ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「普通」って辞書引いてみたら、
"ひろく一般に通じること(広辞苑)" とありました。
わぁ、曖昧。じゃあ、「一般」て何よ、って言いたくなります。
たとえば、以前は私、自己紹介に「普通の主婦です」って書いてました。
普通の主婦って? 家事をして、奥さま友だちとおしゃべりして、それで?
だとしたら、家事もさぼりがちで近所にママ友だちもいない私は、ぜんぜん普通じゃないじゃないかもしれない…、なのに、自ら「普通」と書いてしまう。不思議。



普通の男(ひと)
榎田 尤利
光風社出版 (2003.11)
ISBN : 4415088589
価格 : \500



【こんな話】
夜のコンビニで、花島光也(はなしまみつや)と的場宗憲(まとばむねのり)は出会った。ふたり同時に、赤飯おにぎりに手を伸ばしたところを、的場が譲ってくれたのだった。
そんな二人が再会したのは、なんと花島が再就職した出版社。
厳しく、親身に指導してくれる的場に、花島は信頼を寄せていくが、その気持ちがいつしか「普通でない」ものに変わっていくのだった。それは的場のほうも同じで。「普通」という言葉に翻弄されるふたりの行く先は…

【ひとこと】
興味深かったのは、榎田さんの主語の使いわけ。
三人称で進められるお話だけど、章ごとに視点が変わります。
的場に視点が寄っているときは、主語は、宗憲と花島。
反対に、花島に視点が寄っているときは、光也と的場。
ファーストネームのほうの気持ちを軸にして、書かれているんです。
なんでもないことなのかもしれないけど、私には新鮮でした。

言葉を大切にする作家さんだから、好きな言い回しはたくさんあるけれど、ふたりがコンビニで出会ったときに花島が的場の顔を見て、「目もとの笑い皺は若い頃からあるような気がした」っていう表現、
これが好きです。そういえば、初対面の相手の歳を予想するときに、そんなふうに思うよなぁ?って。

このふたり、お互いを大事に想いはじめたのは、たぶん同じ頃だと思うんです。
そして、それを最初に表に出したのが、花島。ここで、花島は泣いてしまうんですが、そこで抱きしめたいと思う本能を押し隠す的場に、不満半分、安堵半分。
でも、それでいいんです。さんざん「普通」にこだわってきた的場が、ホイホイと花島と抱き合ってしまっては、私の気持ちがおさまらないですから(笑)

この時点で、ふたりは両想いなわけです。でも、それを知ってるのは、的場だけ。
花島は、一生この想いをひた隠しにしていくつもりなのだから、今度は的場が一歩踏み出すしかない!
最後、的場が「本能 vs."普通"の概念」のバトルに打ち勝って、花島に歩み寄る数ページは読ませます、手に力が入ります。

結末は、わりと中途半端です?。こんな終わりかたをされると、いつもはかならず続きを読みたくなるものだけど、的場と花島のその後を知りたいかと聞かれると、実はそうでもないです。
たぶんそれは、「普通」から抜け出して試行錯誤しながら進んでいくふたりのことを、そっとしておいてあげたいからかもしれません。
(★★★★+0.5)

でもって結局、的場はコーちゃんにいろいろ教えてもらったのかなぁ(笑)


旧ブログのトラックバック3件
B-Life.SS
maybe*love
shite blog
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

はじめまして!
はじめまして!リリカさん。shite blog管理人のshiteと申します。
この度はコメント&TBどうもありがとうございました!

事後報告で申し訳なかったのですが。この作品が好きで、リリカさんの考査が、おもしろくて、初TBを送らせて頂きました。リンクもありがとうございました。こちらからも登録させて頂きましたので、不都合等ございましたら、お手数ですがご連絡下さい。(お引っ越し。ご苦労様です。このテンプレート。blogタイトルにぴったりですね!)(^ー^)!

お邪魔しました。これからも宜しくお願い致します。
shite | URL | 2005/05/02/Mon 04:51[EDIT]
ありがとうございます!
shiteさん、来てくださってありがとうございます。
図々しく、こちらにもTBしていただいてごめんなさい、嬉しいです。

テンプレート探しって、吐き気してきませんか?
ツリー化、私もやっとできたんです。
私も、maybe*loveのスズハナさんにヒントをいただいたのですが、もしよろしければお力になります。

それでは、これからもどうぞよろしくお願いします♪
リリカ | URL | 2005/05/02/Mon 20:20[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。