ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二宮さんが挿絵、というのが意外に思えたんですけど、読んでみたらそっちはOKで。
その代わり、榊先生がこういう話を書いたことが、ちょっと意外でした。


ごきげんカフェ
榊 花月 著
新書館 (2005.8)
ISBN : 4403521134
価格 : \588


【こんな話】
高校生の陽 (みなみ) が、中学のときから通っているカフェ 「レイン・ツリー」 。
店長のレンは、10歳も年上で、背が高くて、カッコよくて、優しくて、それでいてちょっとミステリアスなところがあって。陽は、そんなレンが大好きだった。
しかし、ある日のこと、陽は、レンが店の裏で青年と抱き合っているところを目撃してしまい…。

【ひとこと】
行きつけの店長さんに抱いている感情が、ただの憧れではなく恋とわかったとき、それは失恋の瞬間で…。
ここまでで、全体の3分の1。この先、どんな人間模様が描かれていくんだろうと思ったら、意外や意外、陽が芸能界に首を突っ込むお話でした。

とはいっても、陽が自分で行動を起こしたのではなく、同じくカフェの常連である みゆきが勝手に スーパーボーイフレンドコンテスト に応募したのが始まりでした。
みゆきは、同人でホモマンガを描いているのですが、この人がどうしたってうるさい。彼女を好きになれるかどうかで、この小説をどのくらい楽しめるかが決まると思います。私はダメだった?。

そして、そのコンテストで知り合ったのが、またまた強烈なキャラ、朝倉姉&弟。
弟のコンテストに姉がついてきたわけですが、弟は関西弁、お姉ちゃんはそれを隠したいのか それともなんかのマニアなのか、バカ丁寧口調です。
このお姉ちゃんが、すっごく面白い。ヤル気なしの弟に 「いったいどういうおつもりなのですか!」 なんて怒ってる。
私が思うに 「サクラ大戦」 とか好きなタイプです。

この本、もちろん陽とレンが主役なんでしょうが、中盤はこの若者たちが中心になっています。
陽とみゆき、この朝倉姉弟、そして、やっぱりカフェの準常連?で陽の同級生 日下部がうまく絡んで、ワイワイやるシーンは、とっても楽しいです。5人の趣味・嗜好が一致してるわけじゃなくて、少しずつ、かすってる感じ (芸能界だったり、イイ男だったり、ミステリー小説だったり、ホモだったり、萌え談義だったり)
でも、楽しいんだけど、なんか物足りないというのが本音。
なんでかなぁ、レンが蚊帳の外っぽいからかしら。

結局、陽の失恋は勘違いだとわかるのですが、そこで一役かって出たのが玲二。上記あらすじで、レンと抱き合っていた青年です。
玲二は俳優で、前にレンと一緒にモデルをやっていたのでした。ここの玲二の話が、とてもいいんです。そして、玲二の雰囲気も。イラストもいいですよねー。
もっと出番が欲しかったです。

ほら、カフェに来たとき、あのときに陽と話せばよかったのにと思います。
そうしたら、こんないざこざにならなくて済んだのに。

そして、陽とレンのハッピーエンディング。
ここのエッチシーンって、必要でしょうか。
キスして、お茶飲みながらお話して、イチャイチャして… そういうのがよかったなぁ。

「第一印象から決めてました!」 みたいな情熱的なレンもかわいかったけど v
(★★★☆☆)


「なんであの人、三年連続、紅白歌合戦で同じ曲歌ってんの?」
これ、榊先生がそう思ってるんだよね、きっと(笑)

スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんばんわ。
エチはいらないですよね~。
というか、急展開でしたね。
急すぎな気がしました。

みんなでワイワイやるところ、陽が蚊帳の外なのは、まだそのときには、夢中になること、したいことが陽の中にないっていう疎外感を出したかったのかな~と思いました。
いや、今リリカさんの感想見て思っただけだけど。(笑)

あすた | URL | 2005/08/19/Fri 22:00[EDIT]
>あすたさん
こんにちは。

>急ぎすぎ
ほんの数ページで、やたら頑張っちゃった感じですもんね。

そっか、だから陽は蚊帳の外なのかもしれませんね。
…って、いま読み直してみたら、私は「レンが蚊帳の外」って書いたんでした。

ふたりとも、あのワイワイガヤガヤからは、ちょっと腰引けてたってことですよね。
ん~、なんか面白かったんだか、違うんだか(笑)
リリカ | URL | 2005/08/19/Fri 23:48[EDIT]
こんばんは
ミナミのことを大切に思っているなら、もう少し時間をかけてコトに及んで欲しかったなと思います。オトナなんだし(笑)
レンがもっと自分から行動してくれていたら、あんなにミナミが悩むことはなかったと思う。誤解を解いてくれたのもレイジだし。

女達抜きのミナミ、日下部、朝倉弟の三人の会話は読んでいて楽しかったです。
成田智 | URL | 2005/08/20/Sat 21:25[EDIT]
>成田智さん
こんばんは、コメントありがとうございました。

この話、短くてもいいからその後のお話を書いてほしかったですね。
そして、そっちでエッチしてもらえばよかった。

でも、レイジが陽に話してくれなかったら、そのままだったかもしれないなぁと思うと、ますますこの話について考え込んでしまいました。

男の子3人、よかったですよね。
誰かも言ってたように、3人でデビューしたらいいのに。
リリカ | URL | 2005/08/21/Sun 00:05[EDIT]
Hなし同感
こんばんは。ラストちょっと浮いてましたよね。
若者たち皆でガヤガヤしてたらいきなりラブが巻き返した~!って感じで。
> キスして、お茶飲みながらお話して、イチャイチャして
せっかく「カフェ」なのでカフェらしくデートしてほしかった~。
私はみゆきちゃんけっこう好きでした。現実にホモ本描いてる友人の名が同じなので…(笑)
秋月 | URL | 2005/08/22/Mon 23:21[EDIT]
>秋月さん
コメントとTBありがとうございました。

>せっかく「カフェ」なのでカフェらしくデートしてほしかった~。
本当に。
だって、「ごきげんカフェ」なんですもんね。
最後のレンを考えると、「ごきげん」という言葉が妙にそらぞらしく…(笑)

>みゆきちゃん
あはは、そうですか~
私は、朝倉のお姉ちゃんに、若い頃の自分を重ねました(痛)
リリカ | URL | 2005/08/23/Tue 03:52[EDIT]
Track Back
TB*URL

ごきげんカフェ
超美形でミステリアスな店長"レンさん"のいるカフェ「レイン・ツリー」。常連の室生  [続きを読む]
Night Fly 2005/08/20/Sat 21:01
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。