ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30歳をオヤジと呼ぶには、私の年齢が微妙すぎるのです…


誰がおまえを好きだと言った

山田ユギ
竹書房 (2005.7)
ISBN : 4812462045
価格 : \590



■誰がお前を好きだと言った
幼なじみの弟×30過ぎ脚本家。
イヤな奴です、脚本家。
高校のとき、同級生の弟・宗次郎 (当時 小学生) から告白されてから15年くらい?のらりくらり保留してるのです。そのたび、いい加減な条件を出して逃げているんですよ。
でも 「背が伸びたら考えてやる」 って言ってるときの顔… これ罪だよねぇ。こんな優しい表情されたら、よし!背高くなるぞ! って頑張っちゃいますよ、誰だって。

そんな態度は、宗次郎が社会人になっても続きます。
「やっぱり おまえじゃ駄目なんだよ 宗次郎」 って。
だけど、そんなふうに言ったって、いざ宗次郎が女の子と歩いてるのを目撃すれば、ほらね 面白くないんですよ。

ここからの脚本家は好きです、ちょっとだけ私もほだされた。
本人はまだまだ女王様のつもりなんだけど、とっくにプライドなんか剥がれてて、傍から見るとかなりカッコ悪いのです。そこが逆に素敵。
そして、宗次郎がホントいい子です (涙)


■我が家は楽し
バツイチ同士の元同級生がくっつく話。
片方は、高校生の息子がいるんですが (別居) この子がっ!
登場シーンでは、思わず 「おぉ!」 と拍手しました。好きっ!
高1にして、妙に色気ありで、相当ワルガキ? と思ったら○×△□… まぁ、お楽しみに。
私は、こっちがメインになってくれても、一向に構わなかったというか、むしろそのほうがよかったとさえ思います。

…って、ぜんぜんこの話の感想になってない。


■照る日曇る日
■暗いトンネルの向こう

引き継ぎもしないで辞めていった元課長と、部下になるはずだった社員。リバです。
寂しいオヤジです、課長。仕事もあっちもヤリ手の人だったのに、お偉いさんの息子に手を出したばっかりに、クビになっちゃったんです。
ひゅるる?、これだけで哀愁ただようでしょう? で、仕事も見つからないで、パチンコなんかしてる。
どんなオヤジが好き? と訊かれたら、私は迷わず、こういうオヤジが好きと答えます、ほっとけない、面倒みてあげたい。
実生活でも私、そのうちこんなのに引っかかりそうです(笑えない)

一方、部下のほうは、すごく真面目クンです。その印象が強すぎたのか、課長に惚れこんじゃう様子とかが、どうもしっくり来なかったんですよね。だって
「下心で ぐちゃぐちゃですよ」
なんて、100年たっても言いそうにないキャラなんだもの。

でも、このふたり。もし、これからも付き合っていくとしたら、一生 「受」 「攻」 代わりばんこやってそう。それも、1回ずつきっちり交代で。カレンダーに印とかもつけそうだ。


■靴下の穴
■苺の染み

29歳チーフ×バイト君。
29歳でこんな苦み走った男がいたら、見てみたいです。私は勝手に、37歳の設定で読みました。
で、そのチーフは既婚、一男あり。でも、話の途中で奥さんに逃げられてしまうんですけどね。
体育会系っぽい面倒見のよさなんでしょうか、遅刻常習犯のバイト君を、朝むかえに来てくれたりします。

もともとゲイだったバイト君は、そんなチーフに惹かれていき、そしてポロっと胸の内を告白。
ノンケだったチーフ (この辺りから店長に昇格・以下店長) も、最初はちょこっと譲歩したつもりが、どんどん放っておけなくなって…

店長が 「おいで」 っていうシーンがあるんです。この台詞から、エッチになだれこむわけなんですが、この 「おいで」 が異常にエロくて困りました、ふぅ…
でも、この店長だったら、この日には寝ないかなぁとも思うのです、私。

