ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

をかし、うつくし、なまめかし。


王朝月下繚乱ロマンセ
秋月 こお
徳間書店 (2005.6)
ISBN : 4199003525
価格 : \600



2冊目の外伝です。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 王朝月下繚乱ロマンセ
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
タイトルどおり、雅やかなこのお話は、お花見の席での3人 ─ 業平と千寿、そして国経 ─ の会話で幕を開けます。
相変わらず、業平は千寿と国経をかわりばんこにからかって楽しんでいます。ちょっとだけ、国経も言うようになったかな。傍目にはわかりにくいけれど、ふたりがちゃんと仲良くしているようでひと安心。

さて、千寿の出自が明らかになった今、できるなら先のことは考えたくない諸兄にとってショッキングなできごとが起こります。皇太后から千寿に、お花見の誘いがあったのです。もし皇太后に気に入られでもしたら、さっさと召されてしまうのでは… と、意気消沈の諸兄に、さらに追い打ちをかけるように業平が詠んだのが

月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身ひとつは元の身にして

という胸の詰まるような歌でした。
ただこの場面、諸兄だけじゃなくて、歌を詠んだ業平もとても哀しそうなのです。で、それを複雑な思いで見ている国経もことさら不憫です。

朱雀院でのお花見でも、業平はまたこの歌を詠むのですが、諸兄ってば、皇太后の前で泣いてしまうのです。現代人では考えられないことです、上司や同僚の前で、恋人と引き離されるかもしれない、と涙をこぼすなんて。
でも、これに関しては、いささか業平の策略もあったんですよねぇ。ひとりでくよくよしてないで、もう公衆の面前でぶちまけてしまえよ! と。
ここからのやりとりが、また雅なのでございます (内緒)

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 王朝十六夜ロマンセ
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
国経のおじさん所有の別荘に、4人で遊びに行くお話。
この話には、3つの柱があります。

柱1 : 千寿、鷹匠の子・アシカビに会う
柱2 : 国経、千寿への嫉妬を認める

せっかく4人水入らずなのに、業平がちゃっかり女官なんて連れて来るもんだから、国経は面白くないし、千寿も諸兄もまったくもって理解不可能。周りの目をごまかすためのカモフラージュだというのが、私たちにはわかっても、あのボケっとした3人にはわからないんですよね…
ひょんなことから、自分の本心を吐露することになった国経と、なんだか嬉しそうにデレっとしている業平。この話のクライマックスは、きっとここだと思います。

柱3 : 諸兄、少し大人になる

諸兄ときたら、ひとりっ娘の父親みたいで、千寿じゃなくてもいい加減イライラします。でも、カラダを張って、千寿のためにアシカビを獲得したことで、ひと皮むけた… と思いたいのですが、その様子がまた鈍くさい。ホント、憎めないお人です。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 雷神絵巻
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
業平、龍神を召喚す。
業平にとっての鬼門、不思議な双子ちゃん・瑠璃王と延珠が登場します。

日照り続きというので、帝のご機嫌とりにでもなれば… と、業平と国経が雨乞いの舞いを舞うのですが、演目が 『唐紅ロマンセ』 でふたりが一生懸命に練習した 「納曾利」 なのです。
ここで業平が国経に 「そなたが相手だと 心地よう舞えた」 って言うんですよ。国経のこと、からかって遊んでばっかりと思うと、こういうことサラっと言うのよね。本物の業平も、こんなふうに根っから恋愛体質だったんでしょうか。

双子の話と聞いて、最初はどうでもよかった私。でも、業平と国経が好きな人にとっては、このうえもなく素敵な話です。

(今さらながらネタバレ) 業平が体を張って、雷から国経を守ったかと思うと、今度は国経が業平をかばって、雷獣の前に立ちふさがる… ああ、やっぱりこのふたりは、しっかり愛し合っているんだなぁって、とっても嬉しかったです。
(★★★★☆)


「過ぎにし春の思い出を おぬしは歌にして残せる。 羨ましい才だ」
諸兄の業平に向けたセリフです。
写真もなにもなかった時代、人と別れるときの喪失感は、今とは比べようもないほど大きかったのではないでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

TBさせていただきつつ、コメント♪
こんにちはー前に記事を発見しつつ、自分が読んでから読もうと思ってきました。やっぱりリリカさんの説明は上手い!
私も業平と国経ファンです。最近、千寿の美貌よりも嫉妬する国経の心持ちに惹かれてます。
番外編は多分その後の主役二人、よりも、業平×国経を読みたい人の方が多かったりして、などと思うのでした。
ナルミン | URL | 2005/07/26/Tue 00:09[EDIT]
TBありがとうございました>ナルミンさん
ナルミンさん、こんにちは。

国経(&業平)は、やっぱり大人気ですよね!
最近の国経は、思っていることがすぐ顔に出て可愛い。
業平もそんな国経が可愛くてたまらないみたいで、そういうシーンがもっと読みたいです。

ところで、ちょうどリンクの件で、ナルミンさんにごあいさつしなければと思っていたんです。
今まで「BLなみなさま」にリンクさせていただいていましたが「お気に入りブログ」のほうに移動しました(こっちはBlog Peopleのリンクリストなんです)
これからもよろしくお願いします。
リリカ | URL | 2005/07/26/Tue 07:47[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。