ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとやさぐれた千秋先輩 (のだめカンタービレ) のイメージでした、晴人。


スウィート・セレナーデ
雪代 鞠絵著
幻冬舎コミックス (2005.11)

【こんな話】
音大生の晴人は、天才ピアニストとして将来を嘱望されていた。
しかし、あるピアノコンクールで、晴人は出番直前にこれを棄権、会場を抜け出してしまう。
自分のピアノになんの魅力も感じなくなっていた晴人は、スランプに陥っていたのだった。
そんなある日、晴人の前に睦月 (むつき) という少年が現れる。彼は、晴人のことを 「ユキちゃん」 と呼び、自分の恋人だといってはばからず…。

【ひとこと】
自分の存在価値を見失いかけている青年と、記憶にふたをしてしまった少年の話です。
記憶喪失とは、また違うのかな。

「ユキちゃんは、俺の恋人なんだから!」
いきなり現れた少年に、見知らぬ名前で、しかも恋人呼ばわりされ、ストーカーされて。
晴人が、いつ暴挙に出るか、ひやひやしながら見守っていましたが、晴人がピアニストで本当によかったです。
少なくとも、拳でぶん殴ったりはしないとわかったから。

とはいえ、暴力こそ振るわないものの、かなり冷たく当たってますよね。
携帯を外に放り投げたり、ドアにチェーンかけてすき間から突き飛ばしたり…
それでも、キャピキャピとつきまとう睦月は、本当なら私も、かなりうっとうしいはずなのに、なぜだか可愛くてたまりませんでした。

そして、晴人もだんだん睦月のことを、放っておけなくなってくるのです。
睦月に情が移ったこともあるけれど、睦月がこれほどまでに慕う 「ユキちゃん」 という男が気になってしかたなかったんでしょう。
外見は自分とそっくり、でも 「賢くて、親切で、完璧で…」 と睦月がベタ褒めするのを聞くのは、自分がスランプに陥ってるだけに、かなり苦しかったかもしれませんね。


(ネタバレ)

結局、ユキはもうこの世の人ではなく、1年前に交通事故でなくなっていました。
その死を認めたくなくて、睦月は偶然見つけたそっくりさんの晴人を、「ユキちゃん」 として追い回していたのです。
もしかしたら、この展開って見え見えかしら?
私も、今こうして考えてみると、そう思うんですけど、読んでいる最中は、まさかユキちゃんが死んでるなんて思ってもみなかったんですよ、不思議と。

「ユキちゃん」 の死を認めたあとの睦月が、あまりにも今までと違う様子で、悲しくなりました。
それは、晴人も同じだったようで 「普通に話せば」 って、なんだか寂しそうでしたよね。


でもこの日が、睦月と晴人の新しい出会いになりました。
睦月は、晴人と一緒に幸せになろうと決心して、そして晴人は 「ユキちゃん」 と対等 もしくはそれを越える人間になろうと決心して。
ふたりとも大きく成長したということでしょうか。

「俺は、朝倉さん (晴人) を好きになってもいい?」
ってところ、泣きそうになりませんでしたか。
よかったですね、あそこ。
(★★★★☆)


「君からピアノを取ったらいったい後に何が残るの」
教官が晴人にいうセリフです。

これを読んで思い出したのが、私のいとこ Y君。
中学時代、遅刻や宿題忘れがあんまりひどいもんで、担任の先生に サッカー部を辞めるように言われたんだそうです。
それを聞いた、サッカー部顧問の先生や Y君の両親、友だちが、担任の先生のところに駆けつけ 「Y君からサッカーを取ったら、なんにも残りません。どうか続けさせてやってください」 と直談判してくれたらしくて。
でも、当のY君は、嬉しいんだか悲しいんだか 「ちょっと落ち込んだ」 とこぼしていました。
もう、ふた昔くらい前の話です…
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんは、リリカさん。
今夜はまたまた登場しました。

夜中に更新をすると、エラー出まくりなんですが、上を見ると出来ていたようで安心しました。

たしかに『のだめ』を彷彿とさせましたね、晴人。
最新刊も、クリスマスのシーンがありましたし…。笑

>「俺は、朝倉さん (晴人) を好きになってもいい?」
私もこのシーン、やられました…。泣きました。

脇役の弟くん(瑛志)が、これまた気になった私って…。あはは…。
あけみ | URL | 2005/12/01/Thu 01:05[EDIT]
>あけみさん
こんにちは。

いいお話でしたよね。
(って、今あけみさんのブログにも書いてきたんですけど・笑)

晴人って、かなり冷たい人間だと思うんですよ。
だから、晴人が、睦月に冷たくしたあと自己嫌悪に陥るところなんて、読んでて嬉しくて嬉しくて。
知らない女の子の伴奏をしてあげたときは、晴人は自分で自分の優しさに酔ってたんじゃないかなぁって思います。
↑こんなところが、千秋先輩に似てると思った!

>瑛志
どんなところが気になりました????(笑)
ちょっと読み直してみたんですけど、彼はツンデレ候補でしょうか?
急に気になってきました(笑)

いま「えいじ」って打って変換したら「瑛治」って出たんだけど、どのBL小説の人かしら?(笑)
リリカ | URL | 2005/12/01/Thu 11:21[EDIT]
試しがてら(爆)
Firefoxで見ておりますのよ~(笑)
しかし、なんじゃこら?
コメント投稿欄の文字が薄すぎてよく見えない・・・(爆)。

雪代さんというと、私はどうしてもふわふわときらきらになってしまうのですが(笑)。
これは未読です。
今度立ち読・・・ゲフン、ゲフン・・・読んでみます♪
おほほ | URL | 2005/12/03/Sat 16:26[EDIT]
>おほほさん
わざわざすみません、ありがとうございます(笑)
実は、IEで見てる私も、薄いなぁ~って思ってるんですけど、もしかしたらみなさん思ってらっしゃるのかも。
どうしましょ。

この本、薄いので立ち読みでもいけると思いますよ♪
「ふわきら」より好きでした。
リリカ | URL | 2005/12/03/Sat 18:47[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。