ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥様は17歳。


新妻 ふわふわ日記
雪代 鞠絵 著
リーフ出版 (2005.5)
ISBN : 4434058444
価格 : \893


【こんな話】
真尋は新妻。
大学教授の祐一郎と、幸せいっぱいの結婚生活を送っていた。
そんなある日、祐一郎に浮気の疑惑が…。
(ごめん、すっごく短い)

【ひとこと】
なんだかやたらに恥ずかしくて、最後まで読めないんじゃないかと思うほどでしたが、意外や意外、後半はツボでした?。

「俺たち、男同士だけど、カタチだけでも夫婦になろう」 といった話は、少なくありません。
でも、こんなまことしやかに "奥さん" してるのって、なかなかないじゃないですか。

「ご飯? それともお風呂?」
「たまにはうちの奥さんとゆっくり過ごしたい」

うわーっ、こんな会話… (照)
ダンナさまは素敵だし、奥さんはかわいいし (男だけどね) で、いうことなしなんだけど、とにかく恥ずかしくてどうしましょう!
これはいったいどーいう小説なんだろう、このまま読んでいても大丈夫なのか、と戸惑っているうちに なんと 「裸エプロン」 まで登場しちゃって (本を買う前に口絵でも見たけど) もう助けて?、という感じでした。
しかし…

(ネタバレ)
実は、真尋ちゃんは、いいとこのお坊ちゃまでした。
大企業・小泉グループの後継者、4人兄弟の末っ子が真尋だったのです。
3人の兄は、真尋を溺愛。
祐一郎との生活を、朝から晩まで監視していたらしく、祐一郎の浮気に涙している真尋を見て、実家へ連れ戻してしまいます。 (というか拉致)

男4人兄弟! ここ、もっと読みたかったです。私的にステキな設定なので…
だけど、この3人の兄ときたら、性格は激しいし、思想もかなり偏ってるしで、萌えを見つけるどころではありませんでした。
(この3人を、真人間へと変身させる小説は、書いてくださらないんでしょうか)

それにしても、こんな兄たちに囲まれて、どうして真尋はあんないい子に育ったのか、不思議ですね。

育った環境や、世間知らずな面が、真尋を素直で従順な新妻にしていたのだとわかれば、もう恥ずかしくありません。
言われるがまま、裸エプロンしちゃったのも、これでつじつまがあってひと安心。
祐一郎に見つかって、裸エプロンのまま四つんばいで逃げるところが可愛いくてお気に入り。

真尋の素性を知ったうえで、奥さんとして一緒に暮らそうと提案した祐一郎も、いい人っていうかわからない人っていうか。
若いのに古くさいと思えば、案外エッチはしつこかったり… (笑)

「おはよう」 「いただきます」 「おやすみなさい」 のある、普通の生活に憧れていた真尋ちゃん。
祐一郎との生活が、果たして普通なのかどうか、悩むところです。

…って、こんなふうに真面目に語るような小説ではないのかもね。
楽しく読みました。
(★★★☆☆)


ブロッコリーとゆで卵の胡麻和えって、おいしいかな。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

続編待ってます(笑)
こんばんは。ハッカです。
ふわふわ日記、確かに読んでいる方が恥ずかしいほどの甘さですよね~。
新妻で幼妻なもんだからエロも恥ずかしさ倍増でした。
にもかかわらず、あの幸せいっぱいの家庭の雰囲気に癒される私って・・・。
かなり羨ましいです。あの暖かさ。

三兄弟(だんご・・・?)。もちろん大注目ですよね。
彼らは続編でかなりお楽しみ要素がプラスされてると思うんですよ!
なので、ぜひリリカさんの続編感想を見たいです<リクエスト/笑
HACCA | URL | 2005/10/31/Mon 02:55[EDIT]
こんにちは。
TBありがとうございました。

>ブロッコリーとゆで卵の胡麻和えって、おいしいかな。

さすが天才だけあって(?)真尋の料理は、全部おいしそうですよね。
品数も多い。
あすた | URL | 2005/10/31/Mon 10:22[EDIT]
>ハッカさん
ハッカさんのところ、夕べしつこくTB送らせていただいたのですが、反映されなかったんです。
またあとでやってみます、送れるといいな。

>幼妻
新妻よりも、もっと恥ずかしい言葉ですよね、これ。
昔のポルノ映画のタイトルのような…(笑)
BLを初めて読んだような初々しい気分になりました。

>3兄弟
あ、続編で活躍ですか?
実は一緒に買ったんですよ。
さっそく読まなくちゃいけませんね。

さっきチラっと覗いたら、祐一郎さんが布団に寝てたので、真尋の看病ネタもちょっと楽しみです。
(って、全然違ったりして)

それでは2~3日お待ちください(笑)
リリカ | URL | 2005/10/31/Mon 11:17[EDIT]
>あすたさん
あすたさんのところも、ハッカさんところと同様、夕べちっとも書き込めなくて帰ってきちゃいました。
ごめんなさい。
ライブドアのブログ、最近はやくなったなぁと思ったんだけど。

真尋の奥さんぶりに、「ああ、奥さんって働くのが仕事なんだ…」と久しぶりに思い出しました(笑)
ちょっと心入れ替えようと思ったところです(^^)
リリカ | URL | 2005/10/31/Mon 11:21[EDIT]
こんにちは。
TBありがとうございます。
こちらからもTBさせていただきました。

確かに真尋の働きっぷりを見てると、耳(目?)が痛くなりますです。
この間、旦那に鬼嫁って言われた私の立場は・・・(v_v)

続編はお姑さんものでしたよ~。
しかも、かなりイジワル・・・昼ドラのようだ・・・・・・。

では、また!
櫻井サクラ | URL | 2005/10/31/Mon 13:36[EDIT]
>櫻井サクラさん
こんにちは。

「鬼嫁」って… ホントに言われちゃったんですか!
でもダンナさまに言われたのなら、愛情半分って感じでしょうか?

「きらきら」読み始めましたよ~
出てきました出てきました、おかあさん(笑)
リリカ | URL | 2005/11/01/Tue 00:10[EDIT]
はじめまして
こんにちは!また遊びに来ますね。
ゲストさん | URL | 2008/11/17/Mon 14:56[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。