ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し前の本ですが、つい最近、番外編が発売になったので、まとめて感想を書いてみます。
この本のあとに 『過激な愛にホールドアップ』 という続編があり、『壊れものを抱くように 』 で脇カップルのなれそめが明らかになっています。
私は、普通にこの順番で読んだのですが、もしこれから読んでみようという方がいらっしゃいましたら、ぜひ番外編から読んでください。そのほうが、ゼッタイ楽しいので。


恋は淫らにステップアップ!
真崎ひかる
オークラ出版 (2003.12)
ISBN : 4775502360
価格 : \900



【こんな話】
高1の景(けい)は、バイト先のカフェで強面の男と出会った。この容貌からして、きっと危ない世界の人間に違いないと思った景だが、なんと男は小児科の医師だった。
ある日、所用で病院に出かけた景は、その男・廣岡のあらぬシーンを目撃し大騒ぎするが、口封じと称して廣岡にキスされてしまい…。

【ひとこと】
30歳×15歳です。
景のほうは、廣岡の口封じがファーストキスでもあり、もちろん廣岡が初めての恋人です。でも、廣岡はどうだったんでしょうねぇ。女性経験は豊富らしいんですが、これまでにバイの自覚があったのか、それとも景に初めてちょっかい出したのか、続編まで読んでもわかりませんでした。
ただ、廣岡の男っぷりにクラクラな私は、そんな細かいことはまったく気になりませんでしたけど。

ファーストキスを奪った責任をとって恋人になれ! と迫る景に、廣岡は条件を出します。
これからいろんなことを (つまりエッチ) 教えるから、最後まで着いてこれたら恋人にしてやる。一度でも 「嫌だ」 と言ったら終わり… と。
意地っ張りの景は、もちろんこの勝負?を受けて立つのですが、廣岡はもう "エロ岡" と名乗ったほうがいいような男なので、一方的に景が苛められてるみたいになってます。
そういうのが好きな方は読むべし (笑)

さて、この話でメインカップルよりも気になる男が、同じカフェでバイトしている大学生・游(ゆう)。廣岡の同僚・小篠の恋人で、もう最初に読んだときから、この游が出てくるのが待ち遠しくて、台詞ひとつひとつを噛みしめて読んだほどの魅惑キャラです。
ただ、景のことをやたらに可愛がって、親切すぎるくらい世話を焼くので、ちょっと妖しく思えるところも。3冊目の番外編まで読めば、游のことがちゃんとわかるのですが…。最初に私が、番外編から先に読んでくださいと書いたのは、こんな理由からなのです。

最後に、廣岡先生のカッコいいところをひとつ。廣岡が景の前髪を掴み、顔を上げさせるところが何度か出てきます。これだけ書くと、まるで 「おらおら、顔上げてみろよ」 みたいな雰囲気ですが、ちょっと荒っぽいだけでとにかくカッコいいです、素敵! 何かと乱暴な廣岡だけど、本気で苛めてるわけではないので (多少変態かもしれないけど) 行動すべてが 「萌え」 です。
こんな感じの "攻" が好きな方は読むべし (笑)
(★★★★☆)

んー、★4つはちょっと甘いかも。
廣岡がね、どうして口封じにキスしたのかが、やっぱりわかんないんですよね…
この続きは、下のカテゴリ表示 "[小説]真崎ひかる" をクリックしてくださいね。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。