「靴下」 はバイト君の、「苺」 は店長の視点。というほどでもないのだけど、それぞれのモノローグ入り。


■おねがいちょっとだまってて
同じビルに勤める恋人同士。片方は結婚していて、もう片方はいつ関係を終わりにしようか迷ってる状態。
そして、それをからかってくるバーテンさんがひとり。このバーテンさんは 「受」 の隣りの部屋に住んでます。
ストーリーは他愛もないんだけど、悩む 「受」 の話を聞いてあげるうちに、ついつい 「受」 に迫っちゃうバーテンさんが滑稽で素敵です (35歳くらい希望)


■おまけマンガ (誰がお前を… の番外)
↑上の話のバーテンさんのお店で、「誰がお前を…」 の兄・兼太郎がくだを巻く話。
兼太郎の語りで、弟と脚本家の温泉エッチがドラマさながらに再現されます。
この人の声、私はどうしても柳沢慎吾の声で聞こえちゃうんですけど。
誰か、彼を幸せにしてあげてくださいな。
(★★★★☆)

ユギさんのマンガは 「目は口ほどにものを言う」 という感じですね。視線が語ってる。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

リリカさん、こんにちは。
TBお返しさせていただきました。

「照る日曇る日」の感想で、
> 一生 「受」 「攻」 代わりばんこやってそう。それも、1回ずつきっちり
  交代で。カレンダーに印とかもつけそうだ。
なんか、ありそうですね。さすがリリカさん、読みが深いです(笑)

私、ヘタレ攻は好きなんですが、あくまで格好いい(当社基準)ヘタレが好きなんです。ヘタレオヤジスキーを標榜するには覚悟がたりないのかも(汗)
表面上はビシッとしてるように見えて、裏側でちょっと弱い…みたいな男性に私もほだされるんじゃないかと思います。笑えない…。

ユギさんの漫画は「目は口ほどにものを言」いますが、受はよく感極まって泣いてますよね。それが女々しいという感じを抱かせないことも多くて、涙が色々語ってくれてるような気がします。

ありがとうございました。ではではまた。
秋月 | URL | 2005/07/18/Mon 17:03[EDIT]
秋月さん、こんにちは。

>あくまで格好いい
あはは、笑ってしまいました。
でもそうですよ~、マンガと実際では違います(キッパリ)
私だって、本当に目の前に弱気なオジサンが出てきたら、知らんぷりしてしまうかもしれません…

秋月さん、素敵な出逢いがあったら、ぜひお知らせください、すぐに(笑)

ユギさんのマンガは、まだ6冊しかもってなくて、秋月さんや他のかたの感想を読みながら、ぼちぼち買っています。
BL(特にマンガ)だと、他のジャンルの本よりも、余計に内容の濃さを求めてしまったりするのですが、ユギさんの本はまさに深くて、何度も何度も味わえていいですよね。

ありがとうございました。
リリカ | URL | 2005/07/18/Mon 21:06[EDIT]
コメント&TB有り難うございました!
コメント&TB有り難うございました。
今晩ワ。shiteで、御座います。

>>一生 「受」 「攻」 代わりばんこやってそう。それも、1回ずつきっちり交代で。カレンダーに印とかもつけそうだ。

(笑)やってそーう!!( ´∀`)
いい大人が、きっと、毎回する前に格闘ですね。(笑)

>>だって
「下心で ぐちゃぐちゃですよ」
なんて、100年たっても言いそうにないキャラなんだもの。

悪いヒトに捕まったって感じですかねぇ。(笑)惚れた方が負けですかねぇ。

鋭い考査。勉強になりました。m(_ _)m

TBさせて頂きまーす!
shite | URL | 2005/07/18/Mon 21:29[EDIT]
リリカさんこんばんは~
TB&コメントありがとうございました。
リリカさんの感想を一人ニヤニヤしながら読んでしまった私、傍から見るとかなり怪しいです。

>この 「おいで」 が異常にエロくて困りました、ふぅ…

わーそうそう、エロかったですよねこれ(笑)
私攻めが受けに(年の差があるに限る←これ重要)事の前に「おいで」って言うのすごく好きで~
なので、これ見てかなり悶えました(←あほ)

