ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと趣の違った 「捨て子系」 でした。


ふしだらで甘い誘惑
和泉桂 著
フロンティアワークス (2005.7)
ISBN : 4861340829
価格 : \580


【こんな話】
平凡な高校生活を送っていた梁井淳紀 (あつき) は、見知らぬ男に拉致されかけたところを、美貌の男・佐宗慎 (まこと) に助けられる。そして、ある事情から慎のもとで17日間を過ごすことに…。
大胆な男の手練手管に、初めは翻弄される淳紀だったが、今まで一度も受けたことのない他人の優しさに心を奪われて。

【ひとこと】
このあらすじと 「何があっても守ってやると言っただろう?」 という煽りを見たら、どう考えたって私の好きな 「捨て子系」 「拾いもの系」 のお話。
でも、読んでみると、微妙に違うのです。

淳紀は路頭に迷ってもいないし、佐宗も仕事として淳紀を守るように頼まれただけでした。
依頼人は、淳紀のおじいさん。佐宗は、このおじいさんに借りがあり、それを帳消しにするという条件で淳紀のボディガードを引き受けた、ただそれだけ。
(なぜボディガードか… については、ふれないでおきますね)

でも、佐宗はただ護衛をするだけじゃなくて、カラダごと淳紀を自分のものにしようとします。
このときの佐宗は、倦怠感のかたまりというか、心身共にやさぐれていたので、ちょっと淳紀で遊んでやれ、くらいに思っていたんでしょう。
本人も、 "適当に調教するつもりだった" と言ってます。

佐宗 「やめてほしいなら理由を言えよ」
淳紀 「あなたとはしたくないからです」
佐宗 「俺はしたいよ それが理由になる」


これって、会話として成り立ってるんでしょうか…
このやり取りが、気に入りません。


でも、こんなふうに噛み合わなかったふたりも、だんだん惹かれあっていきます。
惹かれるというより、お互いに必要としあう、そんな感じです。
そして、自分の素性を佐宗から聞かされたあたりから、淳紀の気持ちは、愛情に変わっていったんですよね。

この本、この辺りがとても重たいです。
淳紀の気持ちが、せっかく佐宗に向いたのに、今度は佐宗が頑なになってしまうんです。
優しく慰めてくれる佐宗に、淳紀が 「優しくしないで」 と言ったあと

「慣れないことをされたら、動物だって懐く。俺があなたを好きになったら困るでしょう?」

と訊くところがあります。
ここでやっと 「捨て子系」 発動です (笑) って、笑うところじゃないですよね、事実、このセリフにはちょっと泣きそうになりました。
だけど、この問いに佐宗は

「そうだな、それは困る」

と即答。
その後、もう一回同じような会話になるんですが、そこでもやっぱり 「無理」 って言うんです。

淳紀のことを思って、そう言ったのはわかるけれど、淳紀の心の状態を考えたら、そんなこと言えないはずなのになぁ。
この時点で、佐宗は淳紀への愛情を自覚していたんでしょうか。あくまで 「この時点」 で。
あまりにも大人じゃないし、頭が悪いと思います。
これが原因で、佐宗が好きになれませんでした。

それでも、最後はドラマチックで面白かったです。
軟禁されているところに、扉をぶち破って助けに入る… 王道ですね。好きです。

ただ、佐宗の 「お前の愛で縛ってほしい」 というセリフには、ちょっと引きました。
いきなり、臭すぎます。

というわけで、いろいろ総合して考えてみると、佐宗はヘタレなんですね、納得。
(★★★☆☆)


秋に出る続編は、チラっとだけ登場した譲が主人公だそうです。
この人が恋をするの?? 今からとっても楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。