ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘビも触手なの?


不確かな抱擁
夜光花
竹書房 (2005.7)
ISBN : 4812422450
価格 : \600


【こんな話】
昔から、北斗の周りには不幸な出来事が多かった。職場の倒産や家事、死者が出ることもあった。
また、北斗には、7歳より前の記憶がなかった。母の死が原因らしいのだが、自分の過去に何かあると確信した北斗は、母の故郷である八ツ島へ渡る。
しかし、ふと気がつくと、北斗は野外に放り出されており、島に入ってからのことをまったく思い出せないのであった。


【ひとこと】
北斗は神子です。
母の故郷・八ツ島では、お祭りのときに神子を生け贄として捧げる慣習があり、北斗はまさにその犠牲となるために、この島を訪れたことになってしまいました。

それをなんとか阻止しようとしてくれたのが、克哉です。
強面の男が、黙々と "人のカタチをしたもの" すなわち、北斗の身代わりとなる人形を彫っている。もうそれだけで、この話の怖ろしさがわかります。
克哉のような人間だったら、祭りをぶっつぶす! くらいのことは言いそうなのに、そんな後ろ向きの対策しかできないのですから。

私は、この克哉の口調が好きでした。
海の男みたいな感じ? 荒っぽくて、優しいこともあまり言わない。限られた人だけが、その言葉尻ににじんだ優しさを知っている… そんな男です。
接触恐怖症で、ろくに人付き合いもしたことのない北斗が、なぜか (理由はあとでわかります) 克哉にだけは触れられても大丈夫で、態度にはあまり出さないけれどそれが嬉しくてたまらない克哉は、エッチで可愛いです。

北斗が弱気で、あっちへフラフラこっちへフラフラという感じのせいか、このふたりが一緒にいると、ずいぶん歳の離れた兄弟のような雰囲気です。実際は、克哉が5つ上なだけですが、こんなふうに不器用に 「受け」 のことを守ってくれる 「攻め」 はとても好き。

この作家さんは、謎を秘めたお話がお好きなんでしょうか。
策もない、逃げ道もない、もうおしまいだ… そんな切羽詰まった状況や絶望感を描くのが、とてもお上手だと思います。
今回も、北斗が母の死の真相を知るまで、ストーリーが二転三転し、目が離せませんでした。

そして、もうひとつ。
この方は、やはりエッチシーンが上手いです。
でも今回は… ちょっと "人ではないもの" が出てくるんですよね…。
「触手」 が苦手というわけではないんです、ただ "人間じゃない" ことがどうにも許せなくて。
だけど、上手なものは上手です、すごくエロいです、蛇。

最後に。
和巳さんは、成仏できたでしょうか。
よく考えてみれば、この人こそ気の毒なのです。
化けて出ずにはいられなかった気持ち、すごくよくわかります。
…って、化けてはないよね。
(★★★+0.5)


『灼熱を呼べ』 の続編が出るとのこと。
楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

TBありがとうございました~
ヘビも触手なの? …触手なんでしょうか…。ふだん読みつけないので、触手とは何ぞやというところから謎です。バケモノとかがでてくるファンタジーだと触手も出てくるんでしょうか…。

リリカさん、こんばんは。のっけから自問ですみません。
この方、本当に謎を展開させるのが上手いですよね、謎が見えたかと思ったらまた二転三転、絶望が見えた…と思ったら希望がまた見えたりして。

御陵は、確かにいちばん可哀相でしたね。北斗にしてもまた、きちんと彼の悔しかったであろう気持ちを解ってあげられてるとは思えないので(…克哉で忙しいし…)、ぜひとも浮かばれて欲しいです。

> "人間じゃない" ことがどうにも許せなくて
157Pの6行め、「人間相手なら」というところが、妙に生々しくって、うっと思いました(笑)

ではでは。またお邪魔します。
秋月 | URL | 2005/08/10/Wed 21:48[EDIT]
>秋月さん
こんにちは。
TBとコメントありがとうございます。

