ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編です (今までの話はこちら
廣岡 (メインカップル攻め) よりも、脇キャラ・游がひたすら黒い。


過激な愛にホールドアップ!
真崎ひかる
オークラ出版 (2004.6)
ISBN : 477550357X
価格 : \900



【こんな話】
2学期が始まり、すっかり廣岡と過ごす時間が減ってしまった景(けい)。
そんなとき、新しいカフェの常連・長谷川が声をかけてきた。「おれの弟に雰囲気が似てる」 と言われ、つい一緒に出かけてしまう景だが…。

【ひとこと】
大学生ならまだしも、景は高校生、しかも1年生なので、毎日学校に行かなければなりません。今までは、廣岡の都合に合わせて、週に何度か会えていたのに、すっかりご無沙汰になってしまいました。
この歳になったからこそ、私にもわかることだけど、大人は少しくらい会えない日が続いても 「しかたない」 って割り切れますよね。でも、高校生の景には、かなり辛かったんだろうなぁって思いました。小さな不安やわだかまりが、次から次へと重なって、どーんと落ち込んでしまうんだけど、この性格だから素直になれない。ギャンギャン騒いでる様子が、すごく痛々しいです、かわいそ。

なのに、廣岡ってば大人げないんですよねぇ。ヘンに鬼畜入ってしまって、意地悪しまくりです。今までは、私も 「もっと苛めちゃえ?」 と思いながら読んでいたんですが、景がカーテンレールに吊されちゃったときは、思わず 「負けるな!」 と応援しましたよ。
ここの廣岡はダメ!

さて、そんなときにいかにも優しそうな (だけどいかにも妖しい) 長谷川が、景にちょっかいを出してきます。景も、頭の中では 「誘いに乗っちゃいけない」 ってわかってるんだけど、廣岡はあんなだし、むしゃくしゃするしで、ついて行っちゃうのです。わかるなぁ、その気持ち。まだ高校生なんだもん、素直に楽しい恋愛がしたいに決まってます。

そして、そんな景に危険信号を送る、黒ネコ・游。游もね、もっと違う言い方で、景に忠告してあげればいいのに、腹黒なもんだから、わざと反発かうようなことしか言わないんです。だから、景は余計に意地を張ることになってしまいました。

この話、前作も含めて、ストーリーはよくある展開なんです。でも、廣岡の男っぷり+景のけなげなまでの意地+游の妖しさ、そして、よくわからないながらもなんだか魅力的な小篠… この4人の魅力でぐいぐい読ませてくれます。
特に、余裕しゃくしゃくに見えた廣岡が、実はいちばん振り回されてイラついていたというのが嬉しかったですね。
(★★★★☆)

前作に続いて、★4つ。やっぱり私は、この人たちが好きだわ。
明日は、游と小篠の番外編(感想はこちら)です。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
| | 2005/12/22/Thu 19:55[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。