ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネコはどうも苦手です。心の中を見透かされてるような気がして。
この小説、ネコ好きな人なら共感できるのかしら。


運命の猫
火崎 勇著
徳間書店 (2004.4)
ISBN : 4199003037
価格 : \540


【こんな話】
ある晩、グラフィックデザイナーの梁瀬が酔っぱらって帰宅してみると、ドアの前にひとりの青年が立っていた。
「俺、猫だから拾って欲しくて」
飼い主を探していた… という青年に興味をもった梁瀬は、彼にクロと名付け、家に置いてやることにした。
つかず離れずの距離を保っていた梁瀬だったが、日が経つにつれ、クロのことが可愛くてたまらなくなり…

【ひとこと】
ふたりとも変わってる…
まず、この物騒なご時世、見知らぬ人間を部屋に入れたりするでしょうか。
ましてや、「俺、猫だから飼って」 って、そんなアタマがイカれたような人…

ここのやり取りが不思議でなりません。
梁瀬が酔っぱらっていたからなのか、グラフィックデザイナーならではの感性なのか、ズレまくった会話はスムーズに進み、トントン拍子で話が決まってしまいます。

名誉のために言うが ウリだったら尻を叩いて追い出しただろう (by 梁瀬)

なんで!? ウリじゃなくても、猫を騙ってる時点で追い出すでしょう、普通。
だいいち、売り目当ての青年がこんなところに来ませんよ。
しかも翌朝、素面に戻っていたにもかかわらず、青年に 「クロ」 と名を付ける梁瀬…。
ホントにわからない。

ネコって、こんな感じなんでしょうか。
かまわずにいればすり寄ってくるし、かといって、こちらから歩み寄ると逃げていってしまうし。
なーんかつまらないんです。話が、じゃなくて、ふたりの関係が。

梁瀬がだんだんとクロから目が離せなくなって、ついに手を出してしまうまでの過程に、愛とか なんかこう温かいものがまったく感じられないんですよ。

クロが、梁瀬のことを知り尽くしたうえで近づいているから、しかたないのかもしれませんね。

ところが、ある事件が勃発、素性を知られたくないクロは家を出てしまいます。
少し前に読んだ 『小説家は懺悔する (菱沢九月 著)』 にも、同居していた青年がいなくなって 残された小説家が身も心もボロボロになるシーンがあるのですが、梁瀬にも、もっと荒れてほしかったなぁ。
友達の柴崎にまかせっきりにしないで、日本全国クロを探し歩いてほしかったし、アツくなってほしかった。

結局。
そんな梁瀬の、気性は激しいくせに今ひとつ熱が足りないキャラが禍して、クロに不安を抱かせてしまったわけですが、平たく言ってしまえば

ちゃんと言葉で 「愛してる」 って 言ってほしかった (by クロ改め美春)

だけなのでした。
ここ、引っかかりませんか。
だって、クロは猫だったんですもん。
梁瀬だって、心惹かれながらも、本当に心を許していいのかという葛藤でいっぱいだったと思います。
それでも、ちゃんと 「好き」 って何回か言ってるんですよ。
なのに今さら 「愛してる」 って言ってくれなかったから… ってなじられても、梁瀬が気の毒でした。

そして。
やっと、猫としてではなく、ちゃんと恋人として、梁瀬のところに戻ってきたクロ。
だけど、呼び名はずっとクロなんでしょうね。

やっぱり変わってる… (笑)
(★★★☆☆)



スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは
私ね、猫好きなんです飼ってたこともありますし…
でもこの話ははっきりいって分からなかった(笑)

>そんなアタマがイカれたような人…

この一言に思い切り爆笑、そうですね、普通なら入れません
更に警戒するものですよね~(笑)
美春の行動はなぞだらけというか疑問符だらけ(一緒か?)
でした。

ではでは
Jura | URL | 2005/09/02/Fri 16:21[EDIT]
>Juraさん
こんにちは。

ネコ好きのJuraさんでもわからなかったんですね(笑)
梁瀬のこと、最初は気に入らなかったのに、あんまりクロが勝手なんで、おのずと梁瀬の味方になりました。
Juraさんも、そんなこと書いてましたよね。

へんてこ小説でした。
リリカ | URL | 2005/09/02/Fri 21:27[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。