ファンタジーに触手系のモンスターが出てきても、「触手」というように認識したことがなかったんですよ。
だから、触手が嫌いというよりも、動物や怪物と関係をもつことがイヤなんですね、私。

秋月さんが書いてらっしゃったように、挿絵がなくてよかったです。
それは苦手なこともあるけれど、イラストで見せられると興醒めしてしまうような気がしたので。

御陵さんが最後に出てきたとき、ああ、やっぱりこの作家さんはうまいなぁと思いました。
いろいろな要素を出すだけ出して、あと片付けをしないで終わらせてしまう作家さんって結構多いのに、ちゃんと後始末をして読む人に少しも疑問を抱かせない…
そんなところが嬉しかったです。
リリカ | URL | 2005/08/11/Thu 09:30[EDIT]
こんにちは
余りネタがばれてしまうと面白くないかもとかなりコンパクトにまとめすぎた気がします、今までで一番短い感想、あ、…英田さんの「エス」が一番短いや…(笑)

蛇は触手とは言わない気がしますよね?
ご本人は触手プレイとかかれてますけど、なんかちょっと違うような…。
挿絵が無かったのはよかったですが、その分色々想像して、うっ!となりました…だって~ねぇ?(笑)

ではでは
Jura | URL | 2005/08/22/Mon 14:23[EDIT]
>Juraさん
こんにちは。

エスの感想が短いのって、なんだかわかる…
私、書こうと思ってるのに、書くことがなくて。

蛇、感想にはあんなふうに書いたけど、私的にかなりイヤでした(苦笑)
だって… 以下省略。
白蛇っていうのが、また気持ち悪くないですか?

夜光花さんは、注目している作家さんなんですけど、なんか違うほうへ行ってしまうんじゃないかと、少し心配だったりして。アハハ
リリカ | URL | 2005/08/22/Mon 16:13[EDIT]
>書こうと思ってるのに、書くことがなくて。

そうでしょう?
私も「すごい好きだなこういうの、★5つ付くくらいのお勧め本だ…」見たいな事しか書いてないの(笑)
Amazonのレビューには流石にそれではと思ってもう少し書いたけど(HNが違うのでどれだかわからないと思います^^;)
結局自分のところはそのまま…。
その分ー咬痕ーの方は書きすぎちゃってまとまりの無い文章に(涙)

蛇のシーンは私もやでした、だって蛇の○○がXXに…(←余計怪しい…)って想像しただけで、いやーん

違う方にいかないでくれる事を祈ります(笑)
ではでは
Jura | URL | 2005/08/22/Mon 16:50[EDIT]
>Juraさん
amazonにレビュー書いてるんですね~
私は、あっちに書くと、こっちに書くことがなくなっちゃうので(バレやしないけど)アニメのDVDの感想とか書いてます。
よそで買ってたり、下手すると買ってなかったりするのに(笑)

「灼熱を呼べ」の続編は、いつごろ出るんでしょうね。
他の出版社さんでも書いてほしいので、いつもビブロスとかディアプラスのアンケ葉書に書いてるんですけど、契約とかややこしいんでしょうか~

ではでは♪
リリカ | URL | 2005/08/22/Mon 23:07[EDIT]
やっと読みました
こんばんは。
やっと読みました。お話の内容はけっこう好きでした。当方の感想にも書いたけど、森内景生さんを彷彿とさせる小説だったと思います。
蛇とエッチ、「こういうのもアリなんだ」と納得すると同時に「いやー、克也だけにしてよー」と、ヘンな嫉妬を抱いてしまった私です。
ごまくり | URL | 2005/12/04/Sun 00:12[EDIT]
>ごまくりさん
こんばんは。

蛇エッチ、なくてもよかったというか、あんまり好きじゃなかったんですけど、考えてみたら、「夢で現実とリンクした体験をする」っていうのがイヤなのかもしれません、私。

これから、ごまくりさんのところにお邪魔しますね。
リリカ | URL | 2005/12/05/Mon 01:17[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。