ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表も裏も、表紙のイラストが妖しい雰囲気です。
タイトルもこんな感じなので、思い違いをされてるかたもいらっしゃるかも。実は、中身のイメージとは少し違うのです。
収録3作品の共通テーマは 「幸せ再発見!」 かな。


恋と罠
山本 小鉄子
大洋図書 (2005.11)
ISBN : 4813050182
価格 : \630



■恋と罠・恋と蜜・恋とムチ・(番外)相原家へ行こう
3部作です。
小さい頃からいじめられがちだった真紀 (まさき・高2) は、強い奴を味方につける術を身につけていました。
相手に身体を与え、その代わりに自分を守ってもらう、それが真紀のやり方でした。
これをこのマンガでは 「力を持っている相手に罠をはる」 と表現しています。

現在、真紀を守ってくれているのは、お偉いさんの息子・里山。
確かに、真紀は里山に媚びを売ったりはしていません。里山のほうから真紀に手を出すように、し向けたんだと思います。
これぞまさしく 「罠」 なわけです。
真紀を子分扱いしている里山のほうが、実は真紀にハメられているのです。
最初、「罠をはる」 という表現が、どうもピンと来なかったんですが、なるほどしっくりきました。

そんなある日、真紀が、クラスメイトの相原に恋をします。
里山とは違い、真紀は本気で相原を好きになります。

でも、心にも身体にも今までの習慣が染みついてしまっていたんでしょうね、相原にも "自分の身体を好きにしていい" というようなことを言ってしまうんです。
そこで相原がキツくつっぱねたことで、真紀の目が覚めます。
ここがね、とてもよいです。胸がこう、きゅ?っとなる感じで。

目が覚めたはずの真紀ですが、人肌が恋しいのか、相原との (身体の) 関係を焦ってしまいます。心だけの繋がりでは、まだ安心できなかったんだと思います。
でも、相原はホイホイと抱いたりせずに、真紀がリハビリを終えるのを待つんです。だからといって、相原は講釈を垂れたりはしません。いたって自然でぶっきらぼう。

キスならたくさんしてます。もう、青少年はキスだけでいいじゃん! って思ってしまう熱いキスシーンがいくつも。
こっちまで気持ちがよくなってきます (危)
なんだか話がそれました。


■LOVE BLOOD
短編。
家出少年が、ガクという青年に拾われその自宅にお邪魔することになります。
すると、ガクのお母さんは男でした… (笑) あ、お父さんも、もちろん男。
そのまま少年は、ガクの家にお泊まりするのですが、隣りの部屋で "ガクのご両親" がコトに及んじゃって…
とまどう少年に、ガクは
耳栓いらねーか」
って聞くんですけど、えへへ、耳栓ってな?んだ? (教えない (^^)


■花咲ける僕たち
好きで好きでたまりません、この話。
春さん (店長・28) と良さん (23) が働く花屋さんに、新しく大志 (たかし・18) が仲間入り。店長の春さんのスカウトです。
といっても、大志が良さんのファンで、店を覗き見していたところを呼び止められたというだけですが。
三角関係じゃないんです。こういうの、なんて呼ぶの? T字関係? (たぶん違う)

カッコいい春さん、キレイな良さん、かわいい大志、本当に素敵な花屋さんです。
特に、春さんがたまりません、春さんのキスが… (またキスか)
これは、続きも描いてくださるそうで、もう待ちきれません。
(★★★★☆)


このコミックスと同時に 『晴れてボクたちは』 も発売されました。
外国にいる幼なじみが帰国、同居することになるお話で、こちらはやや焦れったいです、でも爽やか。
この2冊のオビについている応募券を送ると、小冊子がもらえるのですが、そのオビがまた楽しいです。

こっちもおすすめ
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

ソレでイイと思います。バッチリです。
コメント&TB有り難う御座いました。m(_ _)m
shiteで御座います。

>>そこで相原がキツくつっぱねたことで、真紀の目が覚めます。
ここがね、とてもよいです。胸がこう、きゅ~っとなる感じで。

真紀の、焦り故の空回りが伝わってきましたよねぇ。

>>三角関係じゃないんです。こういうの、なんて呼ぶの? T字関係?

