ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あらすじを読んで、ひまひとつ?と思ったものの、タカツキさんのイラストに惹かれて買ってしまいました。そのタカツキさん、カバーの折り返しで 「(プラチナ文庫では) 初のシリアス」 とおっしゃってるんですが、私はどうも、これがシリアスという気がしなくて…


ラブ・シェイク
英田 サキ著
プランタン出版 (2005.11)
ISBN : 4829623063
価格 : \560


【こんな話】
バーテンダーとして働く秋良のところに、代議士である父の秘書・檜垣が訪ねてきた。大学にも行かず、親から与えられたマンションも出てしまった秋良に、檜垣は元の生活に戻るよう忠告するのだった。
しかし、秋良は2年前、檜垣にひどく傷つけられ突き放されたこともあって、どうしても素直になることができない。
ある日、売りことばに買いことば的な発言によって生じた誤解から、檜垣と寝ることになってしまい…

【ひとこと】
世の中、誰もが本当のことを話せたなら、大概のことは片付くのですけどね。
それにしても、こじれに こじれちゃったもんです。

すべては2年前、檜垣が秋良を突き放したことから始まりました。
なぜそんなことをしたのか? 簡単なことです。
ひとまわりも年下の秋良によからぬ感情を抱いていた檜垣は、このままでは秋良に手を出してしまうのも時間の問題と、これ以上 自分に近寄らないよう、徹底的に秋良を傷つけたのでした。

もう、ここで道を誤ってます、檜垣。
だって、それは檜垣の都合でしょう? 自分の勝手な都合で、好きな相手を傷つけて 自分はラクになろうなんて、そんなのって。
まぁ、ラクにはなれなかったみたいだから、少しは同情するけど。

秋良も檜垣も、似た者同士なんですよね。考え方も言うことも、すごく似てる。
マイナス思考のくせに意地っ張りで、素直じゃない。
ふたりの意地っ張り具合は、灰原店長をめぐる攻防で、充分すぎるほど堪能しました (笑)

(ちょこっと解説)
実際は両想いの秋良と檜垣が、好きでもない灰原を賭けて、カラダの関係をもつんですが、ここのふたりのやり取りがあまりにバカバカしくて… もしかしてココ、泣くところ? 私は、笑いっぱなしでした。
いちばん面白かったのは、秋良も檜垣も、お互いをオカズにひとりエッチしていたこと。
どちらかが目撃しちゃってたらよかったのにね。そしたら、とっくに幸せになれていたのに。


終盤、秋良がちょこっと危険な目にあうんですが、このあたり英田先生お得意のシーンって感じですね。
そしてまた、突っ走る檜垣が (本当はカッコいいはずなのに) ちょこっとおかしいです、ごめんなさい。
でも、秋良はとってもかわいそうです。秋良が、2年前のことをこんなに引きずっていたなんて、すごくびっくりしました。びくっ!としたくらい。
暴走する檜垣に笑っていなければ、きっと泣いてました。

そこから先のふたりは、もう勝手にやってくださいという雰囲気で、甘いんだかバカップルなんだか…

檜垣 「不謹慎じゃない恋なんて ないんですから」

そこ、自分を基準にしない!>檜垣
(★★★+0.5)


ああ、灰原店長&オーナーの加瀬のことが書けなかった…
元ピアニストと極道のカプです。
灰原は、ちょっと変人ですね。私は、今のところ苦手です (笑)
加瀬は、最初のほうセリフが少なくて、頭が悪そうだなと思ったんですけど、なんのなんの。
後半は、カッコいいやら可愛いやら。大好きになりました。

そうだ!
あすたさんが書いてらした、最後の2行のことも書かなくちゃ。
2行どころか、その前のページで既に恥ずかしくてくねくねしていた私です。
英田先生、狙ったのかしら?(何を)
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。TBありがとうございました。

>2行どころか、その前のページで既に恥ずかしくてくねくねしていた私です。
英田先生、狙ったのかしら?(何を)

リリカさんの感想のこの部分が面白すぎて、なんかもう1冊、この本買いたくなりましたよ!!
きっとこれを狙ったんですよ!(?)

加瀬、いいですよね。
いい男ですよね。
あすた | URL | 2005/11/22/Tue 22:32[EDIT]
>あすたさん
ごめんなさい~
お返事が遅れちゃって。

今日もちょこっと読み直してみたんですけど、いちばん恥ずかしいのは最後のほうの灰原ですね!
カクテルの説明するところなんて…

作品としては、そんなにオススメじゃないけど、みんなに読んでほしいのはなぜだろう。
そんな本でした。

あすたさんは、お店のポップとか書いたりするんですか?(BLコーナーの)
リリカ | URL | 2005/11/25/Fri 19:00[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。