ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「本気」 と書いて "マジ" (特に意味なし)

捨て子系愛好家のみなさん、こんにちは。もはや、捨て子系でもなんでもないのですが "愛とバクダン" シリーズの2作目です。
雑誌に前編が掲載されたときは、ショックで一度には読めなかったこの話。
手に汗握る とは、こういうこと。
(1作目のあらすじ&感想はこちら


傷だらけの天使ども
中原一也 著
二見書房 (2005.11)
ISBN : 4576051687
価格 : \600


【こんな話】
謙二朗が探偵・竜崎の助手兼恋人になって1年。
あの謙二朗に、友達ができた。
バイクが縁で知り合ったという崇 (たかし) は、謙二朗と同じトシの無邪気な青年だった。
しかしある日、崇が何者かに襲われる。聞けば、会社の裏金を持ち逃げしているらしいのだが、どうもタダの裏金ではないようで…

【ひとこと】
「お前、ぼろぼろだな」

本当に。
竜崎も謙二朗もぼろぼろになりました。
謙二朗の友達・崇が、会社から持ち逃げした1千万は、ずいぶんとやばいお金でした。
そのせいで、ヤクザの城ヶ崎に狙われることになった竜崎たち。

まず、竜崎がボコボコに。
主人公が死ぬとは思わないけれど、予想以上にやられて私は大ショック。
それでも、ボロきれのようになった竜崎が謙二朗に欲情し、立ったままコトに及んでしまうのを見て、おぉ さすが竜崎! とホッとして惚れ直したのです。なのに…

今度は謙二朗が捕まってしまいます。
前に書いたことがあるかしら、私、殴るのってダメなんです。斬り捨てるのも、撃ち殺すのもぜんぜん平気なんですが、殴られるのを見るのはとにかく苦手。
謙二朗が、死ぬ一歩手前まで殴られ、薬を打たれ続ける姿に、1回目はもうギブアップで、ちょっと時間を置いてからまた読みました。
謙二朗に薬はもうダメなのに…。

前作を読んだとき、特になんとも思わなかったオリーヴ (いわゆる "オカマちゃん" 風のホモ) 。
でも、この話を読んで、もう大好きに。
優しくて、強くて、頼りになるったら。
そのオリーヴと、そして崇とみんなで力を合わせて、謙二朗を無事奪還するのですが、ここのイラストがちょっと笑えます。
だって、これオリーヴさんなんだよね? (笑)

でも、まだまだ修羅場は続きます。
薬がキレて錯乱し、竜崎にしなだれかかり、カラダと引き替えに薬を要求する謙二朗に、またしても大ショック… (案外弱い>私)
まぁ、ちょっと面白かったりもするんだけどね。

幸い、薬が抜けるまでのつらい日々は、それ以上詳しくは書かれていません。
ただ、謙二朗ひとりが苦しむのではなく、竜崎も一緒に血を吐くような思いをして、一緒に乗り越えている様子はしっかりと。
竜崎がいれば、もう何があっても、ゼッタイ大丈夫なんですね。

そして、6日間の悪夢から覚めた謙二朗に、竜崎のかけた言葉が、最初にも書いた
「お前、ぼろぼろだな」 です。
(捨て子フリークのみなさん、酔いしれてください)

しかし…、幸せな日々は長く続きません。今度は、竜崎が…。
このあたり、ちょっと竜崎が弱気になるでしょ。こんな竜崎、はじめてで可愛かったなぁ。

山小屋のおじさんに、恋人に会いたいか? って聞かれて
「ああ、会いたいねぇ」 って、バーボンをあおるんです。バーボンだよ?
大人の男の魅力っていうのかしら、カッコいいです。
このセリフ、謙二朗に聞かせてあげたかった。そう思いませんか?

ラスト。
わざわざ "ラブホテル" なのが、面白かったです。
謙二朗は、自分なりの 「愛のかたち」 を示したかったのよね、かわいい。
そして、竜崎はやっぱり素敵だ。


■台風、再び
7年後の書き下ろしです。竜崎も四十路に。
そして、アイツが帰ってきます。耕太 RETURNS!
耕太には悪いけど、謙二朗と竜崎の間に、アンタの入るすき間はこれっぽっちもありません!

こ 「そんなに……竜崎さんが好きなの?」
け 「なんでだろうな」


ここのイラストが、もう見とれちゃうほどいいです (ill. 水貴はすのさん)
謙二朗の顔が、優しいったら。
心の底から、竜崎のこと好きなんだね。
(★★★★+0.5)


次の Charade (1月号?) に 『KYOUHAN ?共犯?』 の続編が載るみたいで、嬉しい。
…って、どんな話か忘れちゃったけど (笑)
感想は一応こちらに書いてあるのです
よろしければ、読んでね。

和!

この表紙はよかった
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

愛バクの2巻出たんですね!しかも私の大大スキなKYOUHANの続編掲載!?(ということは、将来こちらも2巻がでるかも)久々にシャレード買おうかな~♪。
アラスカ | URL | 2005/11/03/Thu 07:56[EDIT]
>アラスカさん
こんにちは、アラスカさん。

愛バク(と略すんですね)のほうは、これで一段落かなという感じです。
感想、楽しみにしています。

私も『KYOUHAN』を読み直して準備しないと。
リリカ | URL | 2005/11/03/Thu 17:22[EDIT]
今日、買って来ました。
リリカさんの感想を読んで謙二朗の痛々しい様子すにちょっとビビリぎみ。
心して読まねば。
keito | URL | 2005/11/04/Fri 21:48[EDIT]
捨て子愛好家・・・すごいですね(笑)

今回は、いえ今回も謙二朗はいたぶられてましたよねー。
でもかわいい所がいくつもあってよかったです。
私の謙二朗ベストシーンは、山小屋で再会したときに右ストレートを竜崎に叩き込む所です。
愛をひしひしと感じました~。

TBさせていただきますね。
それではまた。
アキ | URL | 2005/11/05/Sat 00:37[EDIT]
>keitoさん
keitoさん、こんにちは。

どうだろう、keitoさんがぜんぜん平気だったらごめんなさい。
でも、これまでの謙二朗を知ってる人だったら、やっぱり心が痛むと思います。

また感想聞かせてくださいね。
リリカ | URL | 2005/11/05/Sat 09:47[EDIT]
>アキさん
アキさん、こんばんは。

>右ストレート
うしろに崇がいるのに、なりふりかまわずでしたね。

今回は、ふたりとも素直になってくれてホッとしました。
でも、謙二朗のお兄ちゃんがぜんぜん出てこなくて寂しかったですよね。
まぁ、弟がこんな目にあってるのを知ったら、もう大変だったでしょうけれど。

TB送らせていただきました。
いつもありがとうございます。
リリカ | URL | 2005/11/05/Sat 09:51[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。