ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「血を見ると 興奮するんだ… ひどい目にあわせたくなる」
表紙イラストは、ほら、まさに血を吸わんとしているところです (大嘘)
『恋は淫らにステップアップ!』 『過激な愛にホールドアップ!』 の番外編です (←タイトルをクリックすると、それぞれの感想に飛びます)


壊れものを抱くように
真崎ひかる
オークラ出版 (2005.5)
ISBN : 4775505424
価格 : \900



【こんな話】
游(ゆう)が持つ、たった一枚の家族写真。そこに写る優しい義兄とはもう二度と会わないはずだった…。けれど、大学生になった游は、義兄の小篠大地と再会する。男を渡り歩いていると誤解された游はショックを受けるが、大地の興味を繋ぎとめるため男に抱かれ慣れている振りをする。そんな游に大地は 「俺だけに抱かれていろ」 と。

【ひとこと】
(小篠=大地をお忘れなく)
今までの2冊はコメディタッチでしたが、この番外編はガラっとシリアスです。
『過激な…』 で、游が景に 「大地は僕の兄貴なんだ」 と言うシーンがあります。さんざんからかわれたあとだったので、景はまったく信じていませんでしたが、本当に兄弟だったんですね。義理だけど。

空腹で行き倒れた游を拾ったのが、あの廣岡。廣岡は、同僚 (ふたりは医者) 小篠から "生き別れになった義弟・游" について聞かされていたらしく、すぐ小篠を呼びつけます。そこで、3年半ぶりの再会、となるのですが、わけあって二度と会わないと決めていた游は、男をあさって歩いている風を装ってしまいます。
小篠は小篠で、必死で探し回っていた游の変貌ぶりにショックを受けるあまり、暴走してしまっ… たんでしょうか?

コトが済んだあと、小篠は、

「長時間の手術の後で 神経が興奮状態だったんだ。勝手に挑発されている気分になって無茶苦茶なことをした」

と "苦しそうに" つぶやくのですが、ちょっとちょっと! いい大人 (しかも兄) がそんなこと!
廣岡もかなりエッチですが、本能に忠実というか、見ていて小気味よいものがあるんですよね。でも、小篠のエッチって、どこか病的な執拗さがあって薄気味悪いのです。ただ、その薄気味悪さのせいで、わりと長く続くエロシーンも冗長にならず、楽しく(?)読むことができました。

しかし、小篠は少々やばいです。
危険にエロいし、嫉妬はすごいし、こんな男を敵に回すわけにはいきません。游が家庭教師をしている子や、恩師 (笑) にまでヤキモチやいています。そして、つらつらと恨み言を並べたあと、しつこいエッチに突入…。
ただ、小篠の心情もわかってあげなければいけませんね。会ったときから游が好きで、廣岡の話では、游が突然いなくなってしまったときは、ずいぶん荒れていたそうですから。

游が、大地には二度と会わないと決心した理由は、ここでは書きませんが、游の優しさと、人間としての大きさを強く感じました。短編の 「あの頃の夢」 には、游が小篠家を去ったときのことも書かれています。この短編には、ちょっと可愛い大地も出てくるんですけど、すぐに凶暴化しています。怖くて、夢に見るかと思いました…。
(★★★★☆)

シリーズ1冊目の感想に、「この番外編から読んだほうがいい」 と書きました。もちろん、人それぞれなのですが、游という男を満喫するにはそのほうがいいかと。

あとね、イラスト (大峰ショウコさん) がいいんですよ?。表紙は、レジに出しにくかったですけど、中のイラストはとってもステキです。私のお気に入りは、車中のキスシーン。もう、素晴らしいです。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは、リリカさん。

結局、買ってしまいました。
ちょっと恥ずかしかったけど、後悔はしていません。

なんなんでしょう、あの小篠という男は。
主人公の游を差し置いて、すごく気になってしょうがありません。
というか、もはや恋?と勘違いするほど彼が気になります。
リリカさんの本編の方のレビューにあった「黒ネコ・游」という記述も気になるし。
本編、読むのが待ち遠しいです。

リリカさん。勇気のない私の背中を押してくれてありがとう。
suzuya | URL | 2005/08/05/Fri 13:30[EDIT]
恋ですかー!?>suzuyaさん
こんにちは!
感想、拝見してきました。

小篠にKOされちゃったんですね、うふふ。
鬼畜とか変態とか、そんな言葉でくくれない、不思議で危ないオトコです。
でもね、本編を読んだら、きっと游にも恋しちゃうと思います (太鼓判)
もしそうなったら、この番外編から読んで大正解♪ ってことになります。

お時間があったら、ぜひぜひ読んでくださいね。
廣岡もカッコいいですよ☆
リリカ | URL | 2005/08/05/Fri 14:15[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。