木沢。
私、けっこう好きだったので、"あのシーン" は悲しかったです。
ずっと晴也のことを想ってきて、晴也も自分のことを同じように好きでいてくれてるって思ってたんでしょうね。
ふたりが電話で、謝罪しあうところは、気だるさ最高潮…
あー、これが佳野さんだ!って。


気になること。
ラスト、真希を見つめる晴也の視線、なんであんなに寂しいの?
幸せいっぱいなはずなのに…
最後のひとコマがこんなで、『FLOWERS』 同様スッキリしない私でした。
(★★★★☆)


畑の会話に大笑い。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは♪
気だるさ、って確かにそうですね。
佳野さんの絵の線が柔らかいからか、他の作品にサスペンスふうなお話があって、劇的な展開でも、温度はぬるめ、って感じがします。
佳野さんが描く、人を好きになることがそんなに一生懸命そうには見えず、気軽に恋をしてる感じの、ゲイの男の子、が私は凄く好きなんですね~

>畑の会話に大笑い。
まさしくスローライフ!ああいうかっこ、してる人近所に沢山いますよ~ でもおじさん、ですけどね。

>気になること。
私も改めて見てみたんですが。おまけの最後でしょうか。
ずっと一緒にいる、と言ってる真希を見詰める顔は確かに淋しそうですね…
やっぱり、いつかは自分のもとから真希が旅立ってしまう不安、があるのかな~、晴也には…

TBしておきました!
いろいろと、お手数お掛けしました。
これからも、宜しくお願いお付き合いください♪
| URL | 2005/12/05/Mon 15:28[EDIT]
>凛さん
こんにちは。

>気軽に恋をしてる感じの
あ、わかります。
でも、寂しがり屋だったりするんですよね。
(ここで書いちゃうとアレなんで、他の本の感想で書きます♪)

>自分のもとから真希が旅立ってしまう不安
そうか、そうなんですね… とまた暗くなる私。
でも、無責任にハッピーエンドが多いBLの中で、リアリティを追求した佳野さんの作品は、後味はもやっとしてるけど安心感もありますね。

スローライフのおっさん、というか、ただの農家のおっさんなら、うちの近所にもたくさん。
一応東京だけど、そんなところです。
うちの父もそんなカッコしてます(笑)

TBの件、ありがとうございました。
早く、凛さんのところにもTBできるようになるといいな~


リリカ | URL | 2005/12/06/Tue 02:10[EDIT]
Track Back
TB*URL

ボーイズラブトラックバックセンター
皆さんのトラバお待ちしております。  [続きを読む]
boyslove-club 2005/12/05/Mon 23:38
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。