ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古本屋さんで火崎本がセットになっていたので、どーんと購入。
古い作品が多いのですが、最近は復刊ブーム、私が買ったとたん復刊しそうでイヤな予感がしてます。


最後の純愛
火崎 勇著
徳間書店 (2005.9)
ISBN : 4199003649
価格 : \540


【こんな話】
フリーライターの巨摩は、サラリーマンの芝とルームシェアをしていた。穏やかな芝は、巨摩にとって理想の相手。
このまま心地よい共同生活を続けていきたい ─。
ところが、芝に想いを寄せる同僚が現れ、 「芝を好きじゃないなら同居を解消しろ」 と迫られてしまう!!
敢えて封印していた欲望を自覚した巨摩は、ある晩思わず芝をきつく抱いてしまい…!?
(カバー裏より)

【ひとこと】
↑あらすじの最後 "抱いてしまい" ってなってるけれど、実際はただの抱擁です。
どっちの 「抱く」 にとらえるかによって、ニュアンスが違ってきちゃいますよね。
これだとなんだか、巨摩が 節操ない攻め みたいでお気の毒。こんなに、純なのに…。

■ブラインド・ラブ
というわけで、どこから見ても、 男らしくて 心が広くて 細かいことなんて気にしない サバサバした男… に見える巨摩。
実は、とっても繊細な男でした。

巨摩は、過去に悲しい恋愛をしていたんですね。
だから、もう恋はしない!と決めた。
ルームメイトの芝にも、特別な感情を抱くことなく 2年間かけて よき「友人」 の関係を築いてきたつもりでいたのです。
(芝のほうは、友だちとは思ってなかっただろうけど)

でも、そんなある日、芝の同僚 小久保からいきなりのライバル宣言。
そして、芝から意味深な発言 (=事実上の告白) があり、巨摩はちょっとしたパニックに。
もう俺には恋をするエネルギーなんてないんだ! とおろおろ…
余計、無駄なエネルギー使ってると思うんだけど。
そのうち、妙な妄想夢まで見る始末 (余談ですが、夢の中の芝が妖しすぎ)

そんな巨摩はすごく情けないんだけれど、不思議とカッコ悪くないんですよねぇ、これが。むしろ、さまになってる。
ヘタレなのに、ヘタレぽくないんだな、この人。

悩んで悩んで悩んで、やっと 「俺はあいつと一緒にいたい」 と結論が出たところに、タイミングよく芝が帰宅。
で、思わずギュ?ッ って抱きしめちゃったのです。
…と、ここが件のあらすじの部分。

巨摩が、なぜ恋をしないか。それは、

友人ならば、失わなくて済む 失っても諦めがつくから

もう、大のオトナがこんなへりくつ。
失ったときの悲しみなんて、家族も友だちも恋人も同じなのに。
巨摩って、友だち少ないですよ、ゼッタイ。

そんな巨摩に、芝がじわりじわり迫ります。もう、理屈攻め。
かわいそうに巨摩は、逃げ腰、及び越し、おまけにメソメソしちゃったりも。
それでもやっぱり、カッコ悪くはないの。なんで?


■書き下ろし 「最後の純愛」
さて、続編。
ますます悩む巨摩のところに、今度はむかしの男が訪ねてきてしまいます。
巨摩、今度はイライラしっぱなしです。

この昔の男が、意外なことを言うんですよ。
「あの頃は、ずいぶん甘えさせてくれたからさ」 って。
もしかして、巨摩ってむかしは可愛かったの? いやだー、想像できません。

さて、芝のほうも知られざる一面が明らかに。
嫉妬深いです。熱いコーヒーの入ったポットだって、平気で投げつけちゃいます。
でも、そのヒステリックな面を知って、なぜか安心しました。
だって、今までの芝って、喋り方からして、学校の先生か牧師さんか、って感じで、面白くなかったんだもの。
巨摩も私と同じ気持ちで (ほんとか) 芝のこともっと好きになったんじゃないかな。

ふたりとも、カッコつけてたのが半分+自信なかったのが半分。
もう、お互い本性がバレたので、でろでろに甘くなっちゃいそうです。
(★★★☆☆)


柴犬、狛犬…?
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

初めまして、火崎勇のレビューブログを探していてたどり着きました。
この本自分も読みました。芝がコーヒーカップを投げつけるシーンは自分も驚きながらもちょっとホッとしました。彼もきちんと嫉妬してるんだ、それもかなり激情型のようで。
そして柴犬と狛犬。と書かれているのを見て、納得です(笑
もしかしたら名前そこから思いついて書いてるのかもしれませんね。気づきませんでした。
また寄らせていただきますね。では。
sizuku | URL | 2005/10/29/Sat 02:35[EDIT]
>sizukuさん
お返事、遅くなってごめんなさい。
今朝、アップしたつもりが反映されてなかったみたいです。

>コーヒーカップ
あれ、カップでした?
ポットだと思ってました。
本を貸してしまったので、いま確かめられないんですけど、そうですよね、ポット投げたりしないか(笑)

火崎さんの本、お好きなんですか?
私は、まだ数冊です。
何かオススメがあったら、教えてくださいね。

またいらしてください。
リリカ | URL | 2005/10/29/Sat 23:57[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。