(笑)ソレでイイと思います。バッチリです。

ワタクシ何だか気分は、もう甘酸っぱい春。でしたよ。2冊ガツンと出されると、ついつい買っちゃいますよね。(←弱ッ)ホワホワした感じで楽しかったです。

ではでは、お邪魔しました~!!
shite | URL | 2005/11/08/Tue 12:48[EDIT]
>shiteさん
こっちにコメントするの忘れてました、見てくださってますか?

これ、全編にわたって胸キュン、まさに甘酸っぱい春でしたね。
読んでいて、先が楽しみでしょうがないというか。

お花屋さんの続きが、とにかく楽しみで!
でも、HertZって、本屋さんで売ってるの見たことないかもしれません、私(笑)

ではでは♪
リリカ | URL | 2005/11/10/Thu 00:40[EDIT]
こんばんは~
これ、私も読みました!
表紙とかの妖しげというか、エロそうな雰囲気と、中身、
がえらく違いますね、ほんとに。

>青少年はキスだけでいいじゃん!
ほんっと、この作品。
絡んでない割りに、キスシーンが多かったですね~
それも、何だか、年齢の割りに、えろいというか…
キスだけで、お腹一杯になれそうでした~

LOVE BLOODの未来。
天然パーマで黒髪、というと、私は、「風と木の詩」のセルジュ、を思い出します~
”萩尾さんのジェルミ”とあとがきで書かれてたんですけど、私、それわからなくって。リリカさん、何の作品か、わかります?

ではでは、また、お邪魔します~
| URL | 2006/01/22/Sun 18:30[EDIT]
>凛さん
こんばんは。

表紙で躊躇されてる方がいらっしゃったら、もったいないなぁって思います。
でも、エロティックな雰囲気もいっぱいで、おっしゃるとおりお腹いっぱい胸いっぱい…という感じでしたね。

>ジェルミ
「残酷な神が支配する」ってマンガ、ご存知ですか?
つい最近まで続いてて… と思って調べてみたら、もう5年くらい前に終わってた(笑)

ちょっと読むのが苦しい作品ですけど、文庫にもなってます。
ただ長いです…

TBありがとうございました。
凛さんは、いつも私の古い記事を拾ってくださって、とっても嬉しいです。
ありがとう。
リリカ | URL | 2006/01/22/Sun 19:39[EDIT]
残酷な~
あ~~~、持ってました、残酷な神が支配する。
文庫の方を、3巻まで。
リサイクルで、見付けた時は、10巻だか、11巻だか、全部あったんですけど、
とりあえず、3巻まで、買って。
久しぶりに行ったら、なくなってました~
立ち読みしてると、立ってられないくらい、何だか衝撃的だったので、買ったんですよね…
でも、結局、読んで無くって…
すっかり、忘れてました…

逆に、古い記事ばっかりで、申し訳ないかな~
とか、思ってるんです。
新刊って、ほっとんど買うことがないので、
リサイクルで見つけては買っていると、早くても、2ヶ月とか、経ってますから。
でも、リリカさんにそう言っていただけると、これからも、安心して、TBしますよ~
また、共通する作品に巡り合えたら、お邪魔します♪

こちらこそ、いつも、有難うございます!
| URL | 2006/01/22/Sun 21:49[EDIT]
>凛さん
こんばんは、凛さん。

あんまり、古本古本って書いたらいけないのかもしれませんが、私もよく利用します。特にコミックスは。
私が利用するお店は、けっこうBLの新刊も並ぶので、重宝しているんですよ~

>残酷な神が…
このマンガは長く続きそうだなと思うと、最近はテンションが下がってしまって…
たとえば、今から20巻30巻出るんだと思うと、完結するころに私は何歳なんだろうとか思ったりして(笑)

これからもどうぞよろしくお願いします。
リリカ | URL | 2006/01/24/Tue 01:34[EDIT]
Track Back
TB*URL

-
管理人の承認後に表示されます [続きを読む]
2005/11/08/Tue 12:35
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。