ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『龍を飼う男』 のリンク作品。刊行されたのは、こちらが先ですが 『龍を…』 の2年後のお話だそうです。
あのティエンが、ずいぶん丸くなってます。あ、体型じゃなくてね…


駆け引きはベッドの上で
ふゆの 仁子著
竹書房 (2005.6)
ISBN : 4812421527
価格 : \600


【こんな話】
仕事にも、恋人にも見放された遊佐奈央 (ゆさ なお) は、傷心旅行でラスベガスを訪れていた。
初めてのカジノで大当たり、豪遊していたところ、ヨシュアという日系人が賭けを持ちかけてきた。
「君自身を賭けてもらいたい」
なかば自虐的に受けてたった賭けに、遊佐は負け、ヨシュアとともにホテルの部屋へ向かうのだった。

【ひとこと】
ゴージャスなセックスシーンに目がくらみ、本筋を見落とすところでした。
国際ビジネスの第一線で活躍する男達の物語と思いきや、なんのことはない、かわいらしい純愛ストーリーです。

『龍を飼う男』 を読んで気になっていたヨシュア。
カジノシーンの芝居がかった言動に、クラっときました。
賭けの最中に、ヨシュアが遊佐の頬にキスするところがあるんですが、くぅ? カッコいい! 映画みたい!
(ヨシュアのキスって、ぶちゅ?って感じですよねぇ…)


ヨシュアは、いわば 「遊佐くんを救う会」 会長ってところでしょうか。

(ちょこっと解説)
遊佐は、大手スーパーの幹部候補でした。
アメリカ最大手スーパーのウェルネスマートと提携するべく交渉を進め、もう一息のところだったのを、会社の急な方針変更で別の企業と手を結ぶことになってしまったのです。
さらに、会社から背任の容疑をかけられ、リストラ対象になり、さらに彼女にふられ…


そんなお先真っ暗の遊佐に、手を差し伸べてくれたのは、他でもないそのウェルネスだったわけです。
ヨシュアはもちろん、ウェルネスには遊佐の信奉者がたくさんいるようで、あのティエンがなにげなくそのメンバーに混ざっていたのには笑いました。
遊佐はきっと、仕事もできて、人当たりもよい、いい人なんでしょうね。
ヨシュアも含めて、「救う会」 (笑) のメンバーは、今回が遊佐との初対面だったのに、みんな遊佐にこんなにあったかいんだから。

ただ、気になるのは、どうしてヨシュアは遊佐にこんな意地悪な真似をしたんでしょう。
最初から、身体を賭けて勝負しようと思っていたとは考えにくいでしょう?
どうなんだろう、遊佐の可愛さに嗜虐心をかき立てられたとか…?
ここのあたりが引っかかりますが、ヨシュアが遊佐のこと大好きになっちゃった気持ちが愛らしいのでOKです。

それにしても、ゴージャス。
札束の上でセックス…。「エッチ」 だの 「エロ」 だのという俗っぽい言葉を使うのをためらうほどです。これだけ濃いのに、下卑た雰囲気にならないのは、ふゆの先生のなせる技かしら。

奈良さんの絵も素晴らしいです。
私は、p.107のイラストが好き。ヨシュアが遊佐の手をとり、自分の唇にあてているところです。お持ちでない方、本屋さんへ Go!
あと、p.213も。遊佐がヨシュアのこと、後ろからそっとぎゅっと抱いてるの。ここも Go!

多分ね、遊佐は普通の日本人だったはずなんです、ヨシュアに会うまでは。
でも、最後のほうは、すっかり感化されちゃったのか、ちょっと嘘っぽくなってます、面白い。
(★★★★☆)

続編が決まっているそうです。
遊佐とヨシュア、それにティエンと高柳の4人で、日本を訪ねるなんてのも面白そう。
そして、上杉はさらし首に処す! 許さん!
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは。
私はこっちを先に読んで、まだ感想を書いてないんですがあとから「龍を飼う男」を読んでびっくりしましたよ。

ティ、ティエンってあのティエン!? と(笑)

おかげで間違って買ったのかと、こっちを読み返してしまいました。
本当に丸くなりましたよね。
なんで丸くなったのかも見てみたいなと思ってます!

奈良さんの絵もいいですよね!
私はイラスト買いしたんですが、内容も面白く、ちとはまりました(笑)

続きも楽しみですね♪

では。
さくら@腐女子の~オタク感想文 | URL | 2005/11/08/Tue 15:48[EDIT]
こんばんはリリカさん
ティエンの丸まりぶりは私も驚きでした、というか先にこっちを読んでいたので「龍を飼う男」のティエンととても同一人物とは思えなかったです。

>p.213も。遊佐がヨシュアのこと、後ろからそっとぎゅっと抱いてるの。ここも Go!

