ボーイズラブの小説やマンガの感想です.★3つが「面白い」であとはプラスマイナスアルファかな.お気軽にどうぞ.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抑えめな鹿乃さんもよいじゃん、と思う。
そして、イス。椅子ですよ…

Affair

鹿乃しうこ
徳間書店 (2005.6)
ISBN : 4199602917
価格 : \560




4作品+番外編。
ささやかにネタバレ。

+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 Affair アフェア
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
高校の野球部。
ワルで一匹狼なエース・晴臣に、唯一本音で接することができたのが後輩のヨシでした。ある事件がきっかけで別れたきりになっていたふたりが、数年後再会するのですが、晴臣は情けないヒモになっていました。素直で可愛かったヨシも、ちょびっとスレてカッコよく…。

回想で、保健室でキスするシーンが出てきます。晴臣は、職員室などによくあるキャスター付きのイスに、ヨシは背もたれなしの丸イス(キャスター付き)に座ってるんですけど、ここの構図というか、ふたりの位置関係がもうたまんないんですってば。
まぁ、騙されたと思って、あなたも見て!

ヨシが先輩のキズを手当してるときは、少なからずふたりの間に距離があったのが、キスするときは当然くっつくのです。ほら、ゴロ(キャスター)付きだから、容易に前後移動できるでしょ。
で、思ったんですけど、これは晴臣がヨシをゴロゴロと手前に引き寄せてキスしたのか、それとも晴臣が自ら前へゴロっと移動したのか…
もう、こんなことをずっと考えてました。個人的には、晴臣が前へ移動するほうが萌えます。
ああ、ここだけで、560円ぶん楽しんだ感じ。

憧れの先輩に再会できて、嬉しいんだけども、すっかりだらしなくなっちゃった晴臣を見ると、腹立たしくもあり…。ヨシの気持ちが、よくわかります。
そんな悶々とした気持ちがついに爆発、下克上へ… と思ったんだけど、昔からチカラ関係は、ヨシのほうが上だったのかもなぁ、なんて思ったりもします。


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 愛しのMADDOG
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
組長の実の息子と、お妾さんの息子とのねじれた愛。
片方は、相手を痛めつけることで愛を確認するタイプで、もう片方は、自分を痛めつけることが相手への愛だと感じるタイプ、なのかな… ちょっと自信ないけど、私はそう思いました。
最後の1ページが、とても重たいです。あのクライマックスの後、どんな経緯を経て、ラストへたどり着いたのかが、とても気になります。

2001年の作品だそうですが、絵があまり変わってないのに驚きました。


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 ツイてる男
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
普通のサラリーマンと、やたら勝負運の強い後輩の、かわいいお話。
後輩くんがおかしいんです。接待麻雀に連れてったら、大三元なんかで勝っちゃうもんだから、会社をクビ。で、先輩のところに居候させてもらうことになったんだけど、今度は福引ででっかい冷蔵庫を当てたり、クロスワード懸賞でカニを当てたり。
すごくカッコいいのに、ちまちまと懸賞ハガキ出したりしてるんですよねぇ。

鹿乃さん、麻雀マンガ描けばいいのになぁ。ゼッタイ、いいの描けると思います。


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 ラブ・マシーン
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
同級生 兼 (車の)教官と教習生の仲。
これだけ、雑誌で読んだことがありました。Chara Selection に載っていたとき、鹿乃さんらしくないと思ったのを覚えています。受けの男の子が可愛くて、ちょっと新鮮な感じ。
小粒(短編)でピリリとしていいです。

「好きだよ」 「嘘だ」 ってとこ、いいなぁ。


+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
 あへあ 2005
+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+:+
Affair の番外編。エロ補填のために、描いてくださったみたいで。
こちらは、いつもの鹿乃さん。

(★★★★+0.5)


表紙が素敵です。
野球場のベンチに座ってるんだけど、高校時代ではなくて、再会後の二人なのですよね。
先輩の指が一本だけ、シャツの袖口から入ってるんです…
スポンサーサイト

Comment

 秘密にする

こんにちは。
今日読みました。
なんか私、すごいこの本、大ハマリです。
イスのゴロゴロ気がついてませんでした。
先輩の指も気付きませんでした。
修行しなおしだわ。
あすた | URL | 2005/07/03/Sun 21:33[EDIT]
>あすたさん
よかったですよねぇ、これ。
ネットで表紙を見たときから、動悸が激しくなってました。
エロシーンがなくても、そこにエロがちゃんとある! そんなマンガでした。

そういえば、あすたさんて野球モノお好きなんですよね。
もう、たまらなかったでしょ?
リリカ | URL | 2005/07/03/Sun 22:39[EDIT]
リリカさん、こんにちはー。
またもやTBさせていただきました。

『愛しのMADDOG』のラストのページ、私もうわぁ……と思わず声が出てしまう程に鈍い衝撃を受けました。この位置関係があるべき姿(理想…?)だったのでしょうか。むむむ。リリカさんがおっしゃるとおり、そこへ至るまでの経緯がひどく気になります。

ではでは。失礼致しました。
瑛巳 | URL | 2005/07/08/Fri 07:16[EDIT]
こんにちは~、瑛巳さん。

>ラスト
理想だったのかなぁ。
響市は、ラクになったでしょうね。
上に立つような人間でもないから、トップにたったら可哀想だったかもしれません。
うーん、深い。

TBさせていただきました、ありがとうございました~
リリカ | URL | 2005/07/08/Fri 16:27[EDIT]
Track Back
TB*URL

Copyright © 小夜すがら 其ノ壱. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。