わたしもユギさんの本はぼちぼちそろえ中。
本田3兄弟のがすごく好きなんだけど、ユギさんのはどれをとっても外れナシと言うのも読んでみると納得してしまうくらい色々深くて良いですね。

ではでは。
Jura | URL | 2005/07/18/Mon 23:47[EDIT]
想像して笑えた
>この人の声、私はどうしても柳沢慎吾の声で聞こえちゃうんですけど
すごく受けました(≧▽≦)
確かにそんな感じがする(笑)

ユギさんいいですよねー
うちの店でもユギマニアが居ます。
アッキー | URL | 2005/07/19/Tue 14:09[EDIT]
Shiteさん・Juraさん・アッキーさんへお返事♪
■Shiteさん
こんにちは、いつもありがとうございます。

>毎回する前に格闘ですね
そうそう。
カレンダーに印つけるのは、部下のほうだよね。
「今日は、俺の番ですが…?」 とか言うの。

>惚れた方が負け
でも、この結末って、オヤジのほうが絆されてるような気がしません?

■Juraさん
こんにちは、コメントありがとうございます。

>「おいで」
私も好きですよー!
年が離れてないと 「おいで」 は決まりませんよね、やっぱり。
なんかもうたまりませんね、このページが!(また見てる)

>3兄弟
私は三男が好き♪

■アッキーさん
こんにちは、お引っ越し進んでますか。

ひとりで喋りまくる雰囲気が、もろに慎吾ちゃんで。
…って、今「慎吾ちゃん」っていうと、香取のほうですよね。ごめんなさい(笑)
リリカ | URL | 2005/07/19/Tue 18:40[EDIT]
三十路
>30歳がオヤジと言うには
激しく同意見です。微妙なお年頃、ですよ。私も。

>「下心でぐちゃぐちゃですよ」
むしろ言ってくれていいかなって思います。
その辺、真面目年下のストレートな強がりって感じで。

TB&コメントありがとうございました!こちらからも
TBさせていただきました。
いちこ | URL | 2005/08/11/Thu 00:03[EDIT]
>いちこさん
TBとコメント、ありがとうございました。

>下心で
今また読んでみましたが、ちょっとイラついてる感じですかね。
いずれにしても可愛いです。

TBのURLの件、うちのアドレスもコピーできなかったんですね。
枠の中のURL、ドラッグできないですか?
FC2のQ&Aに質問してみますね。
リリカ | URL | 2005/08/11/Thu 09:35[EDIT]
トラバさせて頂きました。
リリカさん、お久しぶりです。
お盆休み、ゆっくりされてますか?
わたしはたまっていた小説やらマンガを徐々に読んでます。
ユギ先生の漫画、こんなにおもしろいなんて知りませんでした。
キャラの表情がいいんですよね。泣いてるシーンが多いのですが、
読んでるこっちまでハッとさせられちゃいますよね?
ユギさんキャラの涙はとてもきれいだと思います。
こんなに何度も読み返したのは久しぶり。
とても良い作品をご紹介くださってありがとうございますm(__)m
いづみ | URL | 2005/08/14/Sun 03:25[EDIT]
>いづみさん
こんにちは、お元気そうですね~

私も、ユギさんに関しては初心者なんですけど、どんどん好きになります。
涙も、きれいなだけの涙じゃなくて、すごく人間くさいから、心にぐっとくるのかもしれませんね。

>何度も読み返す
そうなんですよ~
ついつい何度も読んじゃいます。
数百円で、とってもトクした気分です。

TBありがとうございました。
私も返させてください。
リリカ | URL | 2005/08/14/Sun 07:50[EDIT]
Track Back
TB*URL

誰がお前を好きだと言った/山田ユギ
誰がお前を好きだと言った/山田ユギ/バンブーコミックス・竹書房 やはり、麗人系の  [続きを読む]
ichimachi 2005/08/10/Wed 10:15
誰がおまえを好きだと言った
誰がおまえを好きだと言った山田ユギBAMBOO COMICS 麗人セレクション 2005-07-07★★★★★☆☆☆☆  [続きを読む]
HeartJungle 2005/07/18/Mon 10:43
Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。