ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイトル長?い!
今のところ、少女マンガ誌でもいける内容…かな。
(画像は1巻)

私立翔瑛学園男子高等部倉科先生の受難
志野夏穂
ビブロス (2004.10)
ISBN : 483521658X
価格 : \590


【こんな話】
母校 翔瑛学園高校に、新任教師として舞い戻ってきた倉科怜司。
赴任早々、実行委員会の顧問を押しつけられたばかりか、その後も災難続きで…

【ひとこと】
好きなマンガです。でも、最初の頃は、なかなかキャラが把握できなくて困りました。
ストーリーよりキャラで読ませるマンガなので、人物紹介&語りでも。
軽いネタバレあり、登場順です。

■倉科先生
不器用で一生懸命、言葉が足りないけど実はとっても優しい。
そして外見も、かわいいの? 眼鏡です。
浅野にいきなりキスされて、好きになっちゃったのか、気になってるだけなのか…
憤慨していたようだけど、もともとは自分が誘ったようなもんだということを忘れないように。
「天然」 という皮をかぶった、とんだ節操なしのような気もするし、意外なところでモラリストなような気もするし (でもきっと流される)。
ワタシ的には、浅野とうまくいってほしいのですが。

■2年 浅野 (実行委員長)
空手部です、カッコいい?。
硬派ではありますが、本人が思っているほどには硬派ではないような。
倉科先生に、カッコいいカッコいい連発されて (もう何回言われたか!) 赤くなってるところもかわいいけど、いちばんイイのはボケーっとした顔です。
キス事件のとき、屋上で互いにボケーっとしあう、浅野と先生は笑えます。似た者同士かも。

■2年 秋山
人当たりがよくて、ホントに優しい。小学生の弟の面倒をよくみてあげる、いいおにいちゃんでもあります。
でも、その明るさのせいで、きっと損をしてます。外面と内面のギャップに、苦しむタイプ。
幼なじみの浅野のことは、どのくらい好きなんでしょう。
てっきり、倉科先生狙いかと思ったのに。←作者の思うツボ
秋山があんまりいい子なので、浅野のこと応援できなくなってしまいました?

■2年 坂本
基本形はおっとり、第一変化形はピーピーうるさくて、第二変化形でブラックに。
面白いキャラながら、まだあんまり活躍していないのです。
ストーリー進行のために存在している感じ (憐)

■1年 室澤&木村
一緒にしちゃってごめん。
私は、この室澤くんがかわいくてかわいくて! 特に、テスト直前の彼♪
脇キャラですが、上記 坂本よりは見せ場があります。
一方、木村くんは、2巻で生徒会長の里村に目をつけられてからが、本領発揮です。

■御法川先生
存在自体、ありえません (笑)

■2年 井之上 (生徒会 会計)
坂本と仲良し… らしい (だって仲良しのシーンが出てこない)
基本形はクールだけど、第一・第二変化形は坂本と似たようなもの。
これからに期待。眼鏡。

■2年 里村 (生徒会長)
この人が出てきたときは、また邪魔くさいのが増えて… と思ったんですが、1年の木村くんに手を出すという設定が非常によし。2巻最後のデートの話は、今まででいちばん面白かったです。
でも実際に面白いのは、デートしてるふたりじゃなくて、それを尾行してる坂本&室澤コンビですけど。

それにしても、私がこのマンガの感想を書く日が来ようとは。
連載途中から読んだときは、誰が誰だかサッパリわからなかったのです。
(★★★★☆)


ドラマCDが出ます。
某ホスト部のドラマみたいになるかな。倉科先生役が、緑川さんだし。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

未だに…
こんにちは。いちこです。
私は、「倉科先生~以下略(笑)」を雑誌で読んでいるのですが、未だにいまいちキャラが掴めてません…。自分が高校生くらいだったら、ワクワクして読んでただろうなー的な懐かしさを、キャラクターや「生徒会」という設定に覚え…素直に楽しめない自分を大人になったなあと思いつつ…。
確かに、リリカさんのいうとおり、BLじゃなくてもいける感じですね。キャラが立っていると言う意味では、同じビブロス系の少女誌「zero」で連載されている「カミサマ進化論」という作品も、なかなか面白いですよ。
先日は、コメント有り難うございました。
これからもよろしくおねがいします!
いちこ | URL | 2005/08/16/Tue 09:53[EDIT]
>いちこさん
こんにちは~
私ね、いちこさんのところ、チョコチョコ書き込みしてたんです。
でも、またお邪魔すると、その書き込みがなくて。
で、先日やっと気がつきました。
「確認」と「投稿」でしたっけ、ふたつボタンがあるんですね。
今後、気をつけます。

ここだけの話ですけど、このマンガ、キャラが似すぎですよね(笑)
里村が出てきたときも、タカと色違い!って思ったし。
登場人物の多いマンガって、描くのが大変なんだなぁ、と実感。

「カミサマ進化論」 は、連載は追いかけてないんですが、コミックスは読みました!(そのときに感想も書きました。あ、見てくださいってことじゃなくて・笑い)

面白いですよね。個人的には、あっちのほうがスキ。

ではでは♪
リリカ | URL | 2005/08/17/Wed 12:02[EDIT]
こんばんわ。
コメントTBありがとうございました。
私も1巻ではキャラの顔名前性格がよく分からないし、全然BLな展開にならないし、大して受難もないしで(笑)2巻は読まなくてもいいかな、と思ったんですけど、そう思ったことすら忘れて買っちゃってました。

秋山、いい子ですよね。
彼のことを考えると、先生と浅野が進展してほしいと思うのも、なんとなく申し訳ない気も。
あすた | URL | 2005/09/10/Sat 01:05[EDIT]
>あすたさん
こんにちは。

ほんと、顔わからなかったですよ、最初。
読んでは戻り、読んでは戻り… って感じでした。

秋山。
きっと誰かがなぐさめてくれるんでしょう。
また新キャラ?(笑)
リリカ | URL | 2005/09/10/Sat 07:20[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。