ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュークリーム。しっとりタイプと、カリっとタイプと、どっちが好きですか。
私は、しっとりタイプで、中はカスタードクリームだけのがいいです。


彼のあまい水
神奈木 智
幻冬舎 (2005.7)
ISBN : 4344806026
価格 : \540


【こんな話】
高3の百合沢 史希 (しき) は浮かれていた。久住迅人 (くずみ はやと) という7歳年上の恋人ができたからだ。パティシェである久住の店でラブラブな時を過ごす二人。そんなある日、史希は久住を押し倒したが、問題発覚。史希も久住も 「攻め」 だったのだ!

【ひとこと】
「攻め」 だったのだ! … というのが、面白いかと思って買いました。でも、読んでみたら、肝心の 「問題発覚」 の部分が恥ずかしくって恥ずかしくって。
「今、おまえ何しようとした?」 のあたりから、背中にイヤな汗かきながら読みました。

この出来事だけでも、ぎくしゃくしてしまった二人なのに、お互いの元カレ (カレでいいの?) がもう本当に余計なことをしてくれます。
史希は、久住に告白する際、ついうっかり 「男を好きになったのは初めて」 と言ってしまうんですけど、実はその前にクラスメイトの望と付き合っていたんです。どうしてウソをついたかというと、まさか久住がゲイとは思わなかったから。もっともです。
でも、望がわざわざそれを暴露しに来ちゃうわけです。

悪気があってのことじゃないので、久住もちゃんとわかってくれたものの、一難去ってまた一難… 今度は久住の元カレ 重夏 (しげか) が、しゃしゃり出てきます。実は、重夏は義弟なんですが、このあたりがまさに人生いろいろで、久住と史希はこのまま破局して終わりなんじゃないかと、何度思ったことか。

とにかく、久住も史希も意地っ張りすぎです、「なんとかなるさ」 って考えることができないんですよね。そして、お互いそれがわかってるから、余計にたちが悪い。
でもね、久住が史希のこと、すっごく好きなんです。久住自身もびっくりするくらい。
もちろん、史希も久住のことが好きなんですけど、やっぱり高校生だもんね、突っ走ることしかできなません。そこで、久住がいろんなところで折れてくれるのです。
最後は 「受け」 に転向だってしちゃうし。

その、久住の 「受け」 初体験の模様(笑)がまた、読んでて恥ずかしいです。
ほんの数ページながら、身もだえするくらい恥ずかしかったです (ちょっとおかしい私)

神奈木先生が、あとがきで "タイトルに輪をかけた甘いお話" とおっしゃってるんですが、ほんとに。
二人のキャラそのものは、まったく甘くないんです。なのに! というか、だからこそ… なんでしょうけど。
(★★★☆☆)


望が、可愛いです。
続編があったとしても、はた迷惑なヤツでしかないんでしょうが、気になってしかたありません。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。