そうそう、私もここ好きですよ~なんかすごく良いですよね
奈良さんのイラストで素敵さ倍増って感じで。

龍を~もそうでしたが、こちらもやはりまた読み進めていく内に攻め男君がかわいく見えちゃうところがたまりませんです(笑)
コメント&TBありがとうございました。
Jura | URL | 2005/11/08/Tue 22:30[EDIT]
TB返し参上で御座います。<(_ _)>しゅたッ!!
お邪魔しまーす。shiteでーす!!
TBありがとうございました。(^∀^)ノ

札束ベットにBLドリームを感じ。舞台ゼリフのような攻め言葉の嵐に、目眩を感じ。(笑)親友とか名乗る男に憤慨しまくるとゆう…個人的に色々あり過ぎました。この話。(笑)

P.S ティエンここではめちゃくちゃシオらしく働いてますよね。フフフ。

TB返し参上で御座います。では。<(_ _)>しゅたッ!!
shite | URL | 2005/11/09/Wed 13:23[EDIT]
さくらさん・Juraさん・shiteさん
◆さくらさん
ティエンに的をしぼるなら、先に「龍」を読んだほうが面白いですよね。
なんで丸くなったかは、やっぱり高柳と楽しくやってるからじゃないですか、ね?

だから、続編はヨシュア&遊佐とティエン&高柳、両カップルのその後を書いてくれると嬉しいですよね~。
ハガキ出しましょう(笑)
イラストも奈良さん続投でしょうし、こちらも楽しみです。

どうもありがとうございました。


◆Juraさん
>丸まるぶり
あんなふうにバカ笑いする人じゃなかったですもんねー。
高柳も、少しは明るい人間になってるでしょうか。

ラヴァーズ文庫って、オビもプラスチックみたいな紙で、それだけでちょっと豪華な感じなのに、この奈良さんのイラストのインパクトってすごいですよね。
ひとり暮らしだったら、ちょっと飾ってみたい感じです。

あと、関係ないんですけど、英田さんのノベルスの感想、楽しみにしてます(笑)
買おうかどうか、ちょっと迷ってるんです~


◆shiteさん
夕べ、shiteさんのところ書き込めなかったんです。
いきなりTBしてごめんなさい。

>舞台ゼリフ
ね、ね、カッコよかったですよね。
だんだんそれが、遊佐に伝染していくのがまたよかったです(^^)

でも、遊佐がリストラされたときの退職金って、すごいですね。
で、ひとりでラスベガスに来ちゃうのも、なんか単純でかわいくないですか♪

ではまた。
リリカ | URL | 2005/11/09/Wed 17:39[EDIT]
こんばんは
英田さんの「花嫁の~」はまだちょろっとしか読んでないので、気になってはいるのですが…

じゃ次これ行きますか(笑)

「花嫁の~」は英田さん初の重版本みたいですね、「エス」でさえ重版されなかったらしいのでそれだけ英田さんの人気が出てきたって事なのかしらね?

Jura | URL | 2005/11/10/Thu 19:45[EDIT]
>Juraさん
こんにちは。

>重版
へぇ、そうなんですか。
大衆向け(笑)じゃないような気がしたんですけど、売れっ子さんになるとそんなもんなのかしら。

今月もまた出るんですね、新刊。
たくさん出すとろくなことがないような気がするのは私だけかしら。
Juraさんは、英田さんのこと、よく知ってらっしゃるから、よけいにそんなふうに思うことないですか?
リリカ | URL | 2005/11/11/Fri 18:26[EDIT]
>たくさん出すとろくなことがないような気がするのは私だけかしら。

そういうのって確かにありますよね、特に商業に行くと自分の本当に書きたいものを書けなくなったりとかしそう
Jura | URL | 2005/11/12/Sat 21:04[EDIT]
>Juraさん
こんにちは。

>書きたいものを書けなくなったり
同人誌やサイトに発表するだけなら、ガーっと書いて勢いで載せることもできるけど、何人もの人にチェック入れられたり直されたりするうちに、違うものになっちゃったりしそうですよね。
リリカ | URL | 2005/11/15/Tue 15:58[EDIT]
こんばんは、リリカさん。

私もやっと読みました。
仕事の出来る男たちがたくさん出てきて、楽しく読めました。
奈央に惚れちゃってるヨシュアがかわいかったです。
イラストも相まって、本当にゴージャスなお話でしたね。
あけみ | URL | 2005/11/27/Sun 00:29[EDIT]
>あけみさん
こんにちは、あけみさん。

ヨシュア、自分ではカッコよくきめてるつもりなんでしょうね。
でも実際は…

奈良さんのイラスト、本当に素敵でした。
札束まみれを、あんなふうに描けるイラストレーターさんは少ないんじゃないでしょうか。

コメントありがとうございました。
リリカ | URL | 2005/11/27/Sun 21:25[EDIT]
Track Back
TB*URL

駆け引きはベットの上で/ふゆの仁子/ラバーズ文庫/竹書房
shite blog 2005/11/09/Wed 13:08
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。