ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お友達でいましょう」 と言われて、友達でいられる確率って?
それより、いまどきの若いコも、こんなふうに断るんでしょうか。
現場 (笑) を離れて久しい私には、よくわかりません。
…って、このマンガには関係ないのですが。


君の顔に射す影
野火 ノビタ
ビブロス (2005.9)
ISBN : 4835217985
価格 : \590



【こんな話】
三和 (以下ミワ) は、親友の加藤に告白した。
しかし、加藤はそれをなかったことにしようとする。
これまでと同じように、親友として接してくる加藤に、とまどいを隠せないミワ。
そんなとき、加藤の友人 保科が現れる。保科は、ミワのことが好きだというが…。

【ひとこと】
ミワちゃんは、加藤が好き。
保科も、加藤が好きだったが、こちらは既にフラれ済みで、いま気になるのはミワ。
そして、加藤の紹介で、ミワと保科が知り合う。

最初はね、加藤が薄情な男に見えました。
自分がフった男ふたりを、ゲイだから趣味が合うだろうって、くっつけようとしてるのかと思って。

だけど、加藤はミワに告白されたとき、断ってはいないんですよね。否定的な態度もとっていない。かといって、肯定もしない。
ただ単に、困ってた。
それは、同性に好きと言われたから… ではなくて、自分もミワのことが好きだったから。

加藤は、何が怖かったんでしょう。
きっと今まで、ずいぶん悩んできたんだと思います。
ミワに欲情したり、あれこれ妄想したりするたびに、"こんな自分はおかしい" って、気持ちにふたをしてきたんでしょうね。
だから、ミワ本人に告白されて、嬉しいよりも先に、自分の心の奥まで見透かされたような気がして怖くなってしまったのでした。

そんな微妙な気持ちが、ミワに伝わるわけもなく。
保科とミワが、どんどん親密になっていくのを見て後悔していたのか、これでいいんだ… と、さらに自分の気持ちを押さえ込んでいたのか。
苦悩する加藤は、気の毒でした。

でも、いちばん心を痛めていたのは、やっぱり保科ですよね。
まず加藤にフラれて傷ついて、ノンケだからしょうがないと諦めてたのに、今度は加藤の口から "ずっとミワが好きだった" と聞かされちゃったんですから。

その少しあと、加藤と保科が少し暴走してしまいます。図書室のシーン。
文章にしてしまうと、ふーん… で終わってしまうので書きませんが、ここからの展開が悲しくて悲しくて、もう参りました。

だけど、保科は本当に優しい。
いくらでも知らんぷりはできたのにね。結局、最初から最後まで、何かしら加藤とミワのために動いていたような気がします。
すっごい貧乏くじですよ、保科。
でも、彼なら、いくらでも素敵な恋愛ができそうかな。

あとがきによれば、次は保科を幸せにするマンガを書いてくださるとのこと。
楽しみです。
(★★★★+0.5)


高校生くらいの頃って、告白して付き合うよりも、「好き」 な気持ちを楽しんでるほうが気楽でいいや… なんて思いませんでしたか。
そんな感情を思い出しました。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

告白はしませんでしたね~
学生の頃って誰かを好きな自分が好きっていうようなところ、ありました。
じっさいにつきあったら面倒そうだな・と(笑)

次は保科が幸せに…。とても望んでやみません。
保科が傷ついたままでは、あんまり可哀相すぎます。
でも、保科の幸せな恋愛ってどんなのだろう?と考えちゃいます。
なんとなくやや幸せになれないキャラっぽくありませんか?(笑)
秋月 | URL | 2005/10/02/Sun 22:47[EDIT]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2005/10/02/Sun 22:48[EDIT]
そんなふうに言わないで>秋月さん
こんばんは。

>幸せになれないキャラっぽい
ああ、そんな気がしてきました、急に。
そうですね、何歳になっても、あんなふうに悲しい顔をしていそうです。

でも、最初に読んだとき、なんとなくだけど 「保科は恋愛上手だからきっと大丈夫!」 って思ったんですよ。
その直感を信じて、続編を待つことにします。

>じっさいにつきあったら面倒そう
うんうん、わかります。
特に、高校くらいまでだと、同性の目が気になりました。
女の子とつるんでるほうが楽しかったのかなぁ。
リリカ | URL | 2005/10/02/Sun 23:36[EDIT]
Track Back
TB*URL

君の顔に射す影
naruming Diary 2005/10/08/Sat 13